PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

木更津総合高が圧勝V、北條嘉人ら「前3枚」が鉄壁の強さ披露・第66回関東高等学校柔道大会男子団体試合速報レポート

(2018年6月3日)

※ eJudoメルマガ版6月3日掲載記事より転載・編集しています。
木更津総合高が圧勝V、北條嘉人ら「前3枚」が鉄壁の強さ披露
第66回関東高等学校柔道大会男子団体試合速報レポート
第66回関東高等学校柔道大会が2日と3日の2日間(※開会式は1日)、東京武道館(東京都足立区)で開催され、伝統の体重別五人制レギュレーション(先鋒から中堅まで73kg以下、副将と大将無差別)で争われた男子団体試合は木更津総合高(千葉)が初優勝した。決勝は国士舘高(東京)を3-1で破った。

入賞者、監督のコメント、準々決勝以降の対戦詳細を含む大会レポートは下記。

■ 準決勝まで
eJudo Photo
準々決勝、木更津総合の次鋒井上泰司が白鴎大足利・加藤瑠から裏投「一本」

eJudo Photo
準々決勝、木更津総合の大将浅野史恩が宇賀神圭太を攻める

準決勝に進んだのは木更津総合高(千葉)、桐蔭学園高(神奈川)、国士舘高(東京)、足立学園高(東京)の4チーム。「四つ角」チームが3つ、そして代々このレギュレーションに強い足立学園と、ほぼ戦前の予想通りと言って良い顔ぶれである。

木更津総合は先鋒から唯野己哲、井上泰司、北條嘉人と前衛3枚に好選手を揃え、無差別枠も高校選手権81kg級2位の板東虎之輔と100kg超級の強者浅野史恩の2人を置くという骨の太い布陣、第1シードピックアップも頷ける強力メンバーだ。初戦から日体大荏原高(東京)という難敵との対戦だったが、唯野、井上、北條の3連勝であっという間に勝利決定。副将板東が内藤彪雅と引き分けたものの、浅野が藤原直生を開始40秒の払腰「一本」に仕留めてなんと4-1の大差でこの試合を突破。3回戦は常盤高(群馬)を全試合一本勝ち(先鋒戦の「指導3」による反則を含む)の5-0で圧勝、準々決勝はこちらも関東大会レギュレーションにメンバー構成が噛み合った強豪・白鴎大足利高と大接戦を演じることとなったが、1-1で迎えた大将戦で浅野が宇賀神圭太から3つの「指導」をもぎ取って勝利。この日一番の苦戦を乗り越え、最終スコア2-1でベスト4入り決定。

eJudo Photo
3回戦、桐蔭学園の副将高山康太が武南・中野広道から内股「技有」

eJudo Photo
準々決勝、大将千野根有我が修徳・岡田尚樹を内股「一本」に仕留めて桐蔭学園のベスト4入りが決定。

桐蔭学園のスターティングは先鋒から奥田訓平、竹裕駿、須永廉也、高山康太、安藤健志。昨年度インターハイ90kg級の覇者村尾三四郎は柔道衣を着ぬまま制服で帯同、賀持喜道は肘の手術を受けて離脱中、千野根有我は個人戦に集中してひとまず温存と、今代の目玉である超高校級3枚が1人もいない布陣で岩倉高(東京)と対峙した。この試合最大の山場と目された先鋒戦で奥田が東京都73kg級インターハイ代表の鈴村亜矢瀬に「技有」で勝利すると、以降は内容の凹凸あれども副将戦まで全勝。結果、スコア4-0でこの試合を突破することとなる。3回戦の武南高(埼玉)戦は2戦引き分けのあと中堅戦を「技有」優勢で落とす苦しい戦いも、副将高山が中野広道から合技「一本」で勝利し、大将安藤が引き分けてスコア1-1の辛勝で勝ち抜け。

勝ち上がり上最大の山場と目された準々決勝の修徳高(東京)戦は先鋒戦から2連勝も、中堅須永が高野当に大内刈「一本」で敗れ、副将高山も小嶋洸太に合技「一本」で完敗。しかし2-2のタイスコアで迎えた大将戦ではこの試合から投入された千野根有我が修徳のポイントゲッター岡田尚樹を僅か12秒の内股「一本」で一蹴。最終スコア3-2でベスト4進出決定。

eJudo Photo
3回戦、国士舘の副将斉藤立が東海大相模・山本銀河から大外刈「一本」

eJudo Photo
準々決勝、斉藤がつくば秀英の星野三郎から内股「一本」

全国高校選手権の覇者国士舘高は初戦から絶対のエース斉藤立を副将に入れてやる気十分。中堅に昨年度全国中学校柔道大会73kg級王者の1年生・津嘉山稔を起用したその布陣は先鋒から長友友樹、小田桐美生、津嘉山、斉藤、藤永龍太郎というもの。初戦の本庄高(埼玉)戦は津嘉山の引き分けを挟んで4-0で乗り越え、3回戦では強豪・東海大相模高(神奈川)とマッチアップ。

東海大相模は大黒柱の榎田大人と大村康太の重量級の強者2枚を起用しておらず、今大会へのテンションは決して高くない模様。この試合は長友が東山祐汰から後袈裟固「一本」、小田桐が椙本光真から大内刈「技有」に大外刈「一本」、津嘉山が73kg級インターハイ神奈川県代表の有馬雄生と引き分けと、ペースは圧倒的に国士舘。副将斉藤が山本銀河を43秒の大外刈「一本」で下した時点で国士舘の勝利が決定、大将戦は藤永が成澤登夢と引き分けて最終スコアは3-0。危なげない戦いだった。準々決勝のつくば秀英高(茨城)戦は1-1で迎えた副将戦で斉藤立が星野三郎から47秒内股「一本」、大将戦で藤永龍太郎が相手方のエース多田昌人を大内返「技有」で下して一気の突き放し、スコア3-1でベスト4入りを決めた。

eJudo Photo
3回戦、足立学園の中堅川田武史が埼玉栄・杉野光星から袖釣込腰「一本」

eJudo Photo
準々決勝、1-1で迎えた副将戦で足立学園・押領司龍星が市立習志野・桒田真雄から背負投「一本」

足立学園は激戦区からのベスト4入り。伝統的に軽量級が強いこのチームのスターティングは先鋒から大河原大介、松村士、川田武士、押領司龍星、榊田夏陽というもの。1回戦はあっという間の4連勝で拓大紅陵高(千葉)を4-0と一蹴。2回戦は先鋒を樋口誠二朗、大将を吉井拓実に入れ替えたフルメンバーで國學院栃木高(栃木)とマッチアップ、樋口と川田の勝利をテコに2-0でこの試合を突破する。

3回戦ではシード校埼玉栄と激戦。先鋒戦は樋口が66kg級の高校王者西願寺哲平に腕挫十字固「一本」で敗れたが、中堅戦では川田が杉野光星から23秒袖釣込腰「一本」で快勝。副将戦の引き分けを挟んで1-1のタイスコアで迎えた大将戦では吉井拓実が山野井爽から大内刈「技有」優勢で殊勲の勝利。逆転の2-1でベスト8入り決定。

準々決勝はこちらも軽量級に好選手を揃えここまで素晴らしい戦いを披露している市立習志野高(千葉)とマッチアップ。先鋒樋口が子安麟太郎から肩車「一本」で勝利したものの、次鋒戦では松村が市川晃次郎に僅差の優勢で苦杯、さらに中堅戦では川田が平野龍也に腰車「技有」優勢で敗れてビハインド。しかし今季好調の副将押領司龍星が桒田真雄から豪快な背負投「一本」で勝利して逆転、この1点を守り切って2-1の内容差で勝ち抜け決定。ぶじベスト4へと名乗りを上げることとなった。

■ 準決勝
eJudo Photo
準決勝、木更津総合の先鋒唯野己哲が桐蔭学園・奥田訓平を裏投「一本」

eJudo Photo
木更津総合は副将板東虎之輔が高山康太を裏投「一本」に仕留めてダメ押し

eJudo Photo
準決勝、足立学園の中堅川田武史が国士舘・柳沼毅から裏投「一本」

eJudo Photo
国士舘の副将斉藤立が押領司龍星から大外刈「技有」

準決勝第1試合は木更津総合が桐蔭学園を圧倒。先鋒戦、唯野己哲が奥田訓平を2分27秒の裏投「一本」で仕留めたところで早くも試合の大勢決した感あり。次鋒戦は井上泰司が竹裕駿から谷落「技有」に3つの「指導」を奪って勝利。そして中堅北條嘉人も佐々木光太郎から裏投「技有」をリードすると1分57秒豪快な裏投「一本」に屠ってあっという間に決勝進出決定。

桐蔭学園は団体戦のレギュラー2枚を起用している後衛ブロックで意地を見せたいところだったが、副将戦は木更津総合・板東虎之輔が高山康太を裏投「一本」で仕留めてダメ押し。桐蔭学園は大将千野根有我がさすがの力を披露、浅野史恩を小外刈「一本」で下して一矢を報いたがこれが精一杯。なんとスコア4-1という大差で木更津総合の決勝進出が決まった。

第2試合はともに東京都からのインターハイ出場が有望視される国士舘と足立学園による一番。国士舘はこの試合から中堅枠を入れ替え、津嘉山に代えて柳沼毅を投入。この枠、足立学園には川田武史が入っているが、柳沼は5月26日に行われたインターハイ予選個人戦で優勝候補筆頭の川田に袖釣込腰「技有」で勝利したばかり、ここは国士舘が万全を期した形。

先鋒戦の長友優樹対樋口誠二朗、次鋒戦の小田桐美生対松村士の試合は互いに相譲らず引き分け。タイスコアのまま前半の山場と目される中堅戦を迎えることとなったが、この試合は前回対戦で苦杯を屈した川田が開始僅か54秒で柳沼を裏投「一本」に屠って快勝。先制点は足立学園の手に落ちる。

副将戦のエース対決は斉藤立が左相四つの押領司龍星を寄せ付けず。斉藤の左体落をまたいで乗り越えた押領司がタイミングの良い左背負投に入り込んで場内を沸かす場面はあったが、この際も斉藤はまったく崩れない。1分42秒に左大外刈を叩き入れると耐えた相手をもう一段刈り込み、丁寧に投げ切って「技有」。そのまま袈裟固に抑え込んで合技「一本」で勝利を決めた。

これでスコアは1-1のタイ。大将戦は藤永龍太郎と吉井拓実が引き分けて、勝敗の行方は代表者1名による決定戦に委ねられることとなる。国士舘はもちろん斉藤、足立学園は73kg級の小兵川田を送り込むこととなった。

この試合は斉藤が左、川田が右組みのケンカ四つ。川田は良く動き、釣り手一本で体を開閉しては担ぎ技のチャンスを伺うが、引き手を嫌ってしまい58秒片手の「指導」。以降は斉藤がはっきりわかる形で引き手を求め、しかし川田が嫌い続けるという非常に戦術的な展開。続いて1分26秒、1分53秒と同じく片手の「指導」が宣告されてあっさり試合終了。「指導3」による川田の反則負けによって斉藤の勝利が決まり、国士舘が決勝進出の権利を得ることとなった。

■ 決勝
eJudo Photo
木更津総合の先鋒唯野己哲が勢いのある巴投を連発、「指導」3つをもぎ取る。

eJudo Photo
次鋒戦は井上泰司が小田桐美生から袖釣込腰「一本」

前3枚に重心がある木更津総合、後衛にエース斉藤に藤永龍太郎という高校選手権優勝メンバーを置く国士舘と布陣の濃淡は対照的。となれば双方の戦いの目当ては明らか。前衛で勝負を決めてしまいたい木更津総合、前で粘って後衛に試合を持ち込みたい国士舘という構図だ。

この状況を良く理解した木更津総合の先鋒唯野己哲は猛ラッシュ。試合が始まるなり突進すると長友優樹これを受け損ねて、18秒場外の「指導」。続いて唯野はもろとも一回転する勢いの鋭い巴投を連発、長友を3度膝から畳に落下させ、1分49秒には長友に消極的との咎で「指導2」。こうなるともはや試合の流れは変え難く、再びの唯野の突進に長友畳を割って痛恨の「指導3」失陥。試合時間は1分30秒、長友の反則負けにより木更津総合が先制点を得る。

次鋒戦は木更津総合・井上泰司が右、国士舘・小田桐美生が左組みのケンカ四つ。井上が激しく前に出て、ラインぎりぎりでの横滑りを強いられた小田桐に48秒場外の「指導」。続いて互いに袖を絞っての両袖屈曲姿勢による停滞があり、1分13秒主審が双方に防御姿勢の「指導」を与える好判断。この時点で「指導」2つを失った小田切は後がなくなってしまう。そして1分48秒、井上の右袖釣込腰が閃いてみごと「一本」。木更津総合が2-0とリードを広げることとなる。

eJudo Photo
中堅戦、北條嘉人が柳沼毅から片手絞「一本」。これで木更津総合の優勝が決まった。

eJudo Photo
副将戦、坂東虎之輔が必死の抵抗も斉藤立はまったく崩れず。

そして迎えた中堅戦、木更津総合・北條嘉人が一気に試合を決めに掛かる。ケンカ四つの柳沼毅を相手に左小外刈、崩れたとみるやすかさず首に襟を食いこませ、体をまたいで一回転、所謂「ボーアンドアローチョーク」を完成させる。体を一杯に使った強烈な絞めに柳沼が意識を失い「一本」。試合時間1分48秒、これでスコアは3-0となり、早くも木更津総合の勝利が決まった。

副将戦は斉藤立が姿勢良く前進、ケンカ四つの板東虎之輔には次々「指導」が積み重なる。あくまで投げを狙い続ける斉藤だが、中途からこの方向で良しと割り切った感あり。最後は技をまとめて、片手、偽装攻撃、消極的と3種類の「指導」累積により試合終了。板東の反則負けで国士舘が1点を返す。

大将戦は浅野史恩と藤永龍太郎ともに左組みの相四つ。双方相手の足元を出足払で蹴り崩しあい、1分8秒双方に「取り組まない」咎による「指導」。その後「指導」1つずつを失い、比較的静かに試合が進む。残り59秒には藤永得意の出足払で浅野が崩落、映像によるチェックが行われるという山場があったが、結局これもノーポイントとなりこの試合は引き分け。結果、通算スコア3-1で木更津総合高の初優勝が決まった。

eJudo Photo
表彰式に臨む木更津総合の面々

木更津総合は圧勝。唯野、井上、北條の前衛3枚の「鉄壁」と評して良いほどの強さがこの圧勝劇を牽引した。苦戦した準々決勝の白鴎大足利戦以外の4試合はこの3枚が全員得点、つまりは準決勝・決勝も含めた4試合は中堅戦終了時でスコア3-0、すべてこの時点で勝負が終わったということになる。

戦後、近野貞治監督は3枚の働きを高く評価、そして「インターハイ予選はまったく違う(レギュレーションの)試合。まだ他にも強い選手はたくさんいます。」と自信ありげ。3月の高校選手権でもベスト8の好成績を残している木更津総合だが、選手たちは明らかに一段逞しくなっている。サイズのある絶対のエースがいないゆえ突き抜けることが難しい印象もあるが、これは有力三校(国士舘、天理、桐蔭学園)以外の今代有力チームすべてに共通する事情、そしてこのグループのチームの中でもっとも選手の平均戦闘力が高いチームは木更津総合ではないだろうか。全国大会の上位戦線に絡むところまでは間違いなし、どこまで成績を伸ばすか、このチームの戦いぶりに夏も注目である。

eJudo Photo
初優勝の木更津総合高

【入賞者】
(エントリー62校)
優 勝:木更津総合高(千葉)
準優勝:国士舘高(東京)
第三位:桐蔭学園高(神奈川)、足立学園高(東京)
第五位:白鷗大足利高(栃木)、修徳高(東京)、つくば秀英高(茨城)、市立習志野高(千葉)

木更津総合高・近野貞治監督のコメント
「なぜうちが第1シード?と驚いていましたが、良く勝ちました。前3枚が非常に頑張りましたね。(-圧勝でしたが、予想の範囲内?)いえいえ。前3枚で2つ獲れば後はよほどのことがない限り取られないだろうとは思っていましたが、初戦(日体大荏原戦)から4-0、5-0というスコアで上がっていくとは思いませんでしたね。勢いに乗りました。北條、唯野と2年生が2人入っている中で、3年生の井上がしっかりして来たのが大きいかなと思います。(-もともと強いチームでしたが、昨年と比べると明らかに逞しくなったと感じます。何か変えたことは?)昨年インターハイの県予選で、私のミスで負けてしまい、そこから、練習のあり方を変えたつもりです。木更津総合は野球部が非常に強いのですが、監督さんに色々なことを教わって、私としては練習を土台から、本当に抜本的に変えました。(-具体的には?)一言では語れないところがあるんですが、例えば今まではとにかく強制というか『これだけの量をやる』と決めたら譲らないところがあった。今は個々それぞれが課題と向き合えるように、ひとりひとりにしっかり考えてもらうような稽古をしています。なんだそんなことか、と言われるかもしれませんが、とにかく根底から考え方を変えたんですね。それが、この関東大会の県予選あたりから試合に出始めている気がします。同じ勝つでも、『勝ちかた』がまったく変わってきましたね。ここまで変わるのかと驚いてるところです。(-インターハイに向けて一言お願いします)この大会とはまったく違う方式の試合ですが、まだ強い選手もたくさんいますし、この優勝の勢いをうまく使って、自信も持たせて、まずしっかり予選を勝ち抜きたいと思います。」

eJudo Photo
準々決勝、修徳の副将小嶋洸成が桐蔭学園の高山康太から払巻込「技有」

eJudo Photo
準々決勝、国士舘の大将藤永龍太郎がつくば秀英・多田昌人の大内刈を返して「技有」

eJudo Photo
市立習志野の平野竜也が川田武史から右腰車「技有」

【準々決勝】

木更津総合高 2–1 白鴎大足利高
(先)唯野己哲×引分×澤口宗志
(次)井上泰司〇裏投(2:01)△加藤瑠
(中)北條嘉人×引分×齋五澤航介
(副)板東虎之輔△反則(2:44)〇長谷川明伸
(大)浅野史恩〇反則(3:01)△宇賀神圭太

桐蔭学園高 3-2 修徳高
(先)奥田訓平〇袖釣込腰(1:17)△長光真
(次)竹裕駿〇大内刈(1:12)△佐藤龍盛
(中)須永廉也△大内刈(2:20)〇高野当
(副)高山康太△合技(1:36)〇小嶋洸成
(大)千野根有我〇内股(0:12)△岡田 尚樹

国士舘高 3-1 つくば秀英高
(先)長友優樹〇袈裟固(0:46)△志村洸太
(次)小田桐美生×引分×下沢直生
(中)津嘉山稔△合技(1:21)〇甘田秀士郎
(副)斉藤立〇内股(0:47)△星野三郎
(大)藤永龍太郎〇優勢[技有]△多田昌人

足立学園高 ②-2 市立習志野高
(先)樋口誠二朗〇肩車(0:27)△子安麟太郎
(次)松村士△優勢[僅差]〇市川晃次郎
(中)川田武史△優勢[技有]〇平野龍也
(副)押領司龍星〇背負投(2:38)△桒田真雄
(大)吉井拓実×引分×瀧川光

eJudo Photo
桐蔭学園は大将千野根有我が浅野史恩を小外刈「一本」に仕留めて一矢を報いる。千野根は今大会個人戦を合わせて全勝。

eJudo Photo
斉藤立と川田武史による代表戦

【準決勝】

木更津総合高 4-1 桐蔭学園高
(先)唯野己哲〇裏投(2:27)△奥田訓平
(次)井上泰司〇反則(2:51)△竹裕駿
(中)北條嘉人〇裏投(1:57)△佐々木光太郎
(副)板東虎之輔〇裏投(3:15)△高山康太
(大)浅野史恩△小外刈(2:40)〇千野根有我

国士舘高 ①代-1 足立学園高
(先)長友優樹×引分×樋口誠二朗
(次)小田桐美生×引分×松村士
(中)柳沼毅△裏投(0:54)〇川田武史
(副)斉藤立〇合技(1:52)△押領司龍星
(大)藤永龍太郎×引分×吉井拓実
(代)斉藤立〇反則(1:53)△川田武史

【決勝】

木更津総合高 3-1 国士舘高
(先)唯野己哲〇反則(2:30)△長友優樹
(次)井上泰司〇袖釣込腰(1:48)△小田桐美生
(中)北條嘉人〇片手絞(1:48)△柳沼毅
(副)板東虎之輔△反則(3:20)△斉藤立
(大)浅野史恩×引分×藤永龍太郎

※ eJudoメルマガ版6月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.