PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

有力チーム順当にベスト8入り、南筑は山場のパート決勝で富士学苑を破る・第92回金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート①1回戦~5回戦

(2018年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
有力チーム順当にベスト8入り、南筑は山場のパート決勝で富士学苑を破る
第92回金鷲旗高校柔道大会女子マッチレポート①1回戦~5回戦
取材・撮影:eJudo編集部
文責:林さとる

eJudo Photo
女子は165チームが参戦。

eJudo Photo
昨年度優勝の南筑高から、古賀彩音選手による優勝旗返還

配列順固定、体重無差別の五人制抜き勝負、決着がつかない場合には大将同士がそのまま延長戦という過酷なルールで行われる「地獄の金鷲旗」こと第92回金鷲旗高校柔道大会は21日、マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)で開幕。女子は海外からの参加も含めて165チームが出場し、22日と23日の2日間にわたって熱戦が繰り広げられた。

優勝候補筆頭は2連覇を狙う南筑高(福岡)。皇后盃王者、8月末のアジア大会で日本代表を務める素根輝の存在がその論拠、絶対的なエースの保有という一点で他チームを大きく引き離す。素根は副将に配置され、その後ろには「置き大将」としてチームナンバー2の古賀彩音が座った。同校の課題が「素根の体力をどれだけ温存できるか」であることを考えると、この配列は少々不自然。素根の名前がプログラムのメンバーリストに載っておらず、「7月12日締め切り分選手変更一覧」に記載があることから、恐らくは急遽出場を決めたために副将以外に入れられる場所がなかったということだろう。前年度優勝の南筑がシード校から漏れていることからも、エントリー段階で素根の名前がなかったことは明らかだ。南筑は強豪校と連戦せねばならない過酷な位置に置かれており、序盤戦から素根に仕事が回ってくることはまず確実。優勝争いはもちろんのこと、素根が一体何勝を上げるかというのが今大会の大きなテーマだ。

この南筑に「総合力の高さ」という抜き勝負もう1つの重要要素の充実で対抗するのが、それぞれ第1、第2シードに配された夙川学院高(兵庫)と帝京高(東京)。

昨年準優勝の夙川学院はメンバーに全日本強化選手に全国大会のタイトルホルダーをずらりと並べた豪華チーム。層の厚さに関しては間違いなく今大会ナンバーワンだ。エースの阿部詩はバクー世界選手権を2ヶ月後に控えて出場を見送ったものの、同大会57kg級韓国代表の金知秀と重量級の大駒である吉峰芙母絵を中心に穴のない、非常に骨の太い布陣となっている。チームとしての団結力も非常に高い。配列は金が次鋒で吉峰が副将。これは明らかに南筑を意識したものであり、金で素根を引きずり出して吉峰で止めるというオーダーだ。他チームの配列を観察する限り、エントリーの段階から南筑打倒を本気で意識しているのはこの夙川学院のみ。昨年決勝で5人を抜かれた借りを返さんとチーム一丸で「対素根」に挑む。

一方の帝京は高校選手権個人無差別を制した今代きっての大駒・高橋瑠璃を軸としたチーム。周辺戦力にも同大会52kg級王者の大森生純や78kg級インターハイ都代表の熊木悠花ら実力者が揃っており、こちらは「個」と「総合力」の両輪で優勝を狙う。組み合わせでは夙川学院、南筑とは逆側の山に置かれており、まずは確実に決勝まで勝ち上がりたい。

トーナメントが順当に進んだ場合、南筑と夙川学院が対戦するのは準決勝。ここが事実上の決勝と考えてよいだろう。逆サイドからは帝京の勝ち上がりが予想される。その一方でそれ以外の有力校は実力が伯仲しており、相性やコンディションによって勝敗がひっくり返る可能性も十分。まずは5回戦(パート決勝)までの戦いを、ベスト16進出チームに焦点を当てて振り返ってみたい。

※試合時間4分、4回戦までは3分
※僅差の優勢は「指導」差2つ
※大将同士引き分けとなった場合は延長戦1回(試合時間は本戦に準じる)、延長戦は必ず勝敗をつけ、「指導」の数は本戦から持ち越し

eJudo Photo
Aパート2回戦、夙川学院高の先鋒・畑田暁菜が東海大札幌高の次鋒・北村里菜から左大内刈「技有」

eJudo Photo
Aパート3回戦、夙川学院高の次鋒・金知秀が三浦学苑高の大将・坂田萌々香から左大外刈「技有」、内股様に足で押し込んで投げ切る

eJudo Photo
Aパート4回戦、夙川学院高の中堅・長谷川瑞紀が埼玉栄高の大将・三浦舞幸星を豪快な右払腰「一本」に仕留める

【Aパート】
シード校:夙川学院高(兵庫)
パート決勝(5回戦)進出校:夙川学院高(兵庫)、藤枝順心高(静岡)

昨年の準優勝校、今年の春の高校選手権の覇者でもある夙川学院高(兵庫)が第1シード。しかし、この好配置に反して対戦相手はいずれも強敵ばかり。金鷲旗を県外に渡してなるものかという思惑すら見え隠れする、非常にこの大会らしい、好カードが連続する組み合わせとなった。

2回戦の相手は東海大札幌高(北海道)。この試合は前半戦の抜き役を任された先鋒の1年生、畑田暁菜がまず3人抜き。内容は袈裟固「一本」、左大内刈「技有」、左内股「一本」。しかし、垣田恵佑コーチの「ここでやり切って仕事!」との声を受けて臨んだ第4試合は、東海大札幌の副将・田嶋由佳に攻め込まれ「指導2」失陥で優勢負けとなる。続いて登場した次鋒の金知秀もサイズに勝る田嶋に一時抑え込まれるなど難しい内容であったが、田嶋の右内股を左背負投「技有」で切り返して優勢勝ち。最終戦では瀬川心良を「韓国背負い」による「一本」に仕留めて試合をまとめた。夙川学院が不戦3人で初戦を突破。

3回戦では三浦学苑高(神奈川)と対戦、この試合から大将の北岡央を新名寧々に変更、一段レベルを上げた布陣を敷いた。この試合も先鋒の畑田が3人抜き。内容は崩袈裟固「一本」、左内股「一本」、僅差による優勢勝ち。第4試合では相手の副将・石沢千咲に裏投と横四方固の合技「一本」で敗れたものの、先鋒の抜き役としては十分な働きをして畳を降りる。これを受けて夙川学院は前衛の重石である次鋒の金が出動。石沢を左大外刈「一本」、大将の坂田萌々香を左大外刈と崩上四方固の合技「一本」でそれぞれ破り、あっという間の2人抜きで試合の幕を引く。夙川学院が不戦3人で勝利。

4回戦の相手は埼玉栄高(埼玉)。ここが初日の山場。夙川学院はこの試合から先鋒に今年の全日本カデ70kg級2位の桑形萌花を入れ、いよいよフルメンバー5人が出揃う。先鋒同士による第1試合はこの桑形が「腰絞め」から繋いだ上四方固「一本」で勝利。ここまで2回戦で5人抜き、3回戦で4勝1敗とこの日絶好調の溝口愛歌を破り、第2試合を引き分けて畳を降りる。続く金も1勝の後に相手のエース佐藤星麗七と引き分け。最後はこの日初めて畳に上がった長谷川瑞紀が大将の三浦舞幸星を豪快な右払腰「一本」で下して試合終了。手堅い試合運びでベスト16入りを決めた。

一方、下側の山からは今年の全日本カデ最重量級の覇者・米川明穂を擁する藤枝順心高(静岡)がベスト16入り。同校は2回戦で沼田高(広島)を先鋒・中村愛香莉が4人抜いての不戦3人で下すと、山場となった3回戦では渋谷教育学園渋谷高(東京)に大将同士の対決で勝利。4回戦では修猷館高(福岡)を不戦2人で破り、夙川学院とのパート決勝までたどり着いた。

eJudo Photo
Aパート5回戦、夙川学院高の次鋒・金知秀が藤枝順心高の次鋒・向尾知妃から左大外刈「技有」

[Aパート決勝(5回戦)]
夙川学院高(兵庫)○不戦1人△藤枝順心高(静岡)
(先)桑形萌花×引分×山本杏(先)
(次)金知秀○合技[大外刈・崩袈裟固](2:17)△向尾知妃(次)
(次)金知秀○優勢[技有・背負投]△八道さくら(中)
(次)金知秀×引分×袴田佳名瑚(副)
(中)長谷川瑞紀△合技[右内股・袈裟固](2:33)○米川明穂(大)
(副)吉峰芙母絵×引分×米川明穂(大)
(大)新名寧々

第1試合は桑形の優位で試合が進むも、山本杏がよく踏ん張り「指導1」対「指導2」で引き分け。しかし、夙川学院は次鋒の金がここから1人で3人を賄う大活躍。向尾知妃を左大外刈と崩袈裟固の合技「一本」(2:17)、八道さくらを「韓国背負い」による「技有」優勢でそれぞれ破ると、副将の袴田佳名瑚と引き分けて大将に座る米川を引っ張り出す。第5試合は米川が長谷川を左内股と袈裟固の合技「一本](2:33)で下して一矢報いたが、続く試合で今大会初登場となる夙川学院の副将・吉峰芙母絵が米川を引き分けで止め決着。不戦1人による勝利で夙川学院がベスト8進出を果たした。

eJudo Photo
Bパート3回戦、国学院栃木高の先鋒・石嶋青空が沖縄尚学高の先鋒・宮里心菜から左背負投「技有」

【Bパート】
シード校:沖縄尚学高(沖縄)
パート決勝(5回戦)進出校:淑徳高(東京)、広陵高(広島)

シード配置の沖縄尚学高(沖縄)が3回戦で國學院栃木高(栃木)に敗退。相手の先鋒と次鋒に副将までを抜かれてしまい、大将の重量級エース外間蘭が2人を抜き返すも、最後は相手の副将・小泉咲希に引き分けで止められ終戦。2試合目にして早くも姿を消すこととなった。

このパートを決勝まで勝ち上がったのは、淑徳高(東京)と広陵高(広島)。

淑徳は2回戦で東筑紫学園高(福岡)に不戦3人で勝利。この試合では先鋒の小林雅が1人で4人を賄う活躍を見せる。続く3回戦で四日市中央工高(三重)を不戦1人で破ると、4回戦では前述の國學院栃木と対戦、この試合を不戦3人で破ってベスト16入りを決める。

対する広陵は2回戦で土浦日大高(茨城)を不戦2人、3回戦で名城大付高(愛知)を不戦3人で破り、山場となった4回戦では長崎明誠高(長崎)を不戦1人で撃破。この試合では中堅の吉田智美が相手の次鋒から副将までを2勝1引き分けと1人で賄い、最後は副将の八巻衣音が相手の大将・山本楓花に勝利して試合をまとめた。

eJudo Photo
Bパート5回戦、広陵高の副将・八巻衣音が淑徳高の大将・波多江楽良を右払腰で攻める

[Bパート決勝(5回戦)]
広陵高(広島)○不戦1人△淑徳高(東京)
(先)中尾あづき×引分×長谷川未桜(先)
(次)飯田紀子○小外掛△矢吹遥花(次)
(次)飯田紀子△反則○高橋桃子(中)
(中)吉田智美○肩固△高橋桃子(中)
(中)吉田智美×引分×新井胡桃(副)
(副)八巻衣音×引分×波多江楽良(大)
(大)古賀早也香

前戦において1人で3人を賄った吉田がこの試合でも活躍。中堅同士の対決で高橋桃子に肩固「一本」で勝利すると、続く新井胡桃とも引き分け、1人差リードで襷を副将のエース八巻へと渡す。これを受けた八巻はサイズを生かして大型選手の波多江楽良を引き分けで止め、広陵が不戦1人で勝利。準々決勝進出を果たす。

eJudo Photo
Cパート2回戦、創志学園高の先鋒・中橋優香が児玉高の副将・大谷彩実から左大外刈「技有」

eJudo Photo
Cパート4回戦、創志学園高の大将・浦明澄が星翔高の大将・山本菜月から左背負投「一本」

【Cパート】
シード校:創志学園高(岡山)
パート決勝(5回戦)進出校:創志学園高(岡山)、名張高(三重)

創志学園高(岡山)と名張高(三重)がパート決勝に進出。

創志学園は2回戦の児玉高(埼玉)戦と3回戦の鵬翔高(宮崎)戦を、先鋒の中橋優香1人で賄う完璧な立ち上がり。1年生の中橋は任された序盤戦の露払い役を見事に果たしてみせた。4回戦の相手はインターハイ予選で東大阪大敬愛高を下して代表の座を手にした強敵、星翔高(大阪)。この試合は両校一歩も引かない接戦となるが、最後は大将対決で創志学園の浦明澄が山本菜月から一本背負投「一本」を得て勝利。創志学園が順当にベスト16への勝ち上がりを決める。

一方の名張は2回戦で八代工高(熊本)に不戦2人、3回戦で明誠高(島根)に不戦1人でそれぞれ勝利。4回戦で全九州大会3位の国分中央高(鹿児島)との対戦を迎える。この試合は第1試合の引き分けの後、次鋒の堂崎月華が富永奈々美に勝利して1人差をリード。さらに次戦を引き分けて畳を降りる。名張は続く中堅の高山紗季と副将の川村幸穂がともに引き分けでリードを守り切り、1人残しで勝利。こちらも接戦を制して2日目への勝ち残りを決めた。

[Cパート決勝(5回戦)]

創志学園高(岡山)○不戦2人△名張高(三重)
(先)鈴木胡桃○上四方固△長谷川優珠(先)
(先)鈴木胡桃×引分×堂崎月華(次)
(次)今村美優○優勢[僅差]△高山紗季(中)
(次)今村美優△優勢[僅差]○川村幸穂(副)
(中)古賀ひより○後袈裟固△川村幸穂(副)
(中)古賀ひより×引分×宮橋光(大)
(副)藤井志穂
(大)浦明澄

創志学園のワンサイドゲーム。この試合から投入された先鋒の鈴木胡桃が1勝1引き分けで畳を降りると、次鋒の今村美優も1勝1敗でこれを守ったまま中堅の古賀ひよりへとバトンを渡す。ここから古賀が1人を抜き、最後は相手の大将・宮橋光と引き分け。不戦2人で創志学園がベスト8への勝ち上がりを決めた。

eJudo Photo
Dパート2回戦、南筑高の副将・素根輝が立命館宇治高の副将・山西涼香を僅か7秒の左小外刈「一本」に仕留める

eJudo Photo
Dパート4回戦、南筑高の副将・素根輝が東海大静岡翔洋高の大将・澤崎莉子から左払腰「一本」

【Dパート】
シード校:東海大静岡翔洋高(静岡)
パート決勝(5回戦)進出校:南筑高(福岡)、富士学苑高(山梨)

昨年の優勝校、超高校級エース素根輝を擁する南筑高(福岡)が登場。
2回戦の相手は立命館宇治高(京都)。この試合は先鋒に置かれた昨年のインターハイ48kg級王者の古賀若菜が、前戦で5人抜きを果たした相手の先鋒、今年の全日本カデ選手権57kg級覇者の岡田恵里佳と引き分ける順調な滑り出し。しかし、第2試合、第3試合ともに引き分けに終わってしまい、早くも副将の素根が畳に上がることとなる。ここからは2試合続けての秒殺ショー。副将の山西涼香を僅か8秒の左小外刈「一本」に仕留めると、大将の山下紗月からも39秒で横四方固「一本」を奪って勝負を決める。素根、まずは2勝。

続く3回戦の富山商高(富山)戦では先鋒の古賀が気を吐き、白星を4つ並べて1人で相手の大将を引きずり出す。5戦目は力尽きて敗れたものの、続いて畳に上がった次鋒の大沢彩乃が手堅く引き分け、この試合は不戦3人で南筑の勝利。

4回戦の相手はこのパートのシード校である東海大静岡翔洋高(静岡)。同校は先鋒の渋谷舞が10人抜きを果たし、2回戦と3回戦を1人で賄っての4回戦進出。
軽量級の強者同士による対戦となった第1試合は、古賀が32秒に左大内刈「技有」を得て勝利。続く第2試合を引き分けで終え、1人差のリードを保ったまま畳を降りる。ここからは次鋒の大沢と中堅の原口結が連続で引き分け、2回戦に続いて素根が登場。この試合は片襟の左背負投の形から左払腰に変化して相手の大将・澤崎莉子をグシャリと押し潰して「一本」。素根は3勝目。南筑が順当にベスト16入りを果たした。

下側の山を勝ち上がったのは富士学苑高(山梨)。エースである昨年の世界カデ選手権王者・結城彩乃を次鋒に配置、中堅以降に重量級の選手を並べて2つの得点ブロックを作った。

同校は2回戦でインターハイ山口代表の西京高(山口)と対戦。先鋒の小斉穂奈美が2人を抜くが、相手の中堅・和田あおいに残り19秒の「腰絞め」で一本負けを喫する。次鋒の結城がここからクロスグリップの左大内刈「一本」、左大外刈と左内股の合技「一本」で2人を抜くが、大将の尾潟和希に一瞬気を抜いた隙を突かれて「腰絞め」で一本負け。肩で息をしながら畳を降り、どうやら相当に攻め疲れていた様子。先鋒の小斉、次鋒の結城とあと一歩締まらない戦いが続いた富士学苑だが、中堅の谷朱音が尾潟を左一本背負投からの「腰絞め」にとらえて一本勝ち。不戦2人で初戦を突破を果たす。

最初の山場を越えた富士学苑は以降落ち着きを取り戻し、3回戦で金沢高(石川)に小斉が4人を賄っての不戦3人、4回戦で熊本西高(熊本)に2勝0敗3引き分けの不戦1人と無失点試合を続けて5回戦に進出。南筑との大一番を迎えることとなった。

eJudo Photo
Dパート5回戦、南筑高の先鋒・古賀若菜が富士学苑高の先鋒・田井知亜季節から左大内刈「技有」

eJudo Photo
Dパート5回戦、南筑高の次鋒・大沢彩乃の右背負投を富士学苑高の次鋒・結城彩乃が畳に手を突いて受けてしまう

eJudo Photo
肩を負傷した結城は立ち上がれず

【Dパート決勝(5回戦)】

南筑高(福岡)○不戦1人△富士学苑高(山梨)
(先)古賀若菜〇合技[大内刈・大内刈](1:14)△田井知亜季節(先)
(先)古賀若菜△反則[指導3](3:20)〇結城彩乃(次)
(次)大沢彩乃〇合技[大内刈・横四方固](2:31)△結城彩乃(次)
(次)大沢彩乃△優勢[技有・大内刈](3:18)〇谷(中)
(中)原口結×引分×谷朱音(中)
(副)素根輝〇合技[小外掛・横四方固](1:08)△黒田亜紀(副)
(副)素根輝〇一本背負投(2:35)△瀬戸亜香音(大)
(大)古賀彩音

南筑のオーダーは変わらず、一方の富士学苑は先鋒を重量級の田井知亜季に入れ替えて試合に臨む。第1試合は48kg級の古賀に大型の田井と対照的な両者の対決。開始早々の12秒、古賀が低い大内刈で「技有」。背負投の方向を向きながら上体を固めて低く掛ける、古賀今大会得意のパターン。古賀は1分14秒にも大内刈を決めて「技有」を追加。合技「一本」で1人を抜く。

第2試合、富士学園はエースの結城が登場。古賀の巧さも流石にこのレベルには通じず、左相四つということもあり体格差、腕の長さで奥、クロスと叩かれて一方的に押しまくられる。結城は肩越しクロスから内股、大内刈と技を積み、1分12秒、2分20秒、3分20秒と立て続けに消極的の判断による「指導」3つを獲得。結城が抜き返してスコアボードは再びタイとなる。

第3試合は大沢が右、結城が左組みのケンカ四つ。組み合う様子からはかなりの実力差が見て取れる。結城の組み手と圧に追い詰められた大沢に37秒偽装攻撃の「指導1」。しかし、以降は大沢が踏ん張り中盤までスコア動かず。結城が加速せんとした2分9秒、なんと大沢が大内返で「技有」を奪取。結城怒気を発して突進、2分31秒には大沢に「極端な防御姿勢」で「指導2」が追加される。しかし、あと1つの「指導」を得んと結城が焦ったゆえか、試合は意外な結末。続くシークエンスで大沢が右背負投を放つと、畳に手を着いて受けた結城が悲鳴。大沢そのまま抑え込むが、結城は声を上げながら足をばたつかせ、あきらかに負傷した様子。大沢がこのまま抑え込んでいいのか戸惑いながら形だけ体を被せたまま審判の判断を待ち、ややあって「一本」が宣告され試合終了。結城は右腕を抑えたまましばし立てず顔をゆがめ、重症の模様。控えめにみても脱臼、おそらくインターハイ出場は難しい情勢。

第4試合、衝撃的な決着となった前戦の直後だが、富士学園の中堅・谷は冷静。大沢を引きずりまわし、はたき込み、組み手技術と機動力を遺憾なく披露する。早々に大沢に「指導1」、はたき込まれて潰れた1分11秒には「指導2」が追加される。1分38秒には大内刈「技有」も加え、以降はポイント動かずそのままタイムアップ。谷の勝利でスコアボードは再びタイに戻る。

第5試合は動きの激しかった前戦までとは打って変わり試合が減速。原口に「指導2」、谷に場外の「指導」1つが与えられたのみで引き分けに終わる。

eJudo Photo
Dパート5回戦、南筑高の副将・素根輝が富士学苑高の副将・黒田亜紀から左小外掛「技有」

eJudo Photo
素根は富士学苑高の大将・瀬戸亜香音を右一本背負投「一本」に仕留める

第6試合、南筑はエース素根が登場。素根が左、黒田亜紀が右組みのケンカ四つ。黒田はなんとか素根を止めようと粘るが、56秒に素根の小外掛が決まり「技有」。そのまま横四方固抑え込んで1分8秒「一本」。

第7試合、いよいよ富士学苑は大将の瀬戸亜香音が畳に上がり後がない状況。この試合は素根が左、瀬戸が右組みのケンカ四つ。瀬戸は体を開き、引き手を与えないことをベースに粘るが、素根はまったく慌てない。2分35秒、素根の右一本背負投が炸裂させ「一本」で決着。この試合で素根は合計5勝目。

結果は南筑の一方的な勝利。富士学苑としては結城で素根を引っ張り出して勝負したいところだったが、南筑の次鋒・大沢の予想以上の頑張りのために、素根を迎えるまでにアドバンテージを作ることができなかった。エースの結城が負傷してしまうというアクシデントもあり、同校は今代の最終戦であるインターハイ本戦を前に大きく力を減じることとなった。

eJudo Photo
Eパート5回戦、帝京高の中堅中村愛美が比叡山高の副将・川上真紀を左内股で攻める

【Eパート】
シード校:帝京高(東京)
パート決勝(5回戦)進出校:帝京高(東京)、比叡山高(滋賀)

第2シードに配された帝京高(東京)の山。同校は高校選手権無差別王者の高橋瑠璃を大将、同大会52kg級王者の大森生純を補欠に取り置いて大会をスタート。2回戦の金沢学院高(石川)戦、3回戦で大牟田高(福岡)戦をともに不戦2人で勝ち上がり、4回戦で勝負どころの広島皆実高(広島)戦を迎える。

帝京はここから大森を次鋒に入れて布陣。第1試合の引き分けの後、この大森が2勝1引き分けで相手の大将・本田詩乃を引きずり出して畳を降りる。最後は中堅の中村愛美が本田と引き分けて決着。派手な勝ちぶりではないものの、3試合を戦って黒星1つと堅実な試合運びでベスト16入りを決める。

一方下側の山からパート決勝進出を果たしたのは比叡山高(滋賀)。先鋒を任された高校選手権48kg級王者の芳田真を原動力に、2回戦の高松商高(香川)戦、3回戦の九州学院高(熊本)戦を不戦2人で勝ち上がる。続く4回戦の福井工大福井高(福井)との試合では、芳田がなんと5人抜き。大勝で勢いをつけて帝京戦に臨む。

【Eパート決勝(5回戦)】
帝京高(東京)○不戦1人△比叡山高(滋賀)
(先)池田海実×引分×芳田真(先)
(次)大森生純○優勢[僅差]△薬師山ひかり(次)
(次)大森生純×引分×足達実佳(中)
(中)中村愛美×引分×川上真紀(副)
(副)熊木悠花×引分×吉山風暖(大)
(大)高橋瑠璃

比叡山の起爆剤である芳田が池田海実と引き分けた第1試合をきっかけに、この試合は引き分け4つのロースコアゲームとなる。唯一勝敗が着いたのは大森と薬師山ひかりがマッチアップした第2試合。この試合で大森が作った1人差のリードを帝京が最後まで守り切り、大将の高橋を取り置いたままベスト8進出を決める。

【Fパート】
シード校:敬愛高(福岡)
パート決勝(5回戦)進出校:敬愛高(福岡)、東北高(宮城)

地元の敬愛高(福岡)と東北高(宮城)がベスト16入り。

敬愛は2回戦の東海大高輪台高(東京)戦を先鋒の辻野瑠流伽の5人抜きで勝ち上がると、3回戦の生光学園高(徳島)戦も辻野が3勝1引き分けで4人を賄い、不戦3人で勝利。4回戦の専大玉名高(熊本)との試合では3人を抜いた辻野が相手の副将・藤本愛花に敗れて初めてチームに黒星がついたが、次鋒の有瀬心里が2連勝で試合をまとめ決着。中堅以降が一度も試合をしないまま2日目進出を決める。

一方、強豪の空白域である下側の山を勝ち上がった東北も圧勝続きでのパート決勝進出。2回戦の富士市立高(静岡)戦では先鋒の對馬みなみが5人抜き。3回戦の北陸高(福井)戦は前戦を1人で賄った對馬が相手の先鋒・川上智加に敗れるが、そこから次鋒の溝口葵が4人を抜き、大将黒川弥恵とも引き分けて試合を終わらせる。4回戦の東海大菅生高(東京)戦では再び對馬が4勝1引き分けと1人で全員の相手をするワンサイドゲーム。結果、こちらも中堅以降の出動がないまま初日の競技を終えることとなった。

【Fパート決勝(5回戦)】
敬愛高(福岡)○不戦1人△東北高(宮城)
(先)辻野瑠流伽○優勢[技有]△對馬みなみ(先)
(先)辻野瑠流伽△合技○溝口葵(次)
(次)有瀬心里△合技○溝口葵(次)
(中)大本真琴○合技△溝口葵(次)
(中)大本真琴×引分×佐久間絵理華(中)
(副)松沢佑栞○袈裟固△小野寺美優(副)
(副)松沢佑栞○合技△谷地望(大)
(大)多田純菜

両チームの切り込み隊長同士による第1試合は体格に勝る辻野が「技有」優勢で勝利。しかし、ここから東北の次鋒溝口が2人を抜いて反対にリードを奪う。敬愛は中堅の大本真琴が溝口に勝利してスコアをタイに戻すが、続く佐久間絵理華とは引き分けに終わり、リードを作ることができない。副将同士の戦いとなった第6試合、敬愛の松沢佑栞が袈裟固「一本」で小野寺美優に勝利、続く第7試合でも大将の谷地望を合技「一本」で破って、チームの勝利を決める。敬愛が不戦1人、大将の多田純菜を温存したままベスト8入り。

eJudo Photo
Gパート4回戦、大成高の次鋒・楠明日香が津幡高の副将・日光舞から右払巻込「技有」

【Gパート】
シード校:大成高(愛知)
パート決勝(5回戦)進出校:大成高(愛知)、八千代高(千葉)

シード校の大成高(愛知)は先鋒に抜擢された小林未奈が獅子奮迅の大活躍。2回戦の東洋大姫路高(兵庫)と3回戦の日章学園高(宮崎)を1人で戦い抜いて10人抜き。4回戦の津幡高(石川)戦でも2人抜いて3人目で引き分けと、初戦から計13人を賄いチームに勢いをもたらす。この試合は次鋒の楠明日香が1人抜いた後に相手の大将・渕田萌生に敗れるが、中堅の松本りづが無難に引き分け、不戦2人で勝利。順当にベスト16へと歩を進める。

一方、大混戦の下側の山からパート決勝進出を果たしたのは八千代高(千葉)。大成とは対照的にこちらは接戦の連続。2回戦で秀岳館高(熊本)を不戦2人で下すと、3回戦では地元の強豪、沖学園高(福岡)と対戦。大将の新井風花が1人差ビハインドで畳に上がることとなるが、そこから2連勝を果たして逆転勝ちを決める。4回戦の相手は関東地区のライバルでもある国士舘高。この試合では先鋒の横山澄香が3人抜きを果たすも、相手の副将・本間裕梨に3人を抜き返されタイスコアで副将同士の勝負を迎える。この対決を制したのは八千代の矢板橋里菜。国士舘はいよいよ大将の1年生エース、57kg級の五十嵐日菜が畳に上がる。八千代サイドとしては体重差のある矢板橋で勝負を決めてしまいたいところだったが、五十嵐はそれを許さず勝利、八千代の大将・新井を畳へと引きずり出す。57kg級同士による対戦となったこの試合は新井に軍配。大接戦を制した八千代が2日目への勝ち残りを決めた。

【Gパート決勝(5回戦)】
大成高(愛知)○不戦3人△八千代高(千葉)
(先)小林未奈○合技△横山澄香(先)
(先)小林未奈○合技△矢作彩芽(次)
(先)小林未奈×引分×柴田麻里奈(中)
(次)小山遥佳○崩袈裟固△矢板橋里菜(副)
(次)小山遥佳○内股△新井風花(大)
(中)松本りづ
(副)尾崎美玲
(大)佐藤陽子

大成が一方的な内容で八千代を圧倒。前日好調だった小林がこの試合でも2勝1引き分けと大暴れ。この試合から次鋒に入った小山遥佳がこれを引き継いで2人を抜き、不戦3人でベスト8入りを決めた。

eJudo Photo
Hパート4回戦、桐蔭学園高の大将・朝飛真実が東大阪大敬愛の大将・衣笠裕美子から左内股「技有」

【Hパート】
シード校:桐蔭学園高(神奈川)
パート決勝(5回戦)進出校:桐蔭学園高(神奈川)、新田高(愛媛)

桐蔭学園高(神奈川)と新田高(愛媛)がパート決勝に進出。

桐蔭学園は2回戦の鶯谷高(岐阜)戦を不戦2人、3回戦の柴田高(宮城)戦を不戦3人でそれぞれ勝ち抜き、4回戦で東大阪大敬愛高(大阪)との大一番を迎える。この試合で先制したのは東大阪大敬愛。先鋒の川本愛が1人を抜いて引き分け、リードを保ったまま畳を降りる。しかし、桐蔭学園はここから猛追。中堅の渡辺明日香が2勝1引き分けで副将までを賄い、大将の衣笠裕美子を一気に引きずり出す。畳に上がった衣笠はまず副将の野沢知莉に勝利、桐蔭学園も大将の朝飛真実が登場することとなる。この試合は朝飛が左、衣笠が右組みのケンカ四つ。朝飛が左内股で積極的に攻め、衣笠が内股透のカウンターを狙うという形で試合が進行する。試合終盤、朝飛は奥襟を得て相手の頭を下げさせ、自らの懐でコンパクトに回す左内股。相手の上に乗り上げるようにして「技有」を得ると、そのまま横四方固で抑え込み合技「一本」へとたどり着く。桐蔭学園が大将同士の対決を制してベスト16進出を果たした。

対する新田は2回戦から横須賀学院高(神奈川)と対戦するハードな組み合わせ。この試合は双方1勝1敗1引き分けで中堅同士の戦いまで進行するが、ここから昨年の全日本カデ選手権57kg級王者の中矢遥香が3人抜き。1人で残り全員を賄って一気にチームの勝利を決める。山場を越えた新田は以降、3回戦で高川学園高(山口)に不戦3人、4回戦で鹿児島南高(鹿児島)に不戦2人でそれぞれ勝利して、危なげなく2日目への勝ち残りを決めた。

【Hパート決勝(5回戦)】
桐蔭学園高(神奈川)○不戦1人△新田高(愛媛)
(先)川村幸花○合技△久岡咲良(先)
(先)川村幸花×引分×立川真奈(次)
(次)長友瑠奈△反則○中矢遥香(中)
(中)渡辺明日香○小外刈△中矢遥香(中)
(中)渡辺明日香○合技△毛利かえで(副)
(中)渡辺明日香△優勢[技有]○立川桃(大)
(副)野沢知莉○横四方固△立川桃(大)
(大)朝飛真実

この試合から桐蔭学園は先鋒を川村幸花にチェンジ。この川村が第1試合で久岡咲良を合技「一本」で破り、リードを保ったまま次鋒の立川真奈と引き分けて畳を降りる。新田は中盤の得点役である中矢が長友瑠奈に勝利して1人を抜き返すが、その後を継いだ桐蔭学園の渡辺がここから2連勝。大将の立川桃には敗れたものの4分間戦って相手を消耗させ、次戦で副将の野沢が横四方固「一本」を得て試合終了。この試合は大将の朝飛の出番はなし。先鋒の川村と中堅の渡辺の活躍が効き、桐蔭学園が不戦1人でベスト8進出を果たした。

これによって決まった準々決勝のカードは下記の通り。

夙川学院高(兵庫) - 広陵高(広島)
南筑高(福岡) - 創志学園高(岡山)
敬愛高(福岡) - 帝京高(東京)
大成高(愛知) - 桐蔭学園高(神奈川)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.