PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

斉藤立擁する国士館高が絶対の優勝候補、対抗馬は中野寛太がエース務める天理高・第92回金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2018年7月20日)

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。
斉藤立擁する国士館高が絶対の優勝候補、対抗馬は中野寛太がエース務める天理高
第92回金鷲旗高校柔道大会男子展望
eJudo Photo
昨年度大会の開会式。昨年は男女合わせて490チームが参加した巨大大会だ。

文責:古田英毅

高校生の夏、いよいよ開幕。五人制抜き試合かつ選手配列固定、そして勝負がつかない場合は大将同士がそのまま延長戦を戦うという過酷なレギュレーションで行われる「地獄の金鷲旗」こと、第92回金鷲旗高校柔道大会が20日から、マリンメッセ福岡(福岡市)で行われる。

抜き試合、そして最後は大将同士が戦い続けるというこの大会にあっては絶対のエースの存在が勝利の第一条件。この観点からそのまま、優勝候補が導き出されると言って良い。

eJudo Photo
高校選手権を制し、この金鷲旗で今期2タイトル目の獲得を目指す国士舘高

男子の優勝候補筆頭は3月の全国高校選手権を制した国士舘高(東京)。超高校級の2年生エース・斉藤立を大将に据えたその時点で、優勝候補という呼称には「絶対の」という接頭辞が冠せられる。周辺戦力も安定感のある酒井陸と道下新大に長谷川碧、これに良い意味での意外性を盛った藤永龍太郎、爆発力のある安藤稀梧に、東京都個人100㎏超級で2位に食い込み急成長中の林将太郎とキャラクターの凹凸あれど高いラインで充実。「斉藤に頼り過ぎず、かつ勢いをつける選手の出現が欲しい」との岩渕公一監督の発言を逆に見れば、周辺戦力が斉藤の存在を意識して仕事を後に回すことで悪い流れが出来上がる、というシナリオが唯一の隙。スターティングは先鋒から林、安藤、藤永、道下、斉藤で、後半投入のために取り置く駒が長谷川と酒井。まずは林がどこまで頑張れるかが大会最初の分岐点。

eJudo Photo
高校選手権で準優勝、古豪復活を果たした天理高

対抗馬の第一は古豪・天理高、エースは昨年度インターハイ100kg超級を制して3月の高校選手権無差別も優勝、4月には高校生にして全日本選手権の畳を踏むという偉業を成し遂げたばかりの中野寛太。高校選手権では団体戦で斉藤立に一本負けを喫したものの、個人戦決勝では今代もう1人の全日本選手権出場者村尾三四郎に完勝している。「斉藤は高校生相手なら全勝、中野は斉藤以外なら誰にも負けない」というのが今季のエースの勢力図と言ってしまって良いだろう。同校は一昨年に監督に就任した齋藤涼監督が標榜する「考える柔道」のもと躍進中、植岡虎太郎をはじめ中野の周囲を固める戦力は中量級から軽重量級の選手が中心だが、全員がしぶとく、かつ入れ替わりに成長株が出現してチーム全体に勢いがある。春からは一段レベルが上がっていると考えるべきで、少なくとも抜き試合レギュレーションにおける国士館の対抗馬はこのチーム以外に考えられない。

eJudo Photo
昨年度高校三冠を達成した桐蔭学園高。新戦力として全国中学校大会最重量級の王者・中野智博が加わった。

昨年高校三冠を達成したメンバーからレギュラー3枚が残った桐蔭学園高はこの2校の争いの中に割って入って「三強」を形成してきたが、今期は苦しい戦い。2月の錬成大会で2階級上の相手の反則攻撃で肘を負傷した賀持喜道が、その後靭帯断裂の重傷であることが判明。4月に再建手術を受けて戦線離脱、今夏の出場がなくなってしまった。前述昨年のインターハイ90kg級の覇者・村尾三四郎とこの代の全国中学校大会最重量級の王者である千野根有我という超高校級2枚を擁するが、周辺戦力の薄さゆえ勝ち上がりの過程で相当の消耗が予想される。高校選手権で人が変わったようなファイターぶりで奮闘した高山康太と、急成長中の1年生・中野智博らに期待、村尾にどれだけの体力が残せるかが打倒天理、そして決勝進出の鍵。スターティングは先鋒が66kg級の奥田、次鋒が73kg級の竹裕駿、以降が中野、千野根で、補欠取り置きが高山と安藤。まずは軽量2名、そして3日目から投入されるであろう高山と安藤の活躍に期待したいところ。

「三強」、より深度を上げて語れば「2校+1」、さらに突っ込んで言えば「国士舘-天理-桐蔭学園」という序列の中にあるこの3チームが今大会の主役。国士舘に迫るのは天理、天理と戦いうるのは桐蔭学園、そして「三強」のうち、他校の手の届き得る射程距離内にあるのが桐蔭学園というのが今大会大枠の構図だ。

高校選手権では組み合わせの利もあり、東海大相模高(神奈川)が残り1枠に滑り込む形でベスト4入りしたが、このクラスタの有力チームとしてはまず木更津総合高(千葉)と崇徳高(広島)、さらに大牟田高(福岡)、福岡大大濠高(福岡)、大成高(愛知)を挙げておきたい。

木更津総合高は変則レギュレーション(前衛3枚が73kg級、後衛2枚が無差別の点取り試合)の関東高校大会を制して意気揚がる強豪。81kg級の強者坂東虎之輔と最重量級の浅野史恩以外は中核ほぼ73kg級以下という軽量チームだが、練度の高さと向こうっ気の強さは比類なし。どちらかというと点取り制に向いているチームであるが、上記挙げた6チームの中ではもっとも可能性を感じさせるチームだ。

崇徳高の潜在力もかなりのもの。高校選手権では個々の成長が一段間に合わなかった印象があったが、中堅登録の福永夏生、大将の八木郁実、補欠に取り置いている篠原泰斗が順調に成長していればベスト4級の力があるはず。

大牟田高は秋の九州新人戦、そして6月の全九州大会を圧勝で制した強豪だが、県予選では福岡大大濠の後塵を拝して高校選手権、インターハイとも本戦進出ならず。悔しさを地元の大舞台にぶつける。大物と評判高い森健心はやや停滞の感ありだが、高校選手権81kg級を制した竹市大祐のがこれを補ってあまりある活躍。福岡大大濠はこれも今代きっての資質ありとスカウトの注目を集める中西一生が100kg級にサイズアップ、一段取り味を増して高校選手権に続くべスト8入りを目指す。大成は3年生代のマルちゃん杯全日本少年柔道大会中学の部の覇者、絶対のエースがおらず抜き試合レギュレーションでは苦戦必至だが、インターハイ予選以降の戦いぶりは相当に逞しい。

東海大相模は榎田大人と大村康太の100kg級コンビがチームの軸。スタイル的な尖りがある選手は担ぎ技の利く榎田のみで、どちらかというと全戦線に相応以上の戦力を配置して勝ち切ろうという総合力型のチーム。たとえばベスト8チームと「総当たり」を行った場合に絶対といえるほどの戦力はないが、今回も組み合わせには恵まれた感。ベスト4は十分手に届くところにある。

他にも魅力ある強豪チームは多士済々であるが、巨大大会ゆえこれ以上の言及には大幅な字数が要る。以降は各パートの様相と、準々決勝以降の展望を簡単に書き連ねてみたい。

【Aパート】
シード校:国士館高(東京)、東海大札幌高(北海道)
有力校:育英高(兵庫)、東海大福岡高(福岡)、愛知桜丘高(愛知)

優勝候補の大本命・国士舘高(東京)の山。序盤戦はおそらく問題なし、5回戦で、近畿ブロック新人戦2位の育英高(兵庫)と東海大福岡高(福岡)の勝者との試合があり、このあたりからがチームの出来が測られるところ。逆側の山は東海大札幌高(北海道)と大石由を擁する愛知桜丘高(愛知)による4回戦が山場。いずれ、国士舘高の勝ち上がりを揺らすことは難しいかと思われる。国士舘が東海大札幌の骨が太い陣容をどのような形で抜き切るか、はたまた大石をどう捌くかがみどころ。

【Bパート】
シード校:崇徳高(広島)、長崎日大高(長崎)
有力校:東海大仰星高(大阪)

崇徳高(広島)の側に山場あり。5回戦で東海大仰星高(大阪)とのマッチアップが予想され、これがパート勝ち上がりにおける最大の山場。体格差に関係なく相当の取り味を発揮する73kg級の強者内村秀資を崇徳の陣容がどう扱うかがみどころ。勝者がそのまま6回戦(パートファイナル)を勝ち抜き、ベスト8入りを果たすと見る。最有力は崇徳という観察は変わらず。逆側の山は昨年ベスト4の成績から長崎日大高(長崎)がシードされたが、九州枠が考慮されたか上位進出を計算すべき強豪の影は薄い。

【Cパート】
シード校:東海大相模高(神奈川)、福井工大福井高(福井)
有力校:新田高(愛媛)、田村高(福島)、日体大荏原高(東京)、四日市中央工高(三重)、東海大静岡翔洋高(静岡)

東海大相模高(神奈川)の山に新田高(愛媛)と東北総体Vの田村高(福島)、福井工大福井高(福井)の側に日体大荏原高(東京)、さらに四日市中央工高(三重)が詰め込まれたなかなかみどころの多いブロック。日体大荏原と四日市中央工の一番は2回戦で組まれており、これは大会全体を通した初日の最注目カード。パート勝ち抜けは東海大相模が最有力、これを打倒する可能性があるとすれば日体大荏原と考える。

【Dパート】
シード校:福岡大大濠高(福岡)、秋田工高(秋田)
有力校:修徳高(東京)、習志野高(千葉)、柳ヶ浦高(大分)

高校選手権ベスト8の福岡大大濠高(福岡)の山。抜き試合レギュレーションの東北ブロック新人戦王者である秋田工高(秋田)がシードピックアップを受けた。
福岡大大濠高の山場は修徳高(東京)と戦う5回戦で、これはかなり揉めそうなカード。重量級の大物小嶋洸成に戦いぶり鋭い岡田直樹を擁し、東京都予選ではリーグ戦で第2代表の足立学園を破った実績もある。

逆側の山は小兵チームながら練度の高い選手を揃えた習志野高(千葉)の勝ち上がりを推したい。福岡大大濠の総体戦力は高校選手権ベスト8という成績に比すれば決して高くないが、中西一生という強者1枚の保有を根拠に同校の勝ち上がりを推す。

【Eパート】
シード校:天理高(奈良)、埼玉栄高(埼玉)
有力校:足立学園高(東京)

天理高(奈良)と足立学園高(東京)が早くも戦う4回戦が最大の山場。足立学園は3回戦で定時制大会で無敵を誇る飾磨工高(兵庫)との対戦があり、小兵ながら手練れ揃いの足立学園がどうこの挑戦を捌くかは見もの。

天理-足立学園戦は、全員がしぶとく、かつ体格に似合わぬ一発を持つ足立学園と、天理の中野寛太以外の戦力がどう戦うかがみもの。天理はおそらくここからフルメンバーの投入を余儀なくされるはずだが、足立学園は押領司龍星が絶好調、軽量級にも取り味のある選手を揃えて普通に考えれば無傷では済まないはず。天理の周辺戦力の具体的な「取り味」と耐久能力は大旗の行方を直接左右する大会最重要要素。見逃せない一番だ。

逆側の山のシード校・埼玉栄は神港学園高(兵庫)との2回戦、東海大甲府高(山梨)との4回戦とタフな対戦が続く。パート勝ち上がりは天理を推す。

【Fパート】
シード校:木更津総合高(千葉)、沖縄尚学高(沖縄)
有力校:京都学園高(京都)、加藤学園高(静岡)、延岡学園高(宮崎)

組み合わせ次第ではじゅうぶんベスト4を狙える実力を持つ木更津総合高(千葉)が勝ち上がり濃厚。逆側の山は沖縄尚学高(沖縄)と延岡学園高(宮崎)が4回戦でぶつかって、おそらくそのままパート決勝に進むであろう九州枠配慮ブロック。結果としては木更津総合と今季も非常にしぶとい京都学園高(京都)が戦う4回戦を第1の山場に、木更津総合の勝ち上がりを予想する。

【Gパート】
シード校:桐蔭学園高(神奈川)、作陽高(岡山)
有力校:普成高(韓国)、白鴎大足利高(栃木)、安田学園高(東京)

桐蔭学園高(神奈川)の山。5回戦に普成高(韓国)との対戦が予想され、これが最初の山場となるはず。普成の戦力は定かではないが、パワーで押す、あるいは切って粘る、といった韓国柔道の定型スタイルは現在の桐蔭学園の布陣にはかなり厄介。周辺戦力がパワーで押され、主力が粘られるという悪い噛み合わせも十分予想される。普成は2回戦で大阪星光学院高(大阪)との対戦があり、ここで技が切れるスタイルの81kg級の強者杉村晃希との戦いがあるはず。これでチームのキャラクターを見極めておきたい。

5回戦ではシードレベルの実力を持つ白鴎大足利高(栃木)との対戦が待ち受ける。白鴎大足利の戦力はかなりのものだが選手個々のタイプと戦い方が類型的で、アップセットに至るまでの爆発力には欠ける。周辺戦力が削られるところまでは間違いなさそうだが、最終的には桐蔭学園が主力の得点力をベースに押し切ることとなりそう。

逆側の山はシード校作陽高(岡山)と、3年生世代の全国中学校大会の覇者・安田学園高(東京)が早くも戦う4回戦が山場。サイズと練れた方法論で相手の柔道を塗りつぶす作陽、戦術的なケレン味のなさという弱点を抱えるが取り味は十分の安田学園、この好カードの勝者がそのまま6回戦(パートファイナル)での桐蔭学園への挑戦権を得ることになりそう。5回戦進出を争うもう1つの山は強豪がおらず、春に続いて采配ミスで県予選を落とした実力校・佐賀工高(佐賀)に4回戦突破のチャンスあり。

【Hパート】
シード校:大成高(愛知)、大牟田高(福岡)

東海総体王者の大成高(愛知)と全九州大会を圧勝で制した大牟田高(福岡)、ともにシードの栄を受けたブロック王者2校によるパートファイナルが唯一最大の山場。大成の側に千葉経大附高(千葉)、北海高(北海道)、横浜高(神奈川)とそれぞれ核を持った所属地区での強豪が配されたが、勝ち上がりを揺らすまでには当たらない。

大成-大牟田は様相読みがたし、間違いなくパートファイナル中もっとも熱いカードだ。大成は重量級の瀬戸裕太朗の取り味がアップ、さらに今季田中翔太と藤鷹裕大が好調の模様だが、竹市大祐に森健心と手駒が嵌ったときの大牟田の得点力も相当なもの。どちらが勝ってもまったくおかしくないが、ここは地元の利を買って大牟田を推しておく。

eJudo Photo
全国高校選手権個人無差別決勝、中野寛太が村尾三四郎から大内返「一本」。翌日の団体戦準決勝での再戦は引き分けだった。

eJudo Photo
全国高校選手権男子団体決勝、斉藤立が中野寛太から体落「一本」

【準々決勝~決勝】

以上から、ベスト8の顔合わせは
国士舘高(東京) - 崇徳高(広島)
東海大相模高(神奈川) - 福岡大大濠高(福岡)
天理高(奈良) - 木更津総合高(千葉)
桐蔭学園高(神奈川) - 大牟田高(福岡)
と考える。

いずれも極めてタフなカードだが、絶対の大駒保有の有無から、国士舘と天理の2校は順当に勝ち上がるかと思われる。桐蔭学園も副将千野根有我までは削られそうだが、最終的には村尾三四郎の出動で勝ち上がるものと考えておくのが妥当。東海大相模はこの段階ではかなり苦しいところ、他3校との戦いであればここで落ちる可能性も高いが、中西にターゲットを絞って戦える福岡大大濠との対戦は決して分が悪くない。ベスト4は高校選手権と同じ陣容の国士舘、東海大相模、天理、桐蔭学園と予想する。

第1試合はおそらくこの段階から安定感ある駒を投入し、かつ消耗少なく勝ち上がってくるであろう国士舘を相手に、選手のタイプに尖りが少ない今季の東海大相模が具体的に得点を挙げるのはかなり難しい。国士舘が順当に決勝進出、観察すべきは斉藤以外の4枚がどこまできちんと仕事を果たせるかというその「中身」ということになるだろう。逆側の山は大会屈指の大一番であるが、周辺戦力の厚さと今季これまでの大駒同士の対戦の来歴から、天理が桐蔭学園を凌ぐと観察しておくことが妥当。決勝は高校選手権の再現、国士舘-天理と考えたい。

双方、チームの売りは大将に座るエース1枚の絶対的な強さ。国士舘は斉藤立、天理は昨年のインターハイ100kg超級と3月の高校選手権個人無差別を制した中野寛太とそれぞれ超高校級のエースを大将に据えている。最後は両者が雌雄を決するしかないわけだが、ここにおいて、高校選手権団体戦の決勝で斉藤が体落「一本」でまさしく完勝していることの意味は非常に大きい。普通に考えれば国士館の優勝はもはや既定路線とすら言って良いはず。

タイの状況であれば斉藤の絶対的優位が予想される中、勝敗の焦点はむしろ前段の戦いにある。具体的には天理が果たしてリードを持って、最悪でもタイの状況で斉藤を引っ張り出すというミッションを達成できるかどうかだ。純競技力な絶対値の勝負ではなく、疲労を誘い、かつ昨年はメンタルに揺れを見せることもあった斉藤に「失敗出来ない」状況を何試合、計何分間強いることが出来るか。天理にチャンスがあるとすればこれしかない。

と書き連ねて来たが、純戦力比較だけでは勝敗が語れないところが団体戦のビッグゲームの、そして高校生の試合の面白さ。短い期間で驚くような成長あり、大会期間中のチームの変質あり、メンタルの揺れによる加速も自滅も十分あり。今年も本稿の予想を超える、素晴らしい試合に期待したい。

■ 男子大会日程
21日(土) 17:00~ 開会式
22日(日) 8:00~ 1回戦~2回戦
23日(月) 8:00~ 2回戦~3回戦
24日(火) 8:00~ 4回戦~決勝、閉会式

※ eJudoメルマガ版7月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.