PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

斉藤立圧巻の全試合一本勝ち、国士舘勢と足立学園勢がそれぞれ3階級で代表占める・第67回インターハイ柔道競技東京都予選男子

(2018年5月27日)

※ eJudoメルマガ版5月27日掲載記事より転載・編集しています。
斉藤立圧巻の全試合一本勝ち、国士舘勢と足立学園勢がそれぞれ3階級で代表占める
第67回インターハイ柔道競技東京都予選男子
eJudo Photo
男子7階級の優勝者

第67回インターハイ柔道競技(8月8日~12日、三重県津市サオリーナ)の東京都予選男子個人戦が26日と27日の両日、講道館で行われ、7階級の代表が決定した。

最重量級は3月の全国高等学校柔道選手権の団体戦優勝を牽引した2年生・斉藤立(国士舘高)が戴冠。90kg級も安藤稀梧、100kg級も道下新大が制し重量3階級の代表は国士舘勢が占めた。

斉藤は全5試合を全て一本勝ち(相手の反則負けによる勝利1試合を含む)。初戦から大外刈、内股、大外刈、払腰と動きを起こす度に次々投げを決め、単に投げるのみならず相手を根こそぎ叩きつけるその勢いと衝撃音の強さに都度会場はどよめきに包まれていた。

足立学園勢も60kg級の樋口誠二朗、66kg級の松村士、81kg級の押領司龍星と3階級で代表権を獲得。混戦の73kg級は鈴村亜矢瀬(岩倉高)が優勝した。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、斉藤のコメントは下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級準決勝、樋口誠二朗が佐藤大夢から内股「一本」

(エントリー48名)

【入賞者】
優 勝:樋口誠二朗(足立学園高)
準優勝:福地竜一朗(修徳高)
第三位:大河原大介(足立学園高)、佐藤大夢(工学院大附高)

【準々決勝】
佐藤大夢(工学院大附高)〇優勢[僅差]△小谷翼(修徳高)
樋口誠二朗(足立学園高)〇背負投(0:44)△大垣麟太郎(国士舘高)
大河原大介(足立学園高)〇GS技有(GS0:59)△檜貝哲平(正則学園高)
福地竜一朗〇腕挫十字固(0:42)△山本蓮(八王子学園高)

【準決勝】
樋口誠二朗〇GS内股(GS0:18)△佐藤大夢
福地竜一朗〇送襟絞(2:59)△大河原大介

【決勝】
樋口誠二朗〇GS僅差(GS1:54)△福地竜一朗

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級決勝、松村士が下からのローリングを試みる長友優樹に被り返し、縦四方固へと繋ぐ。

(エントリー48名)

【入賞者】
優 勝:松村士(足立学園高)
準優勝:長友優樹(国士舘高)
第三位:長尾光真(修徳高)、近藤亮介(安田学園高)

【準々決勝】
長友優樹(国士舘高)〇反則[指導3]△長澤憲伸(工学院大附高)
長尾光真(修徳高)〇背負投(2:59)△岩田大和(杉並工高)
近藤亮介(安田学園高)〇合技[体落・横四方固](2:48)△中村徳将(東海大高輪台高)
松村士(足立学園高)〇GS小外刈(GS0:14)△佐藤隆盛(修徳高)

【準決勝】
長友優樹〇小内刈(1:28)△長尾光真
松村士〇優勢[僅差]△近藤亮介

【決勝】
松村士〇優勢[技有・縦四方固]△長友優樹

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級決勝、最終盤に鈴村亜矢瀬が島本真司郎から小内巻込「技有」

(エントリー48名)
【入賞者】
優 勝:鈴村亜矢瀬(岩倉高)
準優勝:島本真司郎(日体大荏原高)
第三位:安部秀(正則学園高)、柳沼毅(国士舘高)

【準々決勝】
島本真司郎(日体大荏原高)〇優勢[僅差]△佐々木大也(東海大高輪台高)
安部秀(正則学園高)〇大腰(0:43)△飯野翔大(工学院大附高)
鈴村亜矢瀬(岩倉高)〇大内刈(1:09)△名取涼太(修徳高)
柳沼毅(国士舘高)〇優勢[技有・崩上四方固]△川田武史(足立学園高)

【準決勝】
島本真司郎〇優勢[技有・背負投]△安部秀
鈴村亜矢瀬〇優勢[技有・小内巻込]△柳沼毅

【決勝】
鈴村亜矢瀬〇優勢[技有・小内巻込]△島本真司郎

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級決勝、押領司龍星が鈴木郷生から背負投「一本」。跳腰様に足を効かせて高く投げ上げた。

(エントリー48名)

【入賞者】
優 勝:押領司龍星(足立学園高)
準優勝:鈴木郷生(国士舘高)
第三位:生井大輝(岩倉高)、山城和也(日体大荏原高)

【準々決勝】
山城和也(日体大荏原高)〇内股(1:03)△内田佳輝(修徳高)
押領司龍星(足立学園高)〇背負投(2:28)△岩本達裕(京華高)
生井大輝(岩倉高)〇優勢[僅差]△鈴木幸(安田学園高)
鈴木郷生(国士舘高)〇送襟絞(1:28)△塚原康平(明大中野高)

【準決勝】
押領司龍星〇背負投(0:57)△山城和也
鈴木郷生〇優勢[技有・大外返]△生井大輝

【決勝】
押領司龍星〇背負投(0:23)△鈴木郷生

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級決勝、「技有」リードの安藤稀梧が金野晃大の隅返をかわして縦四方固に抑え込む

(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:安藤稀梧(国士舘高)
準優勝:金野晃大(安田学園高)
第三位:藤原秀奨(日体大荏原高)、菊池昌大(国士舘高)

【準々決勝】
金野晃大(安田学園高)〇GS技有(GS1:20)△藤原直生(日体大荏原高)
菊池昌大(国士舘高)〇横四方固(1:20)△前田駿(日大三高)
安藤稀梧(国士舘高)〇小外掛(2:18)△小林翔太(安田学園)
藤原秀奨(日体大荏原高〇送襟(1:45)△室谷勇汰(明大中野高)

【準決勝】
金野晃大〇優勢[僅差]△菊池昌大
安藤稀梧〇優勢[技有]△藤原秀奨

【決勝】
安藤稀梧〇合技[内股・縦四方固](3:58)△金野晃大

■ 100kg級
(エントリー43名)

【入賞者】
優 勝:道下新大(国士舘高)
準優勝:グリーンカラニ海斗(日体大荏原高)
第三位:浅川忠(日大一高)、藤永龍太郎(国士舘高)

【準々決勝】
藤永龍太郎〇払腰(2:38)△田邉勇斗(安田学園)
グリーンカラニ海斗(日体大荏原高)〇払腰(0:09)△秋場健士郎(岩倉高)
浅川忠(日大一高)〇合技(0:51)△平山才稀(日体大荏原高)
道下新大(国士舘高)〇大内返(2:27)△吉井拓実(足立学園高)

【準決勝】
道下新大〇小外刈(0:09)△浅川忠
グリーンカラニ海斗〇GS僅差(GS5:05)△藤永龍太郎

【決勝】
道下新大〇優勢[技有]△グリーンカラニ海斗

■ 100kg超級
eJudo Photo
2回戦、斉藤立が高堂凌治(明大中野高)から大外刈「一本」。

eJudo Photo
準々決勝、斉藤立が奥谷優佑から払腰「一本」。

eJudo Photo
決勝、斉藤は林将太郎から内股でまず「技有」

eJudo Photo
斉藤は払腰「一本」で優勝を決めた。

(エントリー37名)

【入賞者】
優 勝:斉藤立(国士舘高)
準優勝:林将太郎(国士舘高)
第三位:小嶋洸成(修徳高)、大川由介(日体大荏原高)

斉藤立選手のコメント
「まずしっかり勝つことを考えました。(-『指導3』の勝利1つありましたが?)終わってから自分にいらついた試合ですが、戦っているときはそういうことはなく。どう投げようか、寝技で取ろうか、と考えているうちに3つ『指導』が溜まっていたという感じです。調子を上げていくのはこれから、もう一段強くなります。(-全日本選手権では同じ高校生が大舞台を経験しましたが?)自分もあの場に立って戦いたいと強く思いました。来年は出たいです。」

【準々決勝】
小嶋洸成(修徳高)〇合技(1:44)△大野尚樹(杉並工高)
斉藤立(国士舘高)〇払腰(2:17)△奥谷優佑(安田学園高)
大川由介(日体大荏原高)〇合技(1:01)△樋口綾太(専修大附高)
林将太郎(国士舘高)〇大内刈△吉田優斗(正則学園高)

【準決勝】
斉藤立〇反則[指導3](2:46)△小嶋洸成
林将太郎〇GS大外刈(GS0:17)△大川由介

【決勝】
斉藤立〇払腰(0:51)△林将太郎

※ eJudoメルマガ版5月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.