PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]東海大が3連覇、決勝は筑波大を代表戦で破る・平成30年度全日本学生柔道優勝大会

(2018年6月24日)

※ eJudoメルマガ版6月24日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]東海大が3連覇、決勝は筑波大を代表戦で破る
平成30年度全日本学生柔道優勝大会
eJudo Photo
決勝、スコア1-1で迎えた代表戦で太田彪雅が筑波大・佐々木健志から大外刈「一本」

団体戦で学生柔道日本一を争う平成30年度全日本学生柔道優勝大会(男子67回、女子27回)は23日、最終日の男子(7人制)決勝までの競技が行われ、東海大が優勝した。東海大は3連覇、23回目の全日本学生優勝大会制覇。

有力校の実力が伯仲して上位対戦の接戦確実と目された今大会にあって、第1シードの東海大は比較的戦い易い山に配され、2回戦は星槎道都大を7-0、3回戦は桐蔭横浜大を4-0、準々決勝は山梨学院大を5-0、そして準決勝は3回戦で東海大のライバルと目された日本大を2-2の内容差で破って意気揚がる天理大を3-0と、4試合28戦を無失点で勝ち抜いて決勝に進出。

決勝では、準決勝で国士舘大に逆転勝利を収めて勢いに乗る筑波大とマッチアップ。3年前に連覇記録を止められた因縁の相手、そして自軍は準決勝まで山場のない圧勝続きという当時と似た状況に「嫌な感じがした」(上水研一朗監督)というこの決勝は、先鋒戦から引き分けが打ち続く緊張感ある展開。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版6月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.