PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

陣容厚過ぎる48kg級と52kg級が「2枠目」行使の最前線・平成30年全日本選抜体重別選手権大会女子7階級ひとこと展望

(2018年4月6日)

※ eJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。
陣容厚過ぎる48kg級と52kg級が「2枠目」行使の最前線
平成30年全日本選抜体重別選手権大会女子7階級ひとこと展望
eJudo Photo
ブダペスト世界選手権で金メダルに輝いた48kg級の渡名喜風南

男子に続いて、世界選手権代表選考と「2枠目」、そしてアジア大会代表選考の行方をメインテーマに、各階級を簡単に展望してみたい。

■女子

戦力、そして現時点で積み上げた成績を考えれば世界選手権「2枠」行使の最前線は間違いなく軽量級。渡名喜風南(パーク24)と近藤亜美(三井住友海上)の両世界王者がつば競り合いを続ける48kg級と、志々目愛(了徳寺学園職)と角田夏実(了徳寺学園職)の世界選手権金銀メダリストに加えて国際大会連戦連勝のホープ・阿部詩(夙川学院高3年)が躍進中の 52kg級が、普通に考えれば「鉄板」階級である。

朝比奈沙羅(パーク24)の代表選出が決定的な78kg超級における素根輝(南筑高3年)の存在、銀メダリスト梅木真美(ALSOK)と現状の一番手濵田尚里(自衛隊体育学校)が同居し、そしてまたもや最終選考直前に突如成績を残した佐藤藤瑠香が割って入った78kg級、世界選手権の覇者新井千鶴(三井住友海上)という絶対的な存在がありながらこの新井を相性的に得意としかつ今年粛々成績を積み上げてきた大野陽子(コマツ)が台頭しつつある70kg級など気になる階級数あれど、実績、そして「国内ランキングポイント」という論拠で大きく勝る軽量2階級を崩すのは難しい。

普通に進めば48kg級と52kg級に2枠目選手が投入され、この選抜体重別で「何か」があった場合にのみこれがズレると考えておくのが妥当。アジア競技大会といういわば「安全弁」をどう使い、どう五輪代表選考対象者グループを作っていくのか、選手の頑張りはもちろん、首脳陣のかじ取りにも注目したい。


■48kg級 世界王者2人の直接対決に期待、ともに決勝進出なれば2枠行使が現実的

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.