PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

バクー世界選手権代表12人発表、「空白域」の男子100kg級はウルフアロンを選出

(2018年4月8日)

※ eJudoメルマガ版4月8日掲載記事より転載・編集しています。
バクー世界選手権代表12人発表、「空白域」の男子100kg級はウルフアロンを選出
eJudo Photo
代表発表会見。左から井上康生男子監督、金野潤強化委員長、増地克之女子監督。

全日本柔道連盟は8日、全日本選抜柔道体重別選手権の大会後に開かれた強化委員会で、バクー世界柔道選手権(9月20日~27日、アゼルバイジャン・バクー)の代表男女12名を決定、即日発表した。今回選ばれたのは最重量級を除く男女6階級それぞれ1名ずつで、男子100kg超級と女子78kg超級、および男女それぞれに2人ずつ許されている「2枠目」の選手は全日本柔道選手権(女子は皇后盃全日本女子柔道選手権)後に選考される。

日本代表選手は下記。

男子は既に内定していた60kg級の髙藤直寿(パーク24)と66kg級の阿部一二三(日本体育大2年)をはじめ予想通りの陣容。第1シードから最終選考会を戦って優勝した73kg級の橋本壮市(パーク24)と長澤憲大(パーク24)、国際大会の実績で他を大きく引き離している81kg級の藤原崇太郎(日本体育大2年)が順当に選ばれた。

唯一のサプライズは100kg級のウルフアロン(了徳寺学園職)の選出。ウルフは負傷のため第2次選考会のグランドスラム東京から最終(第4次)選考会である選抜体重別まですべての大会に出場出来なかったが、同じく出場出来ていなかった羽賀龍之介(旭化成)が復帰戦で再負傷、さらに唯一ライバルになり得た飯田健太郎(国士舘大2年)がこの間まったく成績を残せなかったため相対的に第一候補に浮上。三者が残した直近の結果である昨年の世界選手権優勝という実績を評価する形で、代表に選出されることとなった。

強化委員会では委員からウルフの膝の回復具合と今後の見込みを確認したいとの声があがり、強化サイドからは順当に回復している旨と、「4月から打ち込み、5月から乱取り、6月の実業団体に出て、1回国際大会を経たのちに世界選手権出場」という見立てが語られた。

大会が荒れた女子は国際大会で積み上げた実績が評価される形で、6階級中5階級で、一番手とされる最終選考会の第1シード選手がそのまま選抜。残る70kg級ではライバルである新井千鶴(三井住友海上)との直接対決に一本勝ちして第2シードから優勝した大野陽子(コマツ)が選ばれた。

【バクー世界柔道選手権2018・男子日本代表】

60kg級 髙藤直寿(パーク24)
66kg級 阿部一二三(日本体育大3年)
73kg級 橋本壮市(パーク24)
81kg級 藤原崇太郎(日本体育大2年)
90kg級 長澤憲大(パーク24)
100kg級 ウルフアロン(了徳寺学園職)

※2枠目および最重量級代表は4/29全日本選手権終了後に決定

【バクー世界柔道選手権2018・女子日本代表】

48kg級 渡名喜風南(パーク24)
52kg級 志々目愛(了徳寺学園職)
57kg級 芳田司(コマツ)
63kg級 田代未来(コマツ)
70kg級 大野陽子(コマツ)
78kg級 濵田尚里(自衛隊体育学校)

※2枠目および最重量級代表は4/22皇后盃全日本女子柔道選手権終了後に決定

※ eJudoメルマガ版4月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.