PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

三井住友海上が2年ぶりの優勝、新井千鶴と舟久保遥香が全勝でチーム牽引・第68回全日本実業柔道団体対抗大会女子第一部即日レポート

(2018年6月9日)

※ eJudoメルマガ版6月9日掲載記事より転載・編集しています。
三井住友海上が2年ぶりの優勝、新井千鶴と舟久保遥香が全勝でチーム牽引
第68回全日本実業柔道団体対抗大会女子第一部即日レポート
eJudo Photo
開会式。会場の久留米アリーナはこの大会がこけら落としとなる。

第68回全日本実業柔道団体対抗大会は9日、2日にオープンしたばかりの久留米アリーナ(福岡県久留米市)のこけら落としイベントとして開幕。

初日の女子は最高峰カテゴリである第1部の競技が行われた。五人制体重別(57kg以下2名、70kg以下2名、無差別1名)で争われるこのカテゴリのみどころは、連覇を狙うコマツと2年ぶりの優勝を狙う三井住友海上という名門2チームによる鍔迫り合い。コマツは57kg級の芳田司に70kg級の大野陽子とレギュレーションに噛み合う2ポジションで世界選手権の第1代表を抱えており、さらにこの大会では階級落ちながら63kg級で世界選手権の優勝候補に挙がる田代未来を手札に持つ。

一方の三井住友海上には57kg枠に選抜体重別王者の玉置桃、70kg級枠には昨年度の世界選手権の覇者で今年も世界選手権代表の座を得た新井千鶴、さらに無差別枠には選抜体重別78kg級を圧倒的な内容で制した髙山莉加が鎮座。双方の抱えるメンバーは極めて強力、まさに日本一を争うにふさわしい陣容だ。

JR東日本、自衛隊体育学校を含めた4チームで行われるこのカテゴリの対戦方法は総当たりのリーグ戦方式。三巡ある対戦のうち、コマツと三井住友海上の対決は第二巡に組まれている。まずは立ち上がりの第一巡から順を追って、全試合の様子をお伝えしたい。



■第一巡

[第1試合]
三井住友海上火災保険 3-1 自衛隊体育学校
(先)舟久保遥香〇腕緘(3:05)△月野珠里

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.