PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第56回

(2018年6月25日)

※ eJudoメルマガ版6月25日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第56回
何人(なんびと)に対してもその長所を長所をと求め捜して、益を請い教えを受くべきである。
eJudo Photo
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「師に対する心得」
 『青年修養訓』 35号 明治43年12月 (『嘉納治五郎大系』7巻285頁)


今で言う「教員養成系大学」であった「師範学校」。その総本山とも言えるのが、東京高等師範学校でした。その校長を長年務めた嘉納師範は、その立場から、教員の在り方について多くの記述を残しています。

その一方で、数は多くありませんが、教えを受ける側の在り方についても、述べています。今回は、そのような教えを受ける側の「師に対する心得」からの一節です。

最初は素直に人の言うことを聞いていたのが、段々、素直に受け容れなくなることがあります。成長するにつれて、自分の考えを持てば、人の話に疑問を持つのは自然なことでしょう。そういったことから、先生に対して、自分の考えをぶつけて、打ち負かそうとするようなことも出てきます。これを<自分の疑問を明らかにしようと努力すること>と表面上は似ているが、大きく違うというのが師範の考えです。疑問点を解決しようとする態度には肯定的な師範ですが、挑戦的な態度は戒めています。

生じた疑問を解決しようとした結果、実は先生の方が間違っていたということもあるでしょう。<何だよ!先生のくせに!!>なんて、思ったりするかもしれません。特に生意気盛りなときはそうでしょう。皆さんも身に覚えがありませんか?
しかし、そういった一部の非をもって全体を責めることを、師範は著しい損失としています。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.