PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘が2年ぶりの優勝、大将同士の激突は斉藤立が中野寛太から大外落「一本」・第92回金鷲旗高校柔道大会マッチレポート⑤決勝

(2018年8月7日)

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudoメルマガ版】国士舘が2年ぶりの優勝、大将同士の激突は斉藤立が中野寛太から大外落「一本」
第92回金鷲旗高校柔道大会マッチレポート⑤決勝
eJudo Photo
オーロラビジョンに配列が映し出される

取材・撮影:eJudo編集部
文責:古田英毅

■決勝

決勝カードは全国高校選手権大会決勝の再現。日本武道館で激戦を繰り広げた同大会の覇者・国士舘高(東京)と準優勝の天理高(奈良)が再び、今度は福岡の地で相まみえることとなった。

国士舘は斉藤立、天理は中野寛太という絶対の大駒を保有。高校選手権決勝で副将に座った中野が3人を抜き、斉藤が中野ごと2人を抜き返して自軍を勝利に導いたという来歴が示すとおり、この2人の絶対性がチーム最大の特徴であり、両者の力関係がそのまま勝敗をダイレクトに左右する。

これを揺らす可能性があるのは、周辺戦力の力比べの如何。両軍、特に天理は少しでも多くの枚数を残して敵方の大将に臨みたい。

周辺戦力の力くらべ。ここまで国士舘は斉藤を取り置いたまま全7試合を勝ち抜いており、一方の天理は5回戦と準々決勝、そして準決勝で大将中野が畳に上がり、中野1枚の得点力で強引に試合を収拾している。この事実、そして高校選手権決勝の直接対決における中野出動までの勝敗が3勝1敗で国士館に分があった、という結果を考えれば国士館の戦力に軍配が上がりそうなものだが、国士舘は得点力の高さの一方で脆さも否めず、今大会ここまでの星取りは実に29勝10敗7分け。明らかに厳しい組み合わせの山を勝ち抜いてきた天理の戦いぶりの逞しさと比べると、むしろ脆さを抱えるのは国士舘の側ではないかという観察も成り立つ。

開示されたオーダー順は下記。

国士舘高(東京) - 天理高(奈良)
(先)長谷川碧 - 植岡虎太郎(先)
(次)酒井陸 - 池田凱翔(次)
(中)藤永龍太郎 - 水上世嵐(中)
(副)道下新大 - 山中瞭(副)
(大)斉藤立 - 中野寛太(大)

国士舘はこの日出来いまひとつの安藤稀梧に代えて次鋒に酒井陸を入れ、ここで初めて全員を使い切ったフルオーダー完成。天理は副将を最重量級の2年生井上直弥から今季成長著しい3年生の重量級選手・山中瞭に入れ替えた。

天理は周辺戦力の特徴である「手堅い逞しさ」を一段上げたという体。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.