PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

絶対のエース素根輝を擁する南筑高が優勝候補筆頭、夙川学院高と帝京高が総合力で背中を追う・第92回金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2018年7月20日)

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。
絶対のエース素根輝を擁する南筑高が優勝候補筆頭、夙川学院高と帝京高が総合力で背中を追う
第92回金鷲旗高校柔道大会女子展望
eJudo Photo
今大会は「超一強」素根輝の存在がドラマの軸

文責:林さとる/eJudo編集部

大会ごとに大きくレギュレーションが異なる女子の「高校三冠」。そのなかでもっとも過酷なのがこの金鷲旗大会だ。日本列島を襲っている猛暑の影響もあり、今年は例年以上に過酷な戦いとなることが予想される。

金鷲旗は三冠のなかで唯一の五人制、かつ抜き試合、しかもオーダー順固定という特殊で行われる大会であり、他の2大会で優勝したチームが必ずしも有利とは限らない。チームの平均サイズやスタミナなど勝敗を左右する要素は数多くあるものの、なんといっても重要なのは「総合力の高さ」と「絶対的なエースの保有」の2つである。昨年度大会、阿部詩を筆頭に全国上位クラスの選手を5人並べた夙川学院高(兵庫)と、素根輝という絶対的な個を擁する南筑高(福岡)が争い、素根の5人抜きという壮絶な結末を迎えた決勝の激戦はこの2つのポリシーがぶつかりあった、金鷲旗大会の性格をこの上なく端的に示した一番であった。

例年にない混戦が予想された今年度の大会だが、アジア競技大会に集中するために欠場すると思われていた素根が参戦することが判明して様相がまさしく一変。絶対の大駒である素根を擁する南筑高に、それ以外のチームが挑むという構図ができあがった。

素根の出場という一事を以て絶対的な優勝候補に躍り出た南筑高の配置はプールD左側の山。同校は今年度成績を残せていないことからシード校から漏れてしまい、初戦でいきなり立命館宇治高(京都)、2回戦で修徳高(東京)、3回戦で東海大静岡翔洋高(静岡)、そしてパート決勝で富士学苑高(山梨)と全試合で強豪校との対戦が予想される、控えめに言っても全チームのなかでもっとも過酷な位置に置かれてしまった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.