PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

天理が中野寛太の一撃で大牟田振り切る、国士舘はエース斉藤立取り置いたまま決勝へ・第92回金鷲旗高校柔道大会マッチレポート④準決勝

(2018年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
天理が中野寛太の一撃で大牟田振り切る、国士舘はエース斉藤立取り置いたまま決勝へ
第92回金鷲旗高校柔道大会マッチレポート④準決勝
eJudo Photo
国士舘はここで先鋒をスイッチ、長谷川碧を畳に送り出す

取材・撮影:eJudo編集部
文責:古田英毅

■準決勝

国士舘高(東京)○不戦1人△日体大荏原高(東京)
(先)長谷川碧×引分×藤原秀奨(先)
(次)安藤稀梧△反則[指導3](2:57)〇平山才稀(次)
(中)藤永龍太郎〇内股(2:01)△平山才稀(次)
(中)藤永龍太郎〇内股(0:58)△藤原直生(中)
(中)藤永龍太郎〇横四方固(1:55)△グリーンカラニ海斗(副)
(中)藤永龍太郎△支釣込足(2:07)〇内藤彪我(大)
(副)道下新大×引分×内藤彪我(大)
(大)斉藤立

国士舘はここまで大奮戦の林将太郎を下げ、満を持して先鋒に長谷川碧を投入。日体大荏原は良い形で機能しているこれまでの布陣を維持して対峙。

先鋒戦は長谷川が左、藤原秀奨が右組みのケンカ四つ。25秒に長谷川が両襟の左内股、回旋足りずも体ごと押し込む得意の形で「技有」奪取。以後も体ごと両足で畳を擦るように前進してはフェイントの左小外掛、左内股と攻め、この内股に藤原が潰れ伏せた1分31秒には藤原に「指導1」。藤原右体落で抗するが長谷川は出足払と内股で弾き返す。しかし長谷川が投げ損ないを続けるうちに藤原が慣れ始め、かつ長谷川の動きが鈍り始める。もともと切れ味があるタイプというわけではない長谷川からその投げのエンジンである突進力が減じ、中盤からやや試合膠着。長谷川攻めるには攻めるがむしろ一撃投げ損なうたびに自信を失っていく印象。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.