PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

鍋倉那美がオール一本勝ちで大会2連覇、好調大野陽子は決勝で21歳ガイに苦杯・グランプリザグレブ2018第2日女子レポート

(2018年8月2日)

※ eJudoメルマガ版8月2日掲載記事より転載・編集しています。
鍋倉那美がオール一本勝ちで大会2連覇、好調大野陽子は決勝で21歳ガイに苦杯
グランプリザグレブ2018第2日女子レポート(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
63kg級決勝、鍋倉那美がティナ・トルステニャクから内股透「一本」

■63kg級・鍋倉那美が大会2連覇、決勝で五輪王者トルステニャクを破る

(エントリー26名)

【入賞者】
1.NABEKURA, Nami (JPN)
2.TRSTENJAK, Tina (SLO)
3.CASTILHOS, Alexia (BRA)
4.BEAUCHEMIN-PINARD, Catherine (CAN)
5.LESKI, Andreja (SLO)
6.TRAJDOS, Martyna (GER)
7.LIVESEY, Amy (GBR)
8.WATANABE, Kiyomi (PHI)

鍋倉那美(三井住友海上)が優勝。苦手なマルティナ・トライドス(ドイツ)が逆側の山に配されたこともあり順当にトーナメントを勝ち上がり、決勝ではリオデジャネイロ五輪王者、2月のグランドスラム・パリでは「指導3」の反則で敗れているティナ・トルステニャク(スロベニア)を鮮やかな内股透「一本」(2:27)で破った。鍋倉はオール一本勝ちでの戴冠。昨年9月のグランプリ・ザグレブ以来となるタイトルを獲得し、同大会2連覇を果たした。

この日の鍋倉は足技が切れており、これを起点に寝技で攻める場面が多く見られた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版8月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.