PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]天理が27年ぶりの日本一、今期3度目の頂上対決でついに国士館を破る・第67回インターハイ柔道競技男子団体試合

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]天理が27年ぶりの日本一、今期3度目の頂上対決でついに国士館を破る
第67回インターハイ柔道競技男子団体試合
eJudo Photo
代表戦、天理高の中野寛太が国士舘高の・斉藤立から支釣込足「技有」

eJudo Photo
悲願の優勝達成の瞬間、喜びに沸きかえる天理ベンチ

高校生最大の柔道の祭典・インターハイ柔道競技は8日にサオリーナ(三重県津市)で開幕。競技第2日のきょう9日は男子団体試合決勝までの競技が行われ、天理高(奈良)が優勝を飾った。天理は1991年の第40回大会以来27年ぶりの高校カテゴリ全国制覇。

天理はこの日、準々決勝で鹿児島情報高(鹿児島)を2-1、準決勝で桐蔭学園高(神奈川)を3-2で破って決勝進出。

決勝では、3月の全国高校選手権と7月の金鷲旗高校大会でも決勝を争っている二冠王・国士舘高(東京)とマッチアップ。先鋒戦の引き分けを受けた次鋒戦で植岡虎太郎が安藤稀梧から背負投で一本勝ちを果たして先制、中堅戦は落としたものの副将戦ではエース中野寛太が道下新大から足車「一本」で勝利して再度リード、大将戦は敵方のエース斉藤立に「指導3」で譲って、2-2のタイスコアで全5試合が終了。優勝の行方は代表戦に委ねられることになる。

代表戦では中野寛太が斉藤立と対戦。高校選手権では体落「一本」、金鷲旗では大外落「一本」で敗れている相手だが、中野は前回の対戦の手ごたえから足技勝負を選択。同大会の横変形構えを「防御では意味がない」と正面勝負に切り替えた攻撃姿勢もこれを助け、30秒に支釣込足で「技有」奪取。以後は斉藤の左大外刈による猛攻を最後まで耐え抜いて「技有」優勢で勝利、母校の悲願である全国制覇を達成した。

優勝決定の瞬間、観客席を振り向いて両手で拳を突き上げた齋藤涼監督は「ずっと勝てていない中で、天理のOBや先輩方のなんとか勝ってもらいたい、日本一になってもらいたいという強い思いに支えられてきた。その気持ちからか、思わず体が向いてしまいました」と冷静な同監督には珍しく感激の面持ち。「ここ一番の植岡に、そして中野。選手が本当に頑張りました。」と教え子の活躍をたたえていた。

三冠確実と評されながらあと一歩で偉業達成を逃した国士館・岩渕公一監督は冷静に敗因を分析しながらも、最後は「天理が頑張ったということです。強かった。」とインタビューを締め括り、三大会連続で決勝を争ったライバルの活躍に拍手を送っていた。

入賞者と齋藤監督および中野選手のコメント、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の天理高

【入賞者】
優 勝:天理高(奈良)
準優勝:国士舘高(東京)
第三位:白鴎大足利高(栃木)、桐蔭学園高(神奈川)
第五位:作陽高(岡山)、名張高(三重)、九州学院高(熊本)、鹿児島情報高(鹿児島)

齋藤涼監督のコメント
「(-27年ぶりの優勝ですね?)しびれた。しびれる戦いでした。最後は中野しかいないので、そこまで繋いで思い切り勝負しました。中野に、ここ一番の植岡。全員が力を出してくれました。」

中野寛太選手のコメント
「(―今の気持ちは?)最高です。代表戦は中堅が取られたところから意識していました。先生に『頼むぞ』と送り出して頂いて、全てのOBの思いを感じた気がして、気合いが入りました。金鷲旗での手ごたえから、自分の一番良いところである足技で勝負しようと考えました。(―金鷲旗と違って横変形にずれなかった?)あれは防御姿勢なのでダメです。まっすぐ勝負にいったことで足技も生きたと思います。」

【準々決勝】

国士舘高(東京) 3-0 作陽高(岡山)
(先)藤永龍太郎〇送足払(3:30)△嵐大地
(次)安藤稀梧〇反則[指導3](3:44)△田中幸郎
(中)酒井陸×引分×加藤韻
(副)道下新大×引分×高橋翼
(大)斉藤立〇体落(2:44)△東久馬

白鴎大足利高(栃木) ②-2 名張高(三重)
(先)溝口宗志△優勢[技有]〇増田良生
(次)宇賀神圭太△優勢[技有]〇山村陸斗
(中)長谷川明伸〇跳腰(0:26)△山登爽介
(副)杉之内暁×引分×藤井紀斗
(大)齋五澤航介〇小外掛(0:52)△中窪洸貴

桐蔭学園高(神奈川) 2-1 九州学院高(熊本)
(先)安藤健志×引分×工藤樹希
(次)中野智博×引分×岩永洸輔
(中)高山康太△合技(2:21)〇萩原麻陽
(副)千野根有我〇合技(1:52)△吉村卓也
(大)村尾三四郎〇内股(0:26)△園田陸斗

天理高(奈良) 2-1 鹿児島情報高(鹿児島)
(先)池田凱翔×引分×田中航太
(次)植岡虎太郎×引分×坂本拳斗
(中)井上直弥〇大外落(2:31)△岩坪龍輝
(副)中野寛太〇大外落(0:29)△松本司
(大)水上世嵐△大外刈(3:07)〇小原健誠

【準決勝】

国士舘高(東京) 4-0 白鴎大足利高(栃木)
(先)藤永龍太郎〇反則(3:13)△溝口宗志
(次)安藤稀梧〇合技(1:59)△宇賀神圭太
(中)酒井陸×引分×長谷川明伸
(副)道下新大〇優勢[技有]△河村祥克
(大)斉藤立〇大外刈(0:57)△齋五澤航介

天理高(奈良) 3-2 桐蔭学園高(神奈川)
(先)山中瞭〇内股(0:21)△安藤健志
(次)植岡虎太郎〇背負投(2:05)△中野智博
(中)井上直弥△内股(2:36)〇高山康太
(副)中野寛太〇大内返(2:15)△千野根有我
(大)水上世嵐△内股(1:37)〇村尾三四郎

【決勝】

天理高(奈良) ②代-2 国士舘高(東京)
(先)山中瞭×引分×藤永龍太郎
(次)植岡虎太郎〇背負投(0:31)△安藤稀梧
(中)井上直弥△合技(1:51)〇酒井陸
(副)中野寛太〇足車(1:42)△道下新大
(大)水上世嵐△反則[指導3](2:36)〇斉藤立
(代)中野寛太〇優勢[技有]△斉藤立

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.