PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

早稲田大が3連覇達成・平成30年度全日本学生柔道優勝大会女子3人制

(2018年6月23日)

※ eJudoメルマガ版6月23日掲載記事より転載・編集しています。
早稲田大が3連覇達成
平成30年度全日本学生柔道優勝大会女子3人制
eJudo Photo
決勝、早稲田大の中堅小野華菜恵が明治国際医療大・上田莉圭から小外刈「技有」

平成30年度全日本学生柔道優勝大会(男子67回、女子27回)は23日、日本武道館で開幕。初日は男子1回戦、女子5人制と3人制の決勝までの競技が行われ、30チームがエントリーした女子3人制は早稲田大が3連覇を達成した。

早稲田大は福岡教育大を2-0、慶應義塾大を1-0で下すと、準決勝からエース渡邊聖未を投入。渡邊とポイントゲッター小野華菜恵の一本勝ちで九州共立大を2-0で下すと、決勝は前戦で強豪創価大を下して勝ち上がって来た明治国際医療大と対戦。この試合は先鋒滝澤美咲が林美七海と引き分けると、中堅小野華菜恵は上田莉圭を相手に序盤小外刈で「技有」奪取、以後は担ぎ技の弾幕を張って相手を寄せ付けず優勢勝ちを果たす。

3連覇を掛けて畳に送り込まれた大将渡邊は三苫桃子とマッチアップ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.