PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]素根輝がワールドツアー初優勝、78kg級は佐藤瑠香が再びアギアール下して戴冠・グランプリフフホト2018最終日女子

(2018年5月26日)

※ eJudoメルマガ版5月27日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]素根輝がワールドツアー初優勝、78kg級は佐藤瑠香が再びアギアール下して戴冠
グランプリフフホト2018最終日女子(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg超級決勝、素根輝がキム・ミンジョンから左大内刈「技有」

グランプリ・フフホト大会は27日、内モンゴル自治区の省都フフホトで最終日の男女5階級の競技が行われ、女子は78kg級で佐藤瑠香(コマツ)、78kg超級で素根輝(南筑高3年)がそれぞれ優勝を飾った。

78kg超級の素根はワールドツアー初優勝。準決勝でグランドスラム・パリ大会で敗れたワン・ヤン(中国)に横四方固「一本」(3:10)でリベンジを果たすと、決勝では昨年のワールドマスターズ王者・キム・ミンジョン(韓国)と対戦。3分間際に得意の片襟左大内刈で「技有」を奪い、そのままがっちり横四方固で抑え込んで一本勝ち。国内大会の勢いそのままに、まずひとつ待望の「海外の実績」を得ることとなった。

78kg級の佐藤は戦前の予想通り、決勝でマイラ・アギアール(ブラジル)と対戦。2分16秒に相手の右大外刈を返して崩袈裟固で抑え込み、合技「一本」(2:28)で現役世界王者相手に2連勝を決めた。佐藤は全試合一本勝ち(反則を含む)。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手の勝ち上がりは下記。

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級メダリスト。左からアギアール、佐藤、ソアレス、カマハ。

(エントリー16名)

【入賞者】
1.SATO, Ruika (JPN)
2.AGUIAR, Mayra (BRA)
3.SOARES, Samanta (BRA)
4.CAMARA, Sama Hawa (FRA)
5.PARK, Yujin (KOR)
6.STEVENSON, Karen (NED)
7.MA, Zhenzhao (CHN)
8.RAMIREZ, Yahima (POR)

【準々決勝】
マイラ・アギアール(ブラジル)○小外刈(1:45)△マー・ゼンジャオ(中国)
サマ=アワ・カマハ(フランス)○GS合技[隅落・袖釣込腰](GS0:30)△パク・ユジン(韓国)
サマンタ・ソアレス(ブラジル)○体落(2:35)△カレン・スティーフェンソン(オランダ)
佐藤瑠香○反則[指導3](2:22)△ヤヒマ・ラミレス(ポルトガル)

【敗者復活戦】
パク・ユジン(韓国)○片手絞(1:23)△マー・ゼンジャオ(中国)
カレン・スティーフェンソン(オランダ)○合技[大外刈・横四方固](1:45)△ヤヒマ・ラミレス(ポルトガル)

【準決勝】
マイラ・アギアール(ブラジル)○片手絞(2:45)△サマ=アワ・カマハ(フランス)
佐藤瑠香○反則[指導3](1:23)△サマンタ・ソアレス(ブラジル)

【3位決定戦】
サマンタ・ソアレス(ブラジル)○優勢[技有・体落]△パク・ユジン(韓国)
サマ=アワ・カマハ(フランス)○大外刈(0:38)△カレン・スティーフェンソン(オランダ)

【決勝】
佐藤瑠香○合技[大外返・崩袈裟固](2:28)△マイラ・アギアール(ブラジル)

【日本代表選手勝ち上がり】

佐藤瑠香(コマツ)
成績:優勝


[1回戦]
佐藤瑠香○大内刈(0:42)△バトトルガ・ホンゴルズル(モンゴル)

[準々決勝]
佐藤瑠香○反則[指導3](2:22)△ヤヒマ・ラミレス(ポルトガル)

[準決勝]
佐藤瑠香○反則[指導3](1:23)△サマンタ・ソアレス(ブラジル)

[決勝]
佐藤瑠香○合技[大外返・崩袈裟固](2:28)△マイラ・アギアール(ブラジル)

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級メダリスト。左からキム、素根、ワン、アルセマン。

(エントリー13名)

【入賞者】
1.SONE, Akira (JPN)
2.KIM, Minjeong (KOR)
3.WANG, Yan (CHN)
4.ALTHEMAN, Maria Suelen (BRA)
5.HAN, Mi Jin (KOR)
6.M BAIRO, Anne Fatoumata (FRA)
7.JIANG, Yanan (CHN)
8.LI, Jiaqi (CHN)

【準々決勝】
キム・ミンジョン(韓国)○三角絞(3:47)△ジアン・ヤナン(中国)
アン=ファトウメタ・ムバイロ(フランス)○小外掛(0:57)△ハン・ミジン(韓国)
ワン・ヤン(中国)○合技[払腰・崩袈裟固](1:20)△マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)
素根輝○反則[指導3](2:35)△リー・ジャーチ(中国)

【敗者復活戦】
ハン・ミジン(韓国)○反則[指導3](3:46)△ジアン・ヤナン(中国)
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○横四方固(3:40)△リー・ジャーチ(中国)

【準決勝】
キム・ミンジョン(韓国)○背負投(1:13)△アン=ファトウメタ・ムバイロ(フランス)
素根輝○横四方固(3:10)△ワン・ヤン(中国)

【3位決定戦】
ワン・ヤン(中国)○優勢[技有・大外巻込]△ハン・ミジン(韓国)
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○合技[払腰・裏固](0:34)△アン=ファトウメタ・ムバイロ(フランス)

【決勝】
素根輝○合技[大内刈・横四方固](3:19)△キム・ミンジョン(韓国)

【日本代表選手勝ち上がり】

素根輝(南筑高3年)
成績:優勝


[準々決勝]
素根輝○反則[指導3](2:35)△リー・ジャーチ(中国)

[準決勝]
素根輝○横四方固(3:10)△ワン・ヤン(中国)

[決勝]
素根輝○合技[大内刈・横四方固](3:19)△キム・ミンジョン(韓国)

※ eJudoメルマガ版5月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.