PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日本が誇る世界王者2人が競演、髙藤と阿部の勝ちぶりに注目・グランプリザグレブ2018第1日男子プレビュー

(2018年7月26日)

※ eJudoメルマガ版7月26日掲載記事より転載・編集しています。
日本が誇る世界王者2人が競演、髙藤と阿部の勝ちぶりに注目・グランプリザグレブ2018第1日男子プレビュー
(60kg級、66kg級)
eJudo Photo

■60kg級・髙藤直寿がひさびさ60kg級に出場、強敵迎える準決勝が最大の山場

(エントリー37名)

現役世界王者の髙藤直寿(パーク24)が久しぶりに60kg級の畳に上がる。髙藤はブダペスト世界選手権とグランドスラム東京大会の両方を制して、昨年12月の時点でバクー世界選手権の代表に内定。以降は66kg級での調整出場となったヨーロッパオープン・プラハ(優勝)や、体重無差別に挑戦した全日本選手権(2回戦敗退)など、自身の階級外での戦いが続いていた。髙藤が60kg級で試合をするのは実に約8ヶ月ぶり。世界選手権前最後の実戦となる今大会で王者・髙藤がどのようなパフォーマンスを見せるのか、これがこの階級最大の注目ポイントだ。

髙藤最初の山場は準々決勝のヤニスラフ・ゲルチェフ(ブルガリア)戦。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.