PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]佐々木健志がハルモルザエフ破ってワールドツアー初優勝、橋本壮市はアンに敗れて2位・グランプリフフホト2018第2日男子

(2018年5月26日)

※ eJudoメルマガ版5月26日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]佐々木健志がハルモルザエフ破ってワールドツアー初優勝、橋本壮市はアンに敗れて2位
グランプリフフホト2018第2日男子(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
81kg級決勝、佐々木健志がハサン・ハルモルザエフから内股透「技有」

中国・内モンゴル自治区の省都フフホトで開催されているグランプリ・フフホト大会。2日目となる26日は男女4階級の競技が行われ、男子は73kg級でアン・チャンリン(韓国)、81kg級で佐々木健志(筑波大4年)がそれぞれ優勝を飾った。

81kg級の佐々木はワールドツアー初制覇。リオデジャネイロ五輪金メダリストのハサン・ハルモルザエフ(ロシア)とマッチアップした決勝では、開始25秒に相手の得意技である左内股を反応良く透かして内股透「技有」を先行。さらに1分5秒に右背負投「技有」も追加して、合技「一本」(1:05)の圧勝で優勝を決めた。佐々木は全試合一本勝ちでのタイトル獲得。5試合を行ったうち3試合で得意の腕挫十字固を決めるなど、持ち味を存分に発揮した1日だった。

73kg級の橋本壮市(パーク24)は決勝でライバルと目されていたアンに苦杯。「指導2」を取り合って迎えたGS4分7秒、相手の右一本背負投を抱分で返そうとしたところにさらに右一本背負投を繋がれ「技有」失陥、映像による確認が行われたものの判定は覆らず、今季初の国際大会は悔しい2位に終わった。アンに敗れたことで、2016年アジア選手権から続いていた対海外勢の連勝は45で止まった。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手の勝ち上がりは下記。

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級メダリスト。左から橋本、アン、ツェンドオチル、ツィング。

(エントリー34名)

【入賞者】
1.AN, Changrim (KOR)
2.HASHIMOTO, Soichi (JPN)
3.TSEND-OCHIR, Tsogtbaatar (MGL)
4.ZINGG, Anthony (GER)
5.QING, Daga (CHN)
6.MOGUSHKOV, Musa (RUS)
7.FERNANDES, Jorge (POR)
8.SMAGULOV, Zhansay (KAZ)

【準々決勝】
橋本壮市○反則[指導3](GS0:59)△ジョルジ・フェルナンデス(ポルトガル)
アンソニー・ツィング(ドイツ)○優勢[技有・隅落]△チン・ダガ(中国)
アン・チャンリン(韓国)○反則[指導3](3:58)△ムサ・モグシコフ(ロシア)
ツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)○GS技有・(GS0:52)△ジャンサイ・スマグロフ(カザフスタン)

【敗者復活戦】
チン・ダガ(中国)○出足払(3:44)△ジョルジ・フェルナンデス(ポルトガル)
ムサ・モグシコフ(ロシア)○横四方固(3:08)△ジャンサイ・スマグロフ(カザフスタン)

【準決勝】
橋本壮市○合技[大外刈・体落](2:06)△アンソニー・ツィング(ドイツ)
アン・チャンリン(韓国)○GS反則(GS1:20)△ツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)

【3位決定戦】
ツェンドオチル・ツォグトバータル(モンゴル)○優勢[技有・巴投]△チン・ダガ(中国)
アンソニー・ツィング(ドイツ)○GS大外刈(GS0:15)△ムサ・モグシコフ(ロシア)

【決勝】
アン・チャンリン(韓国)○GS技有・一本背負投(GS4:07)△橋本壮市

【日本代表選手勝ち上がり】

橋本壮市(パーク24)
成績:2位


[2回戦]
橋本壮市○反則[指導3](2:52)△ベカディル・シャイメルデノフ(カザフスタン)

[3回戦]
橋本壮市○GS技有・体落(GS2:07)△ニコラス・デルポポロ(アメリカ)

[準々決勝]
橋本壮市○反則[指導3](GS0:59)△ジョルジ・フェルナンデス(ポルトガル)

[準決勝]
橋本壮市○合技[大外刈・体落](2:06)△アンソニー・ツィング(ドイツ)

[決勝]
橋本壮市△GS技有・一本背負投(GS4:07)○アン・チャンリン(韓国)

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級メダリスト。左からハルモルザエフ、佐々木、イ、フベトソフ。

(エントリー30名)

【入賞者】
1.SASAKI, Takeshi (JPN)
2.KHALMURZAEV, Khasan (RUS)
3.LEE, Seungsu (KOR)
4.KHUBETSOV, Alan (RUS)
5.CASSE, Matthias (BEL)
6.EGUTIDZE, Anri (POR)
7.NTANATSIDIS, Alexios (GRE)
8.OTGONBAATAR, Uuganbaatar (MGL)

【準々決勝】
ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)○GS技有・内股(GS0:18)△アレキシオス・ンタナツィディス(ギリシャ)
アンリ・エグティゼ(ポルトガル)○払巻込(3:21)△マティアス・カッス(ベルギー)
佐々木健志○内股(0:32)△アラン・フベトソフ(ロシア)
イ・センス(韓国)○GS技有・袖釣込腰(GS1:17)△オトゴンバータル・ウーガンバータル(モンゴル)

【敗者復活戦】
マティアス・カッス(ベルギー)○GS反則[指導3](GS0:52)△アレキシオス・ンタナツィディス(ギリシャ)
アラン・フベトソフ(ロシア)○GS技有・大内刈(GS0:59)△オトゴンバータル・ウーガンバータル(モンゴル)

【準決勝】
ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)○反則[指導3](3:23)△アンリ・エグティゼ(ポルトガル)
佐々木健志○腕挫十字固(1:54)△イ・センス(韓国)

【3位決定戦】
イ・センス(韓国)○GS技有・背負投(GS0:17)△マティアス・カッス(ベルギー)
アラン・フベトソフ(ロシア)○GS技有・小外掛(GS1:15)△アンリ・エグティゼ(ポルトガル)

【決勝】
佐々木健志○合技[内股透・背負投](1:05)△ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)

【日本代表選手勝ち上がり】

佐々木健志(筑波大4年)
成績:優勝


[1回戦]
佐々木健志○腕挫十字固(0:46)△ルービン・マーティン(アメリカ)

[2回戦]
佐々木健志○腕挫十字固(1:04)△アントワーヌ・ヴァロア=フォルティエ(カナダ)

[準々決勝]
佐々木健志○内股(0:32)△アラン・フベトソフ(ロシア)

[準決勝]
佐々木健志○腕挫十字固(1:54)△イ・センス(韓国)

[決勝]
佐々木健志○合技[内股透・背負投](1:05)△ハサン・ハルモルザエフ(ロシア)

※ eJudoメルマガ版5月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.