PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]近藤隼斗が2連覇達成、菅原幸大、森健心、福永夏生は一段違う力見せつけ初優勝・平成30年度全日本カデ柔道体重別選手権大会男子

(2018年4月15日)

※ eJudoメルマガ版4月15日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]近藤隼斗が2連覇達成、菅原幸大、森健心、福永夏生は一段違う力見せつけ初優勝
平成30年度全日本カデ柔道体重別選手権大会男子
eJudo Photo
60kg級決勝、近藤隼斗が田中祥から左体落で2つ目の「技有」。

世界カデ柔道選手権の予選を兼ねる17歳以下の日本一決定戦、平成30年度全日本カデ柔道選手権が15日、東和薬品RACTABドーム(門真市)で行われた。

男子は60kg級で近藤隼斗(佐賀工高2年)が連覇。3月の全国高校選手権を制したばかりの近藤は圧勝続きで勝ち上がり、決勝も田中祥(長崎南山高2年)から僅か36秒の間に内股透「技有」、左体落「技有」と2度の投げを決めて勝利した。

今大会は、反則決着が続いたシニアの全日本選抜柔道体重別選手権(4月7日~8日)とは打って変わり、特に男子は投げによる決着続き。81kg級の菅原幸大(柴田高2年)、90kg級の森健心(大牟田高2年)、90kg超級の福永夏生(崇徳高2年)と中学時代から将来を嘱望され、かつ投技に優れた選手がそれぞれ優勝してこの傾向を引っ張った。

菅原は決勝で大竹龍之介(大成高2年)との攻撃型対決を、内股「技有」、小外掛「一本」と立て続けに奪って試合時間僅か1分14秒の圧勝。「

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版4月15日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.