PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

藤原崇太郎のワールドツアー3連勝なるか、73kg級は本命オルジョフに有望若手が次々挑む・グランプリザグレブ2018第2日男子プレビュー

(2018年7月28日)

※ eJudoメルマガ版7月28日掲載記事より転載・編集しています。
藤原崇太郎のワールドツアー3連勝なるか、73kg級は本命オルジョフに有望若手が次々挑む・グランプリザグレブ2018第2日男子プレビュー
(73kg級、81kg級)
■ 73kg級・地元での世界選手権を控えるオルジョフに第2グループの若手が挑む
eJudo Photo
第1シードは地元開催の世界選手権を控えるルスタン・オルジョフ。

(エントリー57名)

現役世界王者の橋本壮市(パーク24)が大会を欠場。5月のグランプリ・フフホトで負傷した左腕が完治せず、参加を見送ることとなった。これを受けて今回の最注目カードであった橋本対ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)という大一番も世界選手権本番まで持ち越し。トーナメント全体のレベルも一段下がることとなった。

見どころは地元開催の世界選手権を2ヶ月後に控えるオルジョフの勝ちぶり。オルジョフの勝ち上がりルートにはビラル・ジログル(トルコ)、アキル・ヤコヴァ(コソボ)らの今年台頭してきたイキの良い若手選手が配されており、彼らが順番にオルジョフに挑んでいくこととなる。

オルジョフは成績に安定感のあるタイプではないが、時期と陣容を考えた場合ここで負けるわけにはいかないはず。本気で臨んでくるであろうオルジョフの現時点での調整の進み具合、そして若手選手たちがオルジョフに対してどの様な試合を見せるのかに注目だ。

【プールA】
第1シード:ルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)
第8シード:ビラル・ジログル(トルコ)
有力選手:アントワーヌ・ブシャー(カナダ)、

【プールB】
第4シード:アキル・ヤコヴァ(コソボ)
第5シード:ギヨション・ボボエフ(ウズベキスタン)
有力選手:ヴィクター・スクヴォトフ(UAE)、

【プールC】
第2シード:トミー・マシアス(スウェーデン)
第7シード:アンソニー・ツィング(ドイツ)
有力選手:ミクロス・ウングヴァリ(ハンガリー)、ファビオ・バジーレ(イタリア)、ドミトロ・カニヴェツ(ウクライナ)

【プールD】
第3シード:トハル・ブトブル(イスラエル)
第6シード:アルチュール・マルゲリドン(カナダ)

■ 81kg級・藤原崇太郎がワールドツアー3連勝に挑戦、初戦に早くも山場あり
eJudo Photo
ワールドツアー2連勝中の藤原崇太郎。

(エントリー53名)

近頃の81kg級の傾向がそのまま続く形で、今回も有力選手が大量参戦。全員にチャンスがある大混戦のトーナメントができあがった。

最注目は現在ワールドツアー2連勝中、第2シード配置を受けた藤原崇太郎(日本体育大2年)。大学入学後は結果に恵まれない苦しい時期が続いたが、今年2月のグランドスラム・パリを制して一気にブレイク。続いて出場した3月のグランドスラム・エカテリンブルクでも優勝を飾り、見事バクー世界選手権代表の座を射止めてみせた。

今大会における藤原の組み合わせは、初戦(2回戦)から難敵と対戦せねばならないなかなか厳しいもの。直下の位置に今年のグランドスラム・デュッセルドルフで2位を獲得したフランスの新星アルファ=オウマ・ジャロ(フランス)と階級随一の力自慢モハメド・アブデラル(エジプト)が配された。以降もベスト8で今年のヨーロッパ王者サギ・ムキ(イスラエル)、準決勝で昨年の世界ジュニア選手権王者マティアス・カッス(ベルギー)と一筋縄ではいかない相手との対戦が続く。一戦たりとも気を抜くことのできないタフな組み合わせだが、今年に入ってからの藤原の勢いと逞しい戦いぶりを考慮すれば優勝は十分可能なはず。ワールドツアー3連勝を果たし、勢いに乗ってバクーに乗り込みたい。

【プールA】
第1シード:アスラン・ラッピナゴフ(ロシア)
第8シード:ジャック・ハットン(アメリカ)

【プールB】
第4シード:ドミニク・レッセル(ドイツ)
第5シード:アンリ・エグティゼ(ポルトガル)
有力選手:エティエンヌ・ブリオン(カナダ)、イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)、サミ・シュシ(ベルギー)

【プールC】
第2シード:藤原崇太郎(日本体育大2年)
第7シード:サギ・ムキ(イスラエル)
有力選手:アルファ=オウマ・ジャロ(フランス)、モハメド・アブデラル(エジプト)、スルジャン・ムルヴァイエヴィッチ(モンテネグロ)、アントニオ・エスポージト(イタリア)

【プールD】
第3シード:マティアス・カッス(ベルギー)
第6シード:ヴェダット・アルバイラク(トルコ)
有力選手:タマジ・キラコザシヴィリ(ジョージア)

文責:林さとる/eJudo編集部

※ eJudoメルマガ版7月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.