PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「斉藤立を抱える意味は重い、今年は優勝するのが責任」第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2018年7月19日)

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。
「斉藤立を抱える意味は重い、今年は優勝するのが責任」
第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督
eJudo Photo
国士舘高・岩渕公一監督

―東京都予選から1か月経ち、いよいよ本番が近づいています。チームの状態はいかがですか?

例年この時期は怪我人がいたりしてなかなかベストの状態で戦えないということが多いのですが、今年は主力に大きい怪我がほとんどありません。1人、酒井陸がインターハイ予選の途中、決勝リーグの初戦で肩を亜脱臼してしまったというのがありますが、いまはある程度やっています。だいたい順調とは言えるんじゃないでしょうか。今は、全体、相当、かなり上げて稽古を積んでいます。

―予選が終わったところで、体力的な面、戦術面、そして層の厚さとかなり課題を挙げていました。

道下(新大)や長谷川(碧)がまだまだ下手なところを見せてしまいましたからね。その後、トクと言って、やらせてきたつもりではあります。体力的なところでは、私自身としては、これまでの経験から、まだ本当に一杯一杯にまで追い込んでいるという感覚ではない。彼らはかなり詰めているつもりだと思いますが、7割、8割というところですね。

―エースの斉藤立選手は別格として、直近、上がり目の選手を挙げてください。

ジュニア(※7/8東京都ジュニア選手権)を見た限り、藤永(龍太郎)と道下が良くなってきていますね。藤永は相四つがあまり得意ではなかったのですが、相四つ相手にポンと掛かる技が使えるようになってきたし、彼は寝技で取れる確率が一番高いんです。実際にどうすれば取れるのか、「コツ」を覚えましたね。道下は体重を増やせ、力をつけろと言い続けて来て、課題だった組み手が良くなって安定感が増した。安定感というところでは、長谷川も非常に良くなっています。

―予選終了時「層の厚さ」を話されるときに、新戦力として個人戦でインターハイ予選100kg超級2位の林将太郎選手の名前を挙げていました。

ちょっと怪我をしていて、ジュニアでは力を出し切れないところがありました。試合の流れ次第ですが、どこまで戦ってくれるか。去年はベスト8まで先鋒がやり切りましたから、こうなると後ろの戦いが全然違うんです。

―斉藤立選手はいかがですか?

ここに来てちょっと疲れが出て来ていますね。試合も続いているし、体重があるのに彼は連続技が出来るからどうしても膝にかなり負担が掛かるんですね。ただ、今日まではしっかり「上げる」稽古をします。あとはマッサージをしたり、休ませたりを入れながら、本番に向けて調整ですね。

―常々課題に挙げている寝技については?

まだまだです。本気で寝技で取ろうという気持ちが足りない。どこか「立って投げればいいや」と思ってしまうんですね。上手くなっているし練習では良いのですが、本番のここぞというところで出せるかどうかが課題です。それが出来て本物ですから。

―優勝へのカギは?

いつも言っていますが、チームが斉藤立に頼らずに戦えるかどうか。春の選手権の安藤(稀梧)のような活躍をする選手に出て来てもらいたいですね。

―安藤選手はもちろんと思いますが、やってくれそうな気配のある選手を挙げるとすれば?

これは試合が始まってみないとなんとも言えません。ただ、ある程度、藤永が活躍してくれればいいなとは思っています。そして、補欠スタートの長谷川と酒井がいきなり試合に出てどれだけやれるかも大きなカギですね。引き分けるとしても、攻めて攻めて、流れを作ってくれるような試合をしてもらいたい。金鷲旗は襷を繋ぐこと、流れを作ることが本当に大事。「一本」を取ったら次の試合は負けない、相手に勢いをつけさせないことが最重要。どんなにへばっても、くたびれても、最後まで攻めまくって欲しい。きつい時にこの意識を持ち続けられるかどうかですね。それが優勝に繋がる。

―昨年はインターハイで桐蔭学園の「三冠」達成を目の当たりにして「俺も本気になった」との言葉がありましたが、いよいよ「本気」の夏がやってきます。

今年は獲らないとダメでしょう。責任として、獲らなきゃダメです。

―おお!それは、去年他のチームに「三冠」を許したからですか?それとも斉藤立選手という大駒がいるからですか?

両方ですよね。そしてなにより、斉藤立がいて既に1点あるわけですからこれは勝たないとダメです。「斉藤で1点ある」はあくまで回りが言っていることで、当事者は本当に大変なんですが、ここは敢えてこう言っておきたいと思います。斉藤で1点あるんだから、責任として今年は優勝します。

―ありがとうございました!


※インタビューは7月19日に行われました。

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.