PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第53回

(2018年5月7日)

※ eJudoメルマガ版5月7日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第53回
旅行から十分の利益を得ようと思えば、自分の力の及ぶかぎり各方面のことに心を配って、なるだけ多くの得物をしようと心掛けねばならぬ
eJudo Photo
資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「柔道の修行はその各方面の練習を兼ねて行うてこそ真の意義を有するのである」
 有効の活動 7巻9号 大正10年9月 
(『嘉納治五郎大系』2巻80頁)
 
「実業之日本社」という出版社があります。

そこから「実業之日本」という雑誌が刊行されていましたが、明治45年(1912)1月に発行された号に「余の最も好むもの・最も厭(いや)なもの三つ」というアンケート結果の記事が掲載されています。そこに高橋是清(首相、日本銀行総裁など歴任)や下田歌子(女子教育の先駆者・歌人)などの著名人と並んで嘉納師範の回答も掲載されています。師範の好きなもの・嫌なものが一体何か、気になりますが、好むものの最初にあげられているのは「責任を有せざる旅行」です(※)。旅行がお好きだったのですね。

旅行には、いろいろな目的や方法があるでしょう。人に会ったり、現地でしか食べられないものを食べたり、景色や史跡を見たり、あるいは単純に現実からの逃避が目的ということもあります。移動方法や宿泊先等も様々でしょう。

ただ、<心身の力を最も有効に使用する>ことを掲げ、実践に努めた師範にとって、旅行も心身の力を無駄に使うものであってはならない、と考えたであろうことは簡単に想像できます。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版5月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.