PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

髙藤直寿順当に優勝、阿部一二三はまさかの一本負けで3位に留まる・グランプリザグレブ2018第1日男子レポート

(2018年7月31日)

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。
髙藤直寿順当に優勝、阿部一二三はまさかの一本負けで3位に留まる
グランプリザグレブ2018第1日男子レポート(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
2回戦、髙藤直寿がウーゴ・ベラから左小内刈「技有」

■60kg級・髙藤直寿が優勝、ライバル次々敗れるなか安定した強さを発揮

(エントリー37名)

【入賞者】
1.TAKATO, Naohisa (JPN)
2.DIAZ, Adonis (USA)
3.PULKRABEK, David (CZE)
4.MCKENZIE, Ashley (GBR)
5.IBRAYEV, Rustam (KAZ)
6.CARLINO, Andrea (ITA)
7.YADAV, Vijay Kumar (IND)
8.LESYUK, Artem (UKR)

髙藤直寿(パーク24)が抜群の強さで優勝。ライバルたちが揃って序盤で敗れたために強豪との対戦はなく、ほとんど危ない場面がないまま表彰台の頂点へとたどり着いた。この日の髙藤は左小内刈を核とした正統派の足技スタイルと、もうひとつの持ち味である密着してのトリッキーな投技が高いレベルでバランスしていた印象。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月31日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.