PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘が本命も「三冠」最大の混戦確実、中野寛太擁する天理が最大のライバル・第67回インターハイ柔道競技男子団体戦展望

(2018年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘が本命も「三冠」最大の混戦確実、中野寛太擁する天理が最大のライバル
第67回インターハイ柔道競技男子団体戦展望
eJudo Photo
優勝候補筆頭は今季既に二冠を獲得している国士館高

文責:古田英毅

■有力校

高校カテゴリの最高峰大会、第67回インターハイ柔道競技の開催がいよいよ目前に迫った。大会は8日に新設施設の「サオリーナ」(三重県津市)で開幕。まず最注目カテゴリである男子団体戦から競技が開始される。

優勝候補の筆頭はもちろん3月の全国高校選手権、そして7月の金鷲旗大会を制して今大会で高校「三冠」制覇に挑む国士舘高(東京)だ。

ただし今大会における国士館の優位は前2大会ほど圧倒的なものではない。抜き勝負で行われる高校選手権と金鷲旗ではエース斉藤立の絶対性がそのままチーム同士の力関係に反映されたが、いかに斉藤が強くとも点取り制で行われるインターハイでは「1点は1点」、当たり前だがその得点力の最大値は1試合につき1点まで、代表戦を含めても2点が限界だ。斉藤のあまりの強さが頭にあるゆえイメージ狂うかもしれないが、インターハイは団体戦必勝の要素である「絶対のエースの存在」と「戦力層の厚さ」のうち、後者が占める比重がもっとも大きい大会。繰り返すが、国士舘の優位決して絶対にはあらず。

国士舘の周辺戦力は優勝に値するだけの厚み十分だが、金鷲旗大会で見せつけてしまったのは攻撃力の高さに同居するこれら周辺戦力の意外な脆さ。この大会大車輪の活躍を見せた藤永龍太郎ですらトータル3敗、今大会レギュラー出場が見込まれる斉藤以外の5名で実に8敗を喫している。抜群の攻撃力を誇る安藤稀梧は投げの魅力のぶん一発への脆さがあり、重戦車の迫力を持つ長谷川碧も懐に潜られた際の「剛体」ぶり否めず。酒井陸には安定感があるが金鷲旗では負傷の影響か出場機会が少なく、同大会唯一無敗の道下新大も東京都予選ではパワー派への脆さを垣間見せている。大本命ながら、現在の国士舘は、少なくとも周囲に「やれる」との希望を与えてしまっている状況と分析して差し支えないだろう。印象でいえば、金鷲旗を「1勝4分け」の連続で斉藤を座らせたままロースコアで勝ち抜いたほうが、周囲に与えた脅威は高かったのではないかと思われるほど。

斉藤立の1点奪取は確実、代表戦での敗北ももちろん考えられない。となれば、もし国士舘を倒すものがあるとすれば、周辺戦力4ポジションの戦いで「2点」を獲得し得るチームということになる。

その筆頭はなんと言っても天理高(奈良)。高校選手権、金鷲旗大会ともに決勝で国士館の後塵を拝しているが、その理由は一に敵方のエース・斉藤立の存在に尽きる。両大会を観察する限り、天理のエース中野寛太は高校選手権時の「斉藤以外なら全員一本勝ちし得る」周囲との力関係を維持発展させており、国士舘の残り4枚であれば得点、それも「一本」を計算しておいて良いはず。オーダー発表前(正式発表は7日午後)であるが、事前情報によると国士舘は斉藤をスターティングに入れており、一方の天理は中野を補欠に取り置いて「場所を選べる」立場にあるとの可能性が濃厚とのこと。情報の誤りの可能性を覚悟しつつこれを前提に稿を進めさせて頂くが、となれば天理としては、国士舘戦だけを考えるなら中野を斉藤から「外す」ことは確実だ。天理の周辺戦力を眺めてみると、2年生巨漢の井上直弥こそタイプ的な相性に左右される割合が大きいが、植岡虎太郎、水上世嵐、池田凱翔、山中諒の4枚は全員戦い方がソリッドで一発の飛び道具も保有、国士舘との力比べに勝利する可能性は十分。「1点取り合って残る3枚の競り合い」というシナリオに持ち込めば、勝負は五分五分と言って良いのではないだろうか。2年生中心の国士舘が代表戦を意識して一歩引いた試合をしてしまうようであれば、五分どころか、もはや勝負はどうなるかまったくわからない。

以降のチームの戦力は少々この2チームとは差がある。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.