PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「厳しい戦いは覚悟の上。インターハイに向けてまず準決勝でリベンジしたい」第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー③桐蔭学園高・高松正裕監督

(2018年7月19日)

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。
「厳しい戦いは覚悟の上。インターハイに向けてまず準決勝でリベンジしたい」
第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー③桐蔭学園高・高松正裕監督
eJudo Photo
桐蔭学園高・高松正裕監督

―今シーズンは賀持喜道選手を怪我で欠くことになってしまい、緊張感ある戦いが続いているかと思います。神奈川県予選終了後、エースの村尾三四郎選手をはじめ、チームの状態はいかがですか?

村尾は、神奈川県予選のあと、全日本の合宿で肋軟骨を痛めてしまったんです。肋軟骨は痛みが長引くのでなかなか厄介。怪我をしたのが1か月くらい前で、柔道衣を着たのがようやく7月になってから。学校の試験もありましたし、体力が落ちてあまり良い動きが出来なかった。先週くらいからようやく上がってきて、今は凄く良い状態ですね。賀持は肘を手術してこの夏は出場出来ませんが、中野(智博)、安藤(健志)、千野根(有我)は、しっかり自分の力が出せる状態です。高山(康太)が浮き沈みが激しいのが課題ですね。1日の稽古の中でも、日によってもだいぶ変わってしまう。

―何かスイッチがあるんでしょうか?

自分で「ここで限界」と決めてしまって、そこを過ぎると急に元気がなくなる感じですね。金鷲旗は物凄くきつい大会ですから、そういう、お互いが疲れている状態で戦うことが当たり前になる。そこを戦い抜けるかどうかが大事なので、この点まだまだ。これは金鷲旗を戦う上で外せないので、全体でこの「波の激しさ」については話をしています。さきほど名前を挙げた中野や安藤は、自分のベストを出せる状態にあると思います。勝ち負けはともかくこれが「いい状態」ということですので。

―神奈川県予選時には全国大会までの上積みとして、中野選手の体力アップを挙げていました。その後いかがですか?また、今代常にキーマンに挙げて来た千野根選手については?

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.