PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘、天理ら順当にベスト8入り、最激戦ブロックは白鴎大足利が木更津総合破る・第67回インターハイ柔道競技第1日

(2018年8月8日)

※ eJudoメルマガ版8月8日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘、天理ら順当にベスト8入り、最激戦ブロックは白鴎大足利が木更津総合破る
第67回インターハイ柔道競技第1日
eJudo Photo
3回戦、桐蔭学園高の大将村尾三四郎が神戸国際大附高・寺本靜矢から大外刈「一本」

第67回インターハイ柔道競技は8日、新設の「サオリーナ」(三重県津市)で開幕。初日は男子団体試合3回戦までの競技が行われ、ベスト8進出チームが出揃った。

優勝候補と目される国士舘高(東京)と天理高(奈良)、昨年度の覇者・桐蔭学園高(神奈川)の強豪3校は順当に勝ち残り。

国士舘は1回戦から登場、柴田高(宮城)を5-0、沖縄尚学高(沖縄)を3-1、東海大札幌高(北海道)を3-1でそれぞれ下して初日を終了。中堅長谷川碧が2連続一本負けを喫し、次鋒安藤稀梧も2勝1分けながら本来の動きではなかったが、戦力の厚さはやはり比類なし。大将に座ったエース斉藤立はこの日1分1秒の合技「一本」、15秒の体落「一本」、21秒の内股「一本」と3連続一本勝ちだった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.