PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

今年も組み合わせに偏りあり、最重量級は斉藤立と中野寛太が3回戦で激突・第67回インターハイ柔道競技男子7階級ひとこと展望

(2018年8月7日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
今年も組み合わせに偏りあり、最重量級は斉藤立と中野寛太が3回戦で激突
第67回インターハイ柔道競技男子7階級ひとこと展望
eJudo Photo
春に続いて優勝を狙う近藤隼斗

■60kg級・近藤隼斗が大本命、スタイル貫いた高校選手権の再現なるか

3月の全国高校選手権、4月の全日本カデを制した近藤隼人(佐賀商高)が大本命。近藤はチャンピオンという立場からも、バラエティー番組でその戦いぶりが詳報されているという状況からも「担ぎ技と抱き勝負」という特徴が全ての選手にあまねく知れ渡っており、これをどうクリアするかが最大のみどころ。それでもこのスタイルを貫き、まっこう勝負で頂点に立った高校選手権の再現なるかに注目である。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.