PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

了徳寺学園が優勝、ウルフアロンは復帰戦を全勝で飾る・第68回全日本実業団体対抗大会男子第3部即日レポート

(2018年6月9日)

※ eJudoメルマガ版6月9日掲載記事より転載・編集しています。
了徳寺学園が優勝、ウルフアロンは復帰戦を全勝で飾る・第68回全日本実業団体対抗大会男子第3部即日レポート
eJudo Photo
優勝の了徳寺学園

第68回全日本実業柔道団体対抗大会は9日、久留米アリーナ(福岡県久留米市)で開幕。初日は2カテゴリの競技が行われ、50チームが参加した男子第3部は了徳寺学園が優勝した。

渡邉勇人、阪本健介ら錚々たるメンバーで臨んだ了徳寺学園だが、ひときわ注目を集めたのは負傷のため約6か月試合から遠ざかっていた(※2017年11月の全日本学生柔道体重別団体優勝大会以来)ウルフアロンの復帰。山田利彦監督が「70パーセントくらい」、本人が「10段階のうち、5段目」と評したとおりまだまだ本調子とはいかないようだったが、出場6試合をきちんと全勝で締め、順調な回復ぶりを見せていた。戦後は報道陣の求めに応じて、パワー、筋持久力、技術と的確な自己分析を披露。世界の頂点に上り詰めた最大の因である観察眼の確かさに、周囲は感じ入ることしきりだった。

決勝戦評、入賞者、山田利彦監督とウルフアロン選手のコメント、ウルフアロン選手の全試合結果、3回戦のスコアと準々決勝以降の対戦詳細は下記。

【決勝戦評】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.