PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

シード8校が揃って準々決勝進出、圧勝の天理筆頭に「三強」はいずれも快勝・第40回全国高等学校柔道選手権大会男子団体試合マッチレポート③三回戦

(2018年4月2日)

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。
シード8校が揃って準々決勝進出、圧勝の天理筆頭に「三強」はいずれも快勝
第40回全国高等学校柔道選手権大会男子団体試合マッチレポート③三回戦
eJudo Photo
第2試合、長崎日大・桂嵐斗の袖釣込腰を高山康太が耐える

文責:古田英毅
撮影:乾晋也、辺見真也、古賀恒雄


■三回戦

【Aブロック】

桐蔭学園高(神奈川) - 長崎日大高(長崎)
(先)奥田訓平 - 老野祐平(先)
(次)高山康太 - 桂嵐斗(次)
(中)安藤健志 - 三浦竹太郎(中)
(副)千野根有我 - 中里祐太(副)
((大)村尾三四郎 - 山口雅矢(大)

桐蔭学園のオーダー方針は2回戦と変わらず。負傷中の賀持喜道をベンチに取り置き、残るポイントゲッター千野根有我と村尾三四郎の2枚を上位対戦まで少しでも温存すべく最後衛配置。奥田訓平、高山康太、安藤健志の周辺戦力3枚をまとめて前衛ブロックを構成し、相手の戦力を削りに掛かった。一方の長崎日大は前戦で劇的な決勝点を挙げた66kg級の強者桂嵐斗を前出し、次鋒に置いて布陣。相手が前戦同様「本丸」を後に置き、周辺戦力を前出ししてくることを織り込んだ上で、まず戦力薄い前衛を荒らしてスコア的なアドバンテージを得てしまおうというもの。あわよくばこの桂で千野根、村尾の後衛まで辿り着こうという野心を抱えていることもまた間違いない。

桐蔭学園の後衛2枚の強力さを考えれば勝敗自体が揺らぐ可能性は小さい。勝敗を越えた試合の焦点は、上位対戦に辿り着く時点における桐蔭学園の残存戦力の見積もりということになる。すなわち長崎日大がどこまで桐蔭学園の戦力を減じて、後衛2枚に何試合の負担を強いるか。そして桐蔭学園が戦力的にも精神的なスクランブル状態にあることを考えれば、その「浸食」の度合いによっては最終的に勝敗を揺らす可能性すら皆無ではない。波状攻撃で前衛を突破し、千野根を削り、本丸村尾三四郎を引っ張り出したいところ。一方の桐蔭学園の目的は変わらず、ベスト4進出までの千野根と村尾の出番を1試合でも減らして勝ち上がること。そして賀持をベンチに置かざるを得ないこのスクランブル状態においては、何よりまず、きちんと勝ち上がることだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版4月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.