PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大成中学校が大会2連覇、決勝は丘中学校Aとの接戦を制す・第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会女子の部

(2018年3月25日)

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。
大成中学校が大会2連覇、決勝は丘中学校Aとの接戦を制す
第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会女子の部
eJudo Photo
2連覇の大成中学校

埼玉県立武道館(上尾市)で行われている第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会は25日、最終日の決勝トーナメント1回戦から決勝までが行われ、女子の部では大成中学校A(愛知)が優勝を飾った。大成中学校は昨年の優勝(Bチーム)に続く大会2連覇。

大成中学校Aは第1シードで大会をスタートすると、予選リーグでは拝島中学校(東京)を3対0、吉田中学校(山梨)を3対0、高川学園中学校(山口)Aを3対0と、3試合続けての全勝で2日目への勝ち残りを決める。シード枠としてベスト8からの登場となった決勝トーナメントでは先鋒の髙橋安未と中堅の奥井花奈が揃って好調、準々決勝では守山中学校(滋賀)を2対0、準決勝では東松山北中学校(埼玉)を2対1とこの2人の連勝をテコに決勝進出を決める。丘中学校A(長野)を相手に迎えた決勝は、これまで切り込み隊長として全試合で得点を上げてきた髙橋が塩原未々に引き分けられてしまう厳しい滑り出し。しかし、中堅の奥井が隅落「一本」(2:24)で勝利して大きく流れを引き寄せ、最後は大将の澤崎凜がしっかりと引き分けて1-0でフィニッシュ、みごと大会2連覇を達成した。

決勝の戦評と大成中学校・後藤邦仁監督のコメント、入賞者および決勝トーナメント1回戦のスコアと準々決勝以降全試合の対戦詳細は下記。

文責:林さとる/eJudo編集部
撮影:辺見真也

eJudo Photo
連覇に挑む大成中

eJudo Photo
丘中は初優勝を狙う

eJudo Photo
先鋒戦、大成中の髙橋安未が左小外掛で丘中・塩原未々を大きく崩す

※エントリー40チーム。先鋒は52kg以下、中堅は63kg以下、大将は無差別。2017年12月までの「国際柔道試合審判規定」および「少年大会特別規定」採用、勝敗の基準は「技有」もしくは「指導2」差以上。

【決勝戦評】

大成中学校A(愛知) 1-0 丘中学校A(長野)
(先)髙橋安未×引分×塩原未々
(中)奥井花奈○隅落(2:24)△矢澤愛理
(大)澤崎凜×引分×山下朱音

これまで勝ち上がりを見る限り、大成中Aは前重心、一方の丘中Aは後重心の布陣。大成中は先鋒戦と中堅戦を連取して早期決着を狙いたいが、丘中としては反対に先鋒、中堅を凌いで大将で勝負したいところ。試合はそのまま両校の思惑が激突する形となり、3試合とも攻守の構図がはっきりとした展開となった。

先鋒戦は右相四つ。双方が引き手で袖口付近を持ち、絞り合う形で試合が進行する。引き分けに持ち込みたい丘中の塩原は相手の攻撃を封じつつ、不利な形になると低い右背負投に伏せて展開をリセット。反対に是が非でも得点を得たい大成中・髙橋は釣り手を絞られたまま片襟の右大外刈を放って攻め続ける。57秒、指を絡めて組み手を防いだ咎で塩原に「指導1」。ここから髙橋は1分10秒に左小外掛、1分40秒に右大外刈と惜しい技で相手を畳に這わせるが、いずれも得点には至らない。2分20秒には塩原が右背負投を放って手数差による「指導」失陥を回避。結局ポイントの変動がないままタイムアップを迎え、先鋒戦は丘中の狙い通り引き分けに終わる。

eJudo Photo
中堅戦、大成中の奥井花奈が丘中・矢澤愛理から会心の隅落「一本」

eJudo Photo
大将戦、大成中の澤崎凜は姿勢良く構えて丘中・山下朱音に攻撃のチャンスを与えず

中堅戦も右相四つ。この試合も攻める大成中・奥井に凌ぐ丘中・矢澤という構図。序盤はお互いに袖を絞り合っては切る展開が続き、1分1秒に両者に組み合わない咎による「指導1」が与えられる。なんとかチャンスを作りたい奥井は袖を絞られたままの右払腰で攻めるが、不十分な形のために相手を崩すことができない。それどころか、中盤以降は反対に矢澤が同じ理合の右内股で奥井を崩す場面が増える。残り時間が40秒を切って引き分けの予感が漂い始めた2分36秒、奥井は組み際に右釣り手で相手の脇を差すと、勢い良く前に出ながら左引き手で反対の脇を掬って隅落。ハンドル操作で矢澤を浴びせ倒して「一本」(2:24)を獲得する。奥井が強烈な一本勝ちで試合の流れを一気に自陣に引き寄せた。

大将戦は右相四つ。「一本」のビハインドを追う丘中は山下が一本勝ちして代表戦に持ち込むしかない非常に厳しい状況。しかし、大成中の澤崎は姿勢良く二本を持って山下が間合いに入ることを許さない。山下は強引な右一本背負投で攻撃のきっかけを作ろうとするが、背筋を伸ばして距離を取る澤崎は崩れず。結局この膠着状態が最後まで続き、双方ポイントがないまま3分間が終了。この引き分けを以て最終スコアは1-0、大成中が2連覇を決めた。

eJudo Photo
近代柔道杯が授与される

【入賞者】
(エントリー40チーム)

優 勝:大成中学校A(愛知)
準優勝:丘中学校A(長野)
第三位:東松山北中学校(埼玉)、大成中学校B(愛知)

一本勝ち大賞:奥井花奈(愛知・大成中学校A)
優秀選手賞:澤崎凜(愛知・大成中学校A)、髙橋安未(愛知・大成中学校A)、山下朱音(長野・丘中学校A)、矢澤愛理(長野・丘中学校A)、新井万央(埼玉・東松山北中学校)、浮田笑子(愛知・大成中学校B)

大成中学校・後藤邦仁監督のコメント
「昨年10月に監督になって、全国大会優勝は初めて。母校に帰って来れて名誉に思いましたが、プレッシャーも感じていました。教師になってもともと新しいチームをイチから作り上げていくイメージでいましたが、意外にも大成でやらせてもらえることになり、100に近いところから継続するといういままで考えていたのとは違うミッションに挑むことになりました。これはこれで本当に難しい。ただ親御さんたちをはじめ、支えてくれる人たちが本当に素晴らしく、やりがいを感じています。日本一の指導者になりたいし、世界に羽ばたかせてあげられるような指導をしたい。今日は勝つことが出来ましたがまだまだ強い学校はいっぱいあります。頑張ります」

【決勝トーナメント1回戦】

守山中学校(滋賀) 2-0 田主丸中学校A(福岡)
東松山北中学校(埼玉) 2-0 東海大静岡翔洋高中等部(静岡)
国士舘中学校(東京) 1-0 広陵中学校A(奈良)
箕島中学校(和歌山)○0代-0△金目中学校(神奈川)

【準々決勝】

大成中学校A(愛知) 2-0 守山中学校(滋賀)
(先)髙橋安未○大外刈(2:24)△安枝風香
(中)奥井花奈○内股(2:07)△南平優華
(大)澤崎凜×引分×川嶋海来

東松山北中学校(埼玉) 1-0 帝京中学校(東京)
(先)新井心彩×引分×山﨑麗菜
(中)星野七虹○優勢[技有・内股]△鈴木彩矢
(大)新井万央×引分×大髙ひかり

大成中学校B(愛知) ①-1 国士舘中学校(東京)
(先)横山美幸×引分×矢田百香
(中)浮田笑子○優勢[技有・払腰]△稲葉千皓
(大)今井七海△優勢[僅差]○菊池明菜

丘中学校A(長野) 3-0 箕島中学校(和歌山)
(先)塩原未々○優勢[技有・払腰]△宮井杏
(中)矢澤愛理○優勢[技有・払腰]△中本真奈美
(大)山下朱音○上四方固(3:00)△朝原寿天良

【準決勝】

大成中学校A(愛知) 2-1 東松山北中学校(埼玉)
(先)髙橋安未○横四方固(2:39)△新井心彩
(中)奥井花奈○優勢[技有・内股]△星野七虹
(大)澤崎凜△優勢[技有・大外巻込]○新井万央

丘中学校A(長野) 2-0 大成中学校B(愛知)
(先)塩原未々×引分×横山美幸
(中)矢澤愛理○優勢[僅差]△浮田笑子
(大)山下朱音○払腰(1:50)△今井七海

【決勝】

大成中学校A(愛知) 1-0 丘中学校A(長野)
(先)髙橋安未×引分×塩原未々
(中)奥井花奈○隅落(2:24)△矢澤愛理
(大)澤崎凜×引分×山下朱音

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.