PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第59回

(2018年8月6日)

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第59回
対校勝負は目的でなく、一層遠い目的の手段である。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「柔道家に是非持ってもらいたい精神」 
有効の活動 6巻5号  大正9年5月 (『嘉納治五郎大系』2巻230頁)
 
対校<勝負>となっていますが、ここで言う<勝負>とは<武術>ではなく、<試合>のことです。

今では考えられませんが、かつて講道館柔道には「試合」が、ほとんど、ありませんでした。講道館創立当初から現在まで、開催されている月次(つきなみ)試合や紅白試合くらいです。
その後、柔道が普及するにつれて、試合の数も増え、野球などと共に対校戦の一種目として行われるようにもなりました。有名な早慶戦も、その一つです。

ところが、対校試合が盛んになると、その熱気が、様々な問題をうみ、識者たちによる議論も起こるようになりました。嘉納師範の生きている時代から、柔道に限らず、過熱した競技による弊害が見られたわけです。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.