PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第40回全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級マッチレポート

(2018年3月26日)

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。
第40回全国高等学校柔道選手権・女子個人戦5階級マッチレポート
eJudo Photo
48kg級準決勝、芳田真が渡邉愛子から体落「技有」

取材・文:原輝地/eJudo編集部
撮影:乾晋也、辺見真也

■48kg級・芳田真が優勝、決勝は積年のライバル村川実葉瑠を豪快「一本」

有力選手が揃った混戦トーナメントを決勝まで勝ち上がったのは前回大会で3位入賞を果たしている芳田真(滋賀・比叡山高)と翌日の団体戦で連覇を狙う夙川学院高の先鋒で登録されている村川実葉瑠(兵庫・夙川学院高)の二人。

芳田は初戦となった2回戦で佐藤茉優(群馬・前橋育英高)を支釣込足「一本」(0:38)で下し好スタートを切ると、3回戦も堀紫音(和歌山・紀央館高)に体落「一本」(0:49)で快勝し順当に準々決勝へと勝ち進む。ここから芳田は強者と連戦、準々決勝で全日本ジュニア3位の野村真希(山梨・富士学苑高)にGS「技有」(GS1:12)、準決勝で実力者の渡邉愛子(神奈川・横須賀学院高)に体落「技有」優勢とこの山場をしっかり制し、勢いを得て決勝の畳に上ることとなった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.