PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]小川雄勢が王子谷剛志と原沢久喜破って初優勝、有力候補三つ巴の90kg級は長澤憲大が制す・平成30年全日本選抜柔道体重別選手権最終日男子

(2018年4月8日)

※ eJudoメルマガ版4月8日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]小川雄勢が王子谷剛志と原沢久喜破って初優勝、有力候補三つ巴の90kg級は長澤憲大が制す・平成30年全日本選抜柔道体重別選手権最終日男子
(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg超級決勝、小川雄勢が原沢久喜を攻める

バクー世界柔道選手権(9月20日~27日、アゼルバイジャン・バクー)の日本代表最終選考会を兼ねる平成30年全日本選抜柔道体重別選手権は8日、福岡国際センター(福岡市)で最終日の男女合わせて7階級の競技が行われた。

男子100kg超級は12月のグランドスラム東京を制した小川雄勢(明治大4年)が初優勝。組み手とパワー、そして大きな体と抜群のスタミナを生かした戦術的柔道でしぶとく戦い続け、1回戦の太田彪雅(東海大3年)戦、準決勝の王子谷剛志(旭化成)戦、そして決勝の原沢久喜(日本中央競馬会)戦と、すべてGS延長戦の末に3つの「指導」を奪って勝利。戦後は「グランドスラムパリで負けて『指導』1つの差の大きさをあらためて学んだ。先に技を出すことを心掛けた」と試合を振り返り、「目標はあくまで世界一です」と力強く抱負を語っていた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.