PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘高がライバル天理高下して2年ぶりの優勝、大将同士の対決は斉藤立が中野寛太から再び「一本」・第92回金鷲旗高校柔道大会男子

(2018年7月24日)

※ eJudoメルマガ版7月24日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘高がライバル天理高下して2年ぶりの優勝、大将同士の対決は斉藤立が中野寛太から再び「一本」
第92回金鷲旗高校柔道大会男子
eJudo Photo
決勝、大将同士による最終戦で斉藤立が中野寛太に一本勝ち

配列順固定の抜き勝負形式で高校柔道日本一を争う第92回金鷲旗高校柔道大会は24日、マリンメッセ福岡(福岡市)で最終日の4回戦から決勝までの競技が行われ、国士舘高(東京)が優勝した。国士舘は2年ぶり10度目の金鷲旗大会制覇、これで3月の全国高校選手権に続く今季の高校三冠大会2つ目のタイトル獲得。

絶対の優勝候補と目されていた国士舘は第1シード配置。しかし先鋒林将太郎で全試合を賄った前日までとは様相がかなり変わり、この日は初戦(4回戦)の盛岡南高(岩手)戦で林がいきなり敗れる意外な出だし、次鋒安藤稀梧の4人抜きで挽回するも結局中堅藤永龍太郎まで出動して不戦2人で勝利。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.