PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「金鷲旗はまだ勝っていない、初優勝を目指します」第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー②天理高・齋藤涼監督

(2018年7月19日)

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。
「金鷲旗はまだ勝っていない、初優勝を目指します」
第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー②天理高・齋藤涼監督
eJudo Photo
天理高・齋藤涼監督

―高校選手権準優勝後、ここまではどんな稽古を積んできましたか?

春の選手権で悔しい思いをして、なんとか夏に勝ちたいと稽古の「質」の部分をさらに高めてやってきました。4月から5月は寝技の部分をしっかり強化することを課題に、ここ1か月くらいは暑さもあるので、短い練習の中でしっかり質の高い稽古をすることを心掛けています。

―エースの中野寛太選手はいかがですか?

一段と逞しくなりました。全日本選手権という大舞台を踏んで「足りない部分があるな」と感じたのだと思いますが、強くなりたいという思いがこれまで以上に出て来たと感じます。

―具体的には?

軸になる技である大外刈、内股と足技は当然いままで通りにしっかり取り組んでいますが、担ぎ技や奇襲技も練習して枠をどんどん広げています。高校生では稽古相手もなかなかいないので、自分の中で課題を作って、考えて、試して、出来ることを増やしていますね。

―昨年インターハイで優勝したときも、中学時代のイメージと比べて出来る技がかなり増えているなと感じました。これはなんらか示唆があったのでしょうか?

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.