PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]激戦73kg級は橋本壮市が連覇、大野将平は海老沼匡に一本負け・平成30年全日本選抜柔道体重別選手権第1日男子

(2018年4月7日)

※ eJudoメルマガ版4月7日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]激戦73kg級は橋本壮市が連覇、大野将平は海老沼匡に一本負け・平成30年全日本選抜柔道体重別選手権第1日男子
(60kg級、66kg級、73kg級)
eJudo Photo
73kg級決勝、橋本壮市が海老沼匡から左腰車「技有」

バクー世界柔道選手権(9月20日~7日、アゼルバイジャン・バクー)の日本代表最終選考会を兼ねる体重別日本一決定戦、平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会が7日、福岡国際センター(福岡市)で開幕。初日の男子は60kg級、66kg級、73kg級の軽量3階級の競技が行われた。

橋本壮市(パーク24)と大野将平(旭化成)、そして66kg級から階級を上げた海老沼匡(パーク24)と3人の世界王者がエントリーした本日の最激戦区、男子73kg級を制したのは第1シードの橋本。トーナメントの主役は1回戦でグランドスラム東京王者の立川新(東海大3年)を袖釣込腰「一本」、準決勝で大野からいずれも内股で2つの「技有」を奪って一本勝ちした海老沼だったが、橋本は決勝でこの海老沼から左腰車「技有」を奪って完勝。みごと大会連覇を決めた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.