PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

世界チャンピオン中矢力が技を披露・第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会

(2018年3月24日)

※ eJudoメルマガ版3月24日掲載記事より転載・編集しています。
世界チャンピオン中矢力が技を披露・第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会
eJudo Photo
技を披露する中矢力。司会は大会OGでもある柔道芸人・あいすけが務めた。

24日に埼玉県立武道館(上尾市)で開幕した第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会で、世界選手権73kg級の覇者(2011年パリ大会、2014年チェリャビンスク大会)中矢力が、中学生選手約500名を相手に技術講習を行った。

開会式直後に行われたこのイベントで、中矢が解説した技は背負投と体落。「釣り手を落とされた場合」「ケンカ四つの場合」とバリエーションもいくつか披露し、「なかなか掛からないがなんとか投げたいと試合の中で工夫して、自然にできるようになった。皆さんも投げたい、勝ちたい気持ちを大事に頑張って欲しい」と試合を控えた選手たちにエールを送っていた。

※ eJudoメルマガ版3月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.