PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大成中学校が大会2連覇、決勝は丘中学校Aとの接戦を制す・第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会女子の部

(2018年3月25日)

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。
大成中学校が大会2連覇、決勝は丘中学校Aとの接戦を制す
第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会女子の部
eJudo Photo
2連覇の大成中学校

埼玉県立武道館(上尾市)で行われている第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会は25日、最終日の決勝トーナメント1回戦から決勝までが行われ、女子の部では大成中学校A(愛知)が優勝を飾った。大成中学校は昨年の優勝(Bチーム)に続く大会2連覇。

大成中学校Aは第1シードで大会をスタートすると、予選リーグでは拝島中学校(東京)を3対0、吉田中学校(山梨)を3対0、高川学園中学校(山口)Aを3対0と、3試合続けての全勝で2日目への勝ち残りを決める。シード枠としてベスト8からの登場となった決勝トーナメントでは先鋒の髙橋安未と中堅の奥井花奈が揃って好調、準々決勝では守山中学校(滋賀)を2対0、準決勝では東松山北中学校(埼玉)を2対1とこの2人の連勝をテコに決勝進出を決める。丘中学校A(長野)を相手に迎えた決勝は、これまで切り込み隊長として全試合で得点を上げてきた髙橋が塩原未々に引き分けられてしまう厳しい滑り出し。しかし、中堅の奥井が隅落「一本」(2:24)で勝利して大きく流れを引き寄せ、最後は大将の澤崎凜がしっかりと引き分けて1-0でフィニッシュ、みごと大会2連覇を達成した。

決勝の戦評と大成中学校・後藤邦仁監督のコメント、入賞者および決勝トーナメント1回戦のスコアと準々決勝以降全試合の対戦詳細は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.