PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

開幕前に男女有力6選手が会見、阿部詩と志々目愛のライバル2人が火花・平成30年全日本選抜柔道体重別選手権

(2018年4月6日)

※ eJudoメルマガ版4月6日掲載記事より転載・編集しています。
開幕前に男女有力6選手が会見、阿部詩と志々目愛のライバル2人が火花
平成30年全日本選抜柔道体重別選手権
バクー世界柔道選手権(9月20日~7日、アゼルバイジャン・バクー)の代表最終選考会※を兼ねる全日本選抜柔道体重別選手権の開幕をあすに控えたきょう6日、福岡市内で前日記者会見が行われ、男女有力6選手が大会に掛ける意気込みを語った。

会見に臨んだのは女子が52kg級の志々目愛(了徳寺学園職)、阿部詩(夙川学院高3年)と素根輝(南筑高3年)、男子が60kg級の永山竜樹(東海大4年)、90kg級の向翔一郎(日本中央競馬会)と小川雄勢(明治大4年)。

ひときわ注目されたのが、同階級のライバル志々目と阿部。ブダペスト世界選手権の覇者・志々目は「強い選手がいる中で勝ち切ることで、成長出来る」と自信を見せ、昨年この大会で志々目に敗れて以降無敗の阿部は「昨年の悔しさはもう味わいたくない。一戦集中で優勝する」と意気込みを語った。自身のアドバンテージを問われると志々目が「大きな大会で勝った経験値」、これを受けた阿部は「若さ」と応じ、笑顔で健闘を誓っていた。

各選手のコメント要旨は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月6日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.