PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

最重量級は東部直希が優勝、日本勢が4階級を制す・ブレーメン国際柔道大会

(2018年3月25日)

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。
最重量級は東部直希が優勝、日本勢が4階級を制す・ブレーメン国際柔道大会
ブレーメン国際柔道大会(JUDO International Masters Bremen 2018)が25日、ドイツのブレーメンで開催された。

日本からは7階級に7名の選手が出場し、60kg級で武岡毅(足立学園高3年)、66kg級で湯本祥真(桐蔭学園高3年)、81kg級で奥田將人(京都学園高3年)、100kg超級で東部直希(大成高3年)がそれぞれ優勝を飾った。

各階級の入賞者と日本代表選手全試合の結果は下記。

※この記事の海外選手名表記は全日本柔道連盟のリリースに拠っています

■60kg級

(エントリー64名)

【入賞者】
1.Takeshi Takeoka (JPN)
2.Renan Torres (BRA)
3.Almas Galymov (KAZ)
3.Ali Gholipour Motlagh (IRI)
5.Nurzat Salimbayev (KAZ)
5.Theo Giallurachis (FRA)
7.Dylan Munro (GBR)
7.Bauyrzhan Narbayev (KAZ)

【日本代表選手勝ち上がり】

武岡毅(足立学園高3年)
成績:優勝


[1回戦]
武岡毅○GS隅落△イホニス(フランス)

[2回戦]
武岡毅○合技△エニオ(オランダ)

[3回戦]
武岡毅○大外刈△ジュリエン(ベルギー)

[準々決勝]
武岡毅○合技△ヌルザット(カザフスタン)

[準決勝]
武岡毅○合技△アリィ(イラン)

[決勝]
武岡毅○反則[指導3]△レナン(ブラジル)

■66kg級

(エントリー74名)

【入賞者】
1.Shoma Yumoto (JPN)
2.Willian Lima (BRA)
3.Ilyas Nussipbayev (KAZ)
3.Bakhitzhan Abdurakhmanov (KAZ)
5.Artjoms Galaktionovs (LAT)
5.Widdman Laudort (FRA)
7.Abolfazl Mahmoudi (IRI)
7.Aibolat Ystybay (KAZ)

【日本代表選手勝ち上がり】

湯本祥真(桐蔭学園高3年)
成績:優勝


[1回戦]
湯本祥真○内股△カイ(ドイツ)

[2回戦]
湯本祥真○GS大内刈△ジェーン(フランス)

[3回戦]
湯本祥真○大内刈△ジョナス(オランダ)

[4回戦]
湯本祥真○内股△イエルメク(カザフスタン)

[準々決勝]
湯本祥真○崩袈裟固△アイボラット(カザフスタン)

[準決勝]
湯本祥真○合技△イィヤス(カザフスタン)

[決勝]
湯本祥真○内股△ウィリアン(ブラジル)

■73kg級

(エントリー84名)

【入賞者】
1.Hugo Tchorowski (FRA)
2.Adam Bydzovský (CZE)
3.Fabien Le Touze (FRA)
3.Yuya Murakami (JPN)
5.Enzo Gibelli (FRA)
5.Zhanbolat Bagtbergenov (KAZ)
7.Angsarbek Gainullin (KAZ)
7.Jan Willem Loer (NED)

【日本代表選手勝ち上がり】

村上優哉(神戸国際大付高3年)
成績:3位


[1回戦]
村上優哉○合技△アスランベック(ベルギー)

[2回戦]
村上優哉○送襟絞△リアン(イギリス)

[3回戦]
村上優哉○袈裟固△ガレン(スイス)

[4回戦]
村上優哉○片羽絞△フェディエン(フランス)

[準々決勝]
村上優哉○上四方固△クアン(カザフスタン)

[準決勝]
村上優哉△支釣込足○アダム(チェコ)

[3位決定戦]
村上優哉○縦四方固△ザンボラット(カザフスタン)

■81kg級

(エントリー65名)

【入賞者】
1.Masato Okuda (JPN)
2.Luanh Rodrigues (BRA)
3.Coen van Winden (NED)
3.Jan Reijntjens (NED)
5.Leonardo Lara (BRA)
5.Abuashvili Giga (FRA)
7.Max Laborde (FRA)
7.Nikita Duinovs (LAT)

【日本代表選手勝ち上がり】

奥田將人(京都学園高3年)
成績:優勝


[1回戦]
奥田將人○内股△ベネディクト(イギリス)

[2回戦]
奥田將人○足車△シモン(スイス)

[3回戦]
奥田將人○隅落△バラク(カザフスタン)

[準々決勝]
奥田將人○合技△アブアシビリ(フランス)

[準決勝]
奥田將人○合技△レオナルド(ブラジル)

[決勝]
奥田將人○反則[指導3]△ローウン(ブラジル)

■90kg級

(エントリー45名)

【入賞者】
1.Tim Schmidt (GER)
2.Falk Petersilka (GER)
3.Tom Boneschansker (NED)
3.Raymon de Vos (NED)
5.Ryohei Arai (JPN)
5.Matheus Assis (BRA)
7.Willi Myrow (GER)
7.Baghcheghi Ghasem (IRI)

【日本代表選手勝ち上がり】

新井涼平(名張高3年)
成績:5位


[1回戦]
新井涼平○背負投△マッテオ(ドイツ)

[2回戦]
新井涼平○内股△レウィス(イギリス)

[3回戦]
新井涼平○優勢[技有・大内刈]△ウィイリ(ドイツ)

[準々決勝]
新井涼平○合技△リチャード(ドイツ)

[準決勝]
新井涼平△隅落○ティム(ドイツ)

[3位決定戦]
新井涼平△三角絞○レイモン(オランダ)

■100kg級

(エントリー32名)

【入賞者】
1.Daniel Zorn (GER)
2.Jelle Snippe (NED)
3.Lucas Lima (BRA)
3.Paul Devos (FRA)
5.Yvo Witassek (GER)
5.Radim Dvorák (CZE)
7.Evan Courties (FRA)
7.Muhamad Dzhamalutdinov (GER)

【日本代表選手勝ち上がり】

梅野雅崇(埼玉栄高3年)
成績:1回戦敗退


[1回戦]
梅野雅崇△優勢[技有・払巻込]〇マティアス(デンマーク)

■100kg超級

(エントリー18名)

【入賞者】
1.Naoki Tobe (JPN)
2.Daniel Messelberger (GER)
3.Hamidreza Malekzadeh (IRI)
3.Andre Soares (BRA)
5.Jonas Schreiber (GER)
5.Jonas Pütz (GER)
7.Erik Abramov (GER)
7.Vladlens Jarockis (LAT)

【日本代表選手勝ち上がり】

東部直希(大成高3年)
成績:優勝


[1回戦]
東部直希○払腰△ルカ(フランス)

[準々決勝]
東部直希○GS払腰△エリック(ドイツ)

[準決勝]
東部直希○払腰△アンドレ(ブラジル)

[決勝]
東部直希○大外刈△ダニエル(ドイツ)

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.