PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]山梨学院大が5連覇、躍進の龍谷大と桐蔭横浜大を僅差で退ける・平成30年度全日本学生柔道優勝大会女子5人制

(2018年6月23日)

※ eJudoメルマガ版6月24日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]山梨学院大が5連覇、躍進の龍谷大と桐蔭横浜大を僅差で退ける
平成30年度全日本学生柔道優勝大会女子5人制
eJudo Photo
決勝、山梨学院大の中堅新添左季が米澤夏帆から浮腰「技有」

団体戦で学生柔道日本一を争う平成30年度全日本学生柔道優勝大会(男子67回、女子27回)が23日、日本武道館で開幕。初日は男子の1回戦までと、女子5人制と3人制の決勝までの競技が行われ、33チームが参加した女子5人制は山梨学院大が優勝した。山梨学院大は5連覇達成、通算9回目の優勝。

第1シードの山梨学院大は2回戦で鹿屋体育大を4-0、3回戦は大阪体育大を4-0、準々決勝は帝京科学大を3-0で下してベスト4入り。準決勝では、この日環太平洋大を1-0、帝京大を1-0でそれぞれ破って躍進した桐蔭横浜大を2-1で退けて決勝に進んだ。

決勝ではこれも上り調子の龍谷大と対戦。先鋒戦では大和久友佳が黒木七都美に小外刈「技有」で先行されたが、終盤大内刈「技有」を取り返して執念の引き分け。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.