PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘、天理は順当勝ち、ベスト4の功名争う第4試合は大牟田が延長戦で作陽下す・第92回金鷲旗高校柔道大会マッチレポート③準々決勝

(2018年8月4日)

※ eJudoメルマガ版8月2日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘、天理は順当勝ち、ベスト4の功名争う第4試合は大牟田が延長戦で作陽下す
第92回金鷲旗高校柔道大会マッチレポート③準々決勝
eJudo Photo
国士舘高の先鋒林将太郎が西日本短大附高の次鋒迫田悠作から内股「一本」

■準々決勝

国士舘高(東京)○不戦2人△西日本短大附高(福岡)
(先)林将太郎○優勢[僅差]△竹家和希(先)
(先)林将太郎○内股(0:26)△迫田悠作(次)
(先)林将太郎○合技[抱分・大外巻込]△高崎楓馬(中)
(先)林将太郎△合技[大内返・縦四方固]○佐々木大将(副)
(次)安藤稀梧○合技[内股巻込・内股](1:54)△佐々木大将(副)
(次)安藤稀梧△腕挫十字固○安部光太(大)
(中)藤永龍太郎×引分×安部光太(大)
(副)道下新大
(大)斉藤立

優勝候補国士舘が、崇徳、東海大仰星と強豪ひしめくBブロックから勝ち上がったダークホース・西日本短大附高とマッチアップ。先鋒戦は林将太郎と竹家和希が対戦、林が2つの「指導」を得て勝利。しかし2回戦から出ずっぱりの林はこの時点で激しく消耗、第2試合が始まるなり迫田悠作の左背負投連発を受けてフラフラ、「待て」を受けてもなかなか開始線に戻れない状態。しかしもはやこれは仕留めるのみと迫田が前に出て来たところを見逃さず、軸足を回しこんでの内股で「一本」。試合時間は僅か26秒、林はこれで2人抜きを果たす。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.