PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

藤原崇太郎は準々決勝で敗れて3位、73kg級は期待の若手ヤコヴァがオルジョフ下す・グランプリザグレブ2018第2日男子レポート

(2018年8月2日)

※ eJudoメルマガ版7月30日掲載記事より転載・編集しています。
藤原崇太郎は準々決勝で敗れて3位、73kg級は期待の若手ヤコヴァがオルジョフ下す
グランプリザグレブ2018第2日男子レポート(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
決勝、アキル・ヤコヴァがファビオ・バジーレの左体落を捲り返して隅落「技有」

■73kg級・ヤコヴァが優勝、パワフルな膝車で優勝候補オルジョフ撃破

(エントリー57名)

【入賞者】
1.GJAKOVA, Akil (KOS)
2.BASILE, Fabio (ITA)
3.BUTBUL, Tohar (ISR)
4.ORUJOV, Rustam (AZE)
5.HOJAK, Martin (SLO)
6.MACIAS, Tommy (SWE)
7.KHOMULA, Artem (UKR)
8.MARGELIDON, Arthur (CAN)

橋本壮市(パーク24)がグランプリ・フフホトでの負傷が癒えずに直前で欠場表明。

王者不在となったトーナメントは22歳のアキル・ヤコヴァ(コソボ)が、準決勝で優勝候補のルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)を膝車「一本」(2:11)で破り、そのまま優勝を飾った。この選手は52kg級のノラ・ヤコヴァ(コソボ)の弟。姉と同じくパワーファイター型、得意技は体を捨てながら仕掛ける支釣込足(膝車)で、今大会ではこの技で「技有」4つに「一本」1つを奪っている。いまもっとも乗っている選手の1人であり、バクー世界選手権でも上位進出の可能性は十分。

逆サイドの山から決勝まで勝ち上がったのはリオデジャネイロ五輪66kg級金メダリストのファビオ・バジーレ(イタリア)。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.