PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

斉藤立擁する国士館高が絶対の優勝候補、対抗馬は中野寛太がエース務める天理高・第92回金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2018年7月20日)

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。
斉藤立擁する国士館高が絶対の優勝候補、対抗馬は中野寛太がエース務める天理高
第92回金鷲旗高校柔道大会男子展望
eJudo Photo
高校選手権を制し、この金鷲旗で今期2タイトル目の獲得を目指す国士舘高

文責:古田英毅

高校生の夏、いよいよ開幕。五人制抜き試合かつ選手配列固定、そして勝負がつかない場合は大将同士がそのまま延長戦を戦うという過酷なレギュレーションで行われる「地獄の金鷲旗」こと、第92回金鷲旗高校柔道大会が20日から、マリンメッセ福岡(福岡市)で行われる。

抜き試合、そして最後は大将同士が戦い続けるというこの大会にあっては絶対のエースの存在が勝利の第一条件。この観点からそのまま、優勝候補が導き出されると言って良い。

男子の優勝候補筆頭は3月の全国高校選手権を制した国士舘高(東京)。超高校級の2年生エース・斉藤立を大将に据えたその時点で、優勝候補という呼称には「絶対の」という接頭辞が冠せられる。周辺戦力も安定感のある酒井陸と道下新大に長谷川碧、これに良い意味での意外性を盛った藤永龍太郎、爆発力のある安藤稀梧に、東京都個人100㎏超級で2位に食い込み急成長中の林将太郎とキャラクターの凹凸あれど高いラインで充実。「斉藤に頼り過ぎず、かつ勢いをつける選手の出現が欲しい」との岩渕公一監督の発言を逆に見れば、周辺戦力が斉藤の存在を意識して仕事を後に回すことで悪い流れが出来上がる、というシナリオが唯一の隙。スターティングは先鋒から林、安藤、藤永、道下、斉藤で、後半投入のために取り置く駒が長谷川と酒井。まずは林がどこまで頑張れるかが大会最初の分岐点。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.