PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

注目は「2枠目」の行方、世界選手権代表争いを占う・平成30年全日本選抜体重別選手権大会男子7階級ひとこと展望

(2018年4月6日)

※ eJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。
注目は「2枠目」の行方、世界選手権代表争いを占う
平成30年全日本選抜体重別選手権大会男子7階級ひとこと展望
eJudo Photo
昨年度大会の開会式

バクー世界柔道選手権の日本代表選手最終選考会(※最重量級以外)を兼ねる年1回の体重別日本一決定戦、平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会(4月7日~8日、福岡国際センター)の開幕がいよいよあす7日に迫った。

言うまでもなくこの大会は体重別の国内最高権威大会、出場すること自体が至難の業であるこのジャンルの峰であるが、この大会は長いスパンで世界選手権あるいはオリンピックの最終選考会としての性格が強まり続けており、ついに今年は制度変更によって既に代表に内定している60kg級の髙藤直寿(パーク24)と66kg級の阿部一二三(日本体育大)が出場せず。ひとつの節目を迎えることとなった。

本稿もこの「世界選手権代表選考が最大の注目ポイント」という大きな文脈に沿いつつ、簡単に各階級のみどころを紹介していきたい。

世界選手権代表は、男女それぞれ7階級9名。このうち1階級に同時出場する選手は2人が最大であり、現行制度においてはこの「2枠目」の選考が非常な注目ポイント。これがかなりのみどころとなる。「2枠目」を目指す選手、また既に2枠目を目指すしかない選手のライバルは眼前ではなく他階級にあり、ゆえに単に勝つだけでは選ばれない可能性が高く、これが選手のモチベーションと試合展開の加速装置として非常に大きい。

もう1つ、今年は4年に1度のアジア競技大会開催年であることも忘れてはならない。現行の選考システムから考えれば、2020年東京五輪の代表選考対象者は今年の世界選手権に出る(2枠目、団体戦も含む)選手と、アジア大会代表に選ばれた選手までで事実上「足切り」。この選抜体重別は五輪を目指す選手にとって絶対に負けてはならない、五輪ロードマップ上の本年度最重要大会なのだ。

この選抜体重別は「最終選考会でありながら、選ばれる権利のない選手も参加している」ことが観戦上の大きなポイント。(五輪に向けた制度矛盾の最たるものであるが)。誰が「権利者」であるかもここで1度確認しておきたい。

※最重量級と100kg級の代表とアジア大会代表の代表発表は4月29日の全日本柔道選手権(女子は4月22日の皇后盃全日本女子柔道選手権)終了後。2枠目代表もここに合わせて発表される可能性が高い。

■男子

2枠目選考のオーバービューとして。現時点で2枠派遣の可能性が高いのはまず第一に73kg級。次いで60kg級、さらに100kg超級と90kg級かと考える。

73kg級には大野将平と橋本壮市と2人の世界王者がおり、かつ立川新が橋本を破ってグランドスラム東京で優勝を飾るなど躍進中。60kg級は昨年世界選手権で結果を残せなかった永山竜樹がワールドマスターズとグランプリ・デュッセルドルフに優勝、かつ2枠目の羅バルたちを大きく凌ぐ「国内ランキングポイント」を得ており、選考に一定の「理」がある状態。100kg超級は復調の原沢久喜をはじめ、国際大会で実績を残した「権利者」が4人、ベイカー茉秋の復帰なった90kg級は3人ひしめいており、選抜のシナリオ次第では十分ここに割って入る可能性がある。

昨年の時点では戦力的に2枠派遣の可能性が高かった100kg級は羽賀龍之介とウルフアロンの世界王者2名がともに負傷で長期離脱中、飯田健太郎も今季の国際大会では冴えず一気に空白地帯化。ただしこの階級は逆に言えば2020年に向けて潜在能力のある「矢」が既に3本ある状態でもあり、敢えて世界選手権に代表を送らずに他階級に「枠」を振り向ける施策すら考えられる。一時は「代表なし」が現実的であった81kg級、昨年実際に代表を送らなかった90kg級に若手が勃興している折でもあり、これも視野に入れて全体を観察するべきだ。変数まことに多し、どの階級の結果も、そしてその内容からも目が離せない。


■60kg級 永山竜樹の出来に注目集まる、「爆勝」が2枠目選考の必須条件

代表内定者;髙藤直寿(パーク24) ※出場せず
選考対象者:永山竜樹(東海大4年)、志々目徹(了徳寺学園職)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.