PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]天理が27年ぶりの日本一、今期3度目の頂上対決でついに国士館を破る・第67回インターハイ柔道競技男子団体試合

(2018年8月9日)

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]天理が27年ぶりの日本一、今期3度目の頂上対決でついに国士館を破る
第67回インターハイ柔道競技男子団体試合
eJudo Photo

高校生最大の柔道の祭典・インターハイ柔道競技は8日にサオリーナ(三重県津市)で開幕。競技第2日のきょう9日は男子団体試合決勝までの競技が行われ、天理高(奈良)が優勝を飾った。天理は1991年の第40回大会以来27年ぶりの高校カテゴリ全国制覇。

天理はこの日、準々決勝で鹿児島情報高(鹿児島)を2-1、準決勝で桐蔭学園高(神奈川)を3-2で破って決勝進出。

決勝では、3月の全国高校選手権と7月の金鷲旗高校大会でも決勝を争っている二冠王・国士舘高(東京)とマッチアップ。先鋒戦の引き分けを受けた次鋒戦で植岡虎太郎が安藤稀梧から背負投で一本勝ちを果たして先制、中堅戦は落としたものの副将戦ではエース中野寛太が道下新大から足車「一本」で勝利して再度リード、大将戦は敵方のエース斉藤立に「指導3」で譲って、2-2のタイスコアで全5試合が終了。優勝の行方は代表戦に委ねられることになる。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.