PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「斉藤立を抱える意味は重い、今年は優勝するのが責任」第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督

(2018年7月19日)

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。
「斉藤立を抱える意味は重い、今年は優勝するのが責任」
第92回金鷲旗高校柔道大会男子有力校インタビュー①国士舘高・岩渕公一監督
eJudo Photo
国士舘高・岩渕公一監督

―東京都予選から1か月経ち、いよいよ本番が近づいています。チームの状態はいかがですか?

例年この時期は怪我人がいたりしてなかなかベストの状態で戦えないということが多いのですが、今年は主力に大きい怪我がほとんどありません。1人、酒井陸がインターハイ予選の途中、決勝リーグの初戦で肩を亜脱臼してしまったというのがありますが、いまはある程度やっています。だいたい順調とは言えるんじゃないでしょうか。今は、全体、相当、かなり上げて稽古を積んでいます。

―予選が終わったところで、体力的な面、戦術面、そして層の厚さとかなり課題を挙げていました。

道下(新大)や長谷川(碧)がまだまだ下手なところを見せてしまいましたからね。その後、トクと言って、やらせてきたつもりではあります。体力的なところでは、私自身としては、これまでの経験から、まだ本当に一杯一杯にまで追い込んでいるという感覚ではない。彼らはかなり詰めているつもりだと思いますが、7割、8割というところですね。

―エースの斉藤立選手は別格として、直近、上がり目の選手を挙げてください。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版7月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.