PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第57回

(2018年7月16日)

※ eJudoメルマガ版7月16日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第57回
梅には梅の季節、桜には桜の季節があるごとく、その人の花咲く時節にも早晩の差があるのは疑いないが、自ら勤めて倦みさえしなかったならば、いつかは大いに英発することの必ずあるものである。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「賦性と修養」 『青年修養訓』  明治43年12月 (『嘉納治五郎大系』7巻181頁)

柔道修行者にとってもっとも辛く、やりがいのある暑い季節になりました。

読者の中には暑中稽古に参加しているかたもいらっしゃるでしょう。暑中稽古に限らず、柔道の修行は辛く苦しい場面が多くあります。そういった修行の成果が、目に見える形ですぐにあらわれれば良いのですが、そういかないのは皆様ご存じの通りです。
そのため、途中で修行や努力を止めたくなることもあるでしょう。特に他の人には成果が出たのに、自分に出なかったりすると・・・。

<時期は違っても、努力を続ければ、その成果は必ず出る>師範は花の咲く時期を例えにして、そう主張します。

努力が必ずしも成果が繋がるとは限らない、そういった考え方もあるでしょう。ですが、成果を信じなければ、努力は続けられません。結果が出る時期に違いはあっても、努力を続ければ、その結果が出ることが「必ずあるものである」とする師範のこの言葉には、人の努力を肯定し、支えようとする優しい気持ちを感じることができます。
 
さて、今回の言葉は修行する側に向けて発信されたものです。ですが、筆者はそれを見守る、指導者にも、是非考えていただきたい言葉だと思います。

同じことを同じ方法を教えても、その成果のあらわれ方は、例えそれがどんなに優れた内容であっても、人それぞれです。季節が違う花を同時に咲かせようとしても、それは土台無理な話です。
花が咲く時期は、人それぞれ。そう思うだけで、見えてくるものや考え方が変わってくるのではないでしょうか。
 
今回のひとこと、実は講道館柔道についてではなく、人生全般について説いたものです。

花の咲く時期を例えとし、人の個性と努力のすばらしさを認めた、とても良い言葉だと思うのですが、皆様はいかがでしょうか。
 

※読みやすさを考慮して引用は『嘉納治五郎大系』から行っています。

著者:元 敏季(ハジメ・トシキ)
1975年生まれ。柔道は中学校から始め、大学までは競技を中心に行うが、卒業論文を機に柔道の文化的側面に関心を持ち、大学院へ進学。凡そ10年、大学院・研究機関に所属するも、研究とは異なる分野の仕事に就き現在に至る。ライフワークとして嘉納治五郎に関する史料を蒐集・研究し、その成果を柔道振興のため発信しようとしている。

※ eJudoメルマガ版7月16日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.