PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

副将出動のエース素根輝が壮絶15勝0敗、母校南筑を連覇に導く・第92回金鷲旗高校柔道大会女子

(2018年7月23日)

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。
副将出動のエース素根輝が壮絶15勝0敗、母校南筑を連覇に導く
第92回金鷲旗高校柔道大会女子
eJudo Photo

オーダー順固定の五人制抜き勝負で高校柔道日本一を争う第92回金鷲旗高校柔道大会は23日、マリンメッセ福岡(福岡市)で第2日の女子5回戦から決勝までの競技が行われ、南筑高(福岡)が連覇を達成した。

南筑は今季の皇后盃王者、8月下旬のアジア大会で最重量級日本代表を務める副将・素根輝が大車輪の大活躍。2回戦の立命館宇治高(京都)戦で2試合(2勝)、4回戦の東海大静岡翔洋高(静岡)戦は1試合(1勝)、5回戦の藤枝順心高(静岡)戦では2試合(2勝)、準々決勝の創志学園高(岡山)戦では3試合(2勝1分け)と序盤からフル稼働でチームをベスト4に押し上げ、昨年決勝を争った夙川学院高(兵庫)との対戦を迎える。大会最大の山場と目されたこの準決勝は夙川学院の先鋒桑形萌花に3人抜きを許すが、ここで登場した素根が内股「一本」(桑形)、横四方固「一本」(金知秀)、「指導2」優勢(長谷川瑞紀)、袖釣込腰「一本」(吉峰芙母絵)、大内刈と横四方固の合技「一本」(新名寧々)と5人を抜いて逆転勝ち。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.