PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

いまが旬のビロディドと出口が世界選手権前の総仕上げに挑む、日本からは渡名喜と志々目の世界王者2人が参戦・グランプリザグレブ2018第1日女子プレビュー

(2018年7月26日)

※ eJudoメルマガ版7月26日掲載記事より転載・編集しています。
いまが旬のビロディドと出口が世界選手権前の総仕上げに挑む、日本からは渡名喜と志々目の世界王者2人が参戦・グランプリザグレブ2018第1日女子プレビュー
(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
ワールドツアー4連勝中のダリア・ビロディド

■48kg級・トーナメントの軸は新星ビロディド、渡名喜風南とガルバトラフがリベンジ狙う

(エントリー31名)

第1シードの現役世界王者・渡名喜風南(パーク24)を中心に非常に豪華なメンバーが集結。プレ世界選手権とでも呼ぶべきレベルの高いトーナメントが組まれた。優勝争いの軸は現在ワールドツアー4連勝中、6月のヨーロッパカップ・ツェリエでも優勝を飾っている17歳のダリア・ビロディド(ウクライナ)。

ビロディドは第4シード選手としてプールBに配されており、2回戦で階級を下げてエントリーしてきた52kg級の強者ディストリア・クラスニキ(コソボ)、準々決勝でガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)、そして準決勝で現役世界王者・渡名喜風南と対戦することになる。渡名喜とガルバドラフはどちらも直近の対戦でビロディドに苦杯を喫しており、両者ともにこの選手を第一のライバルと想定して大会に臨んでいるはず。それぞれの選手がどの様な作戦でビロディドを迎え撃つのか、誰が連勝を止めるのかが、本階級全体を通じた大きなテーマだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.