PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

上り調子の国士舘が木更津総合に完勝、桐蔭学園はフルメンバー組んで福岡大大濠を凌ぐ・第40回全国高等学校柔道選手権大会男子団体試合マッチレポート④準々決勝

(2018年4月4日)

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。
上り調子の国士舘が木更津総合に完勝、桐蔭学園はフルメンバー組んで福岡大大濠を凌ぐ
第40回全国高等学校柔道選手権大会男子団体試合マッチレポート④準々決勝
eJudo Photo
桐蔭学園の先鋒は千野根有我、福岡大大濠は岸川尚矢がマッチアップ

文責:古田英毅
撮影:乾晋也、辺見真也、古賀恒夫

■準々決勝

[第1試合]
桐蔭学園高(神奈川) - 福岡大大濠高(福岡)
(先)千野根有我 - 岸川尚矢(先)
(次)高山康太 - 釘本陸(次)
(中)安藤健志 - 石嵜信太郎(中)
(副)賀持喜道 - 野田隆世(副)
(大)村尾三四郎 - 中西一生(大)

ここまで負傷を抱えた賀持喜道をベンチに残し、かつ千野根有我と村尾三四郎に「なるべく試合をさせない」方針でオーダーを組んできた桐蔭学園であったが、ステージが変わったとばかりにこの準々決勝から戦略を一変。賀持を投入してフルメンバーで布陣、かつ先鋒に抜き役として千野根有我を前出しした。一方の福岡大大濠はエース中西一生を大将に置き、副将の九州新人戦100kg超級王者・野田隆世と並べてポイントゲッターブロックを形成する抜き試合の王道陣形。あとは安定感のある釘本陸をどこに置くかが用兵上の最後のピースであるが、これを次鋒に配置することとなった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.