PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]史上に残る熱戦制して国士舘が3年ぶり9度目の優勝、最優秀選手は斉藤立・第40回全国高等学校柔道選手権大会男子団体試合

(2018年3月21日)

※ eJudoメルマガ版3月21日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]史上に残る熱戦制して国士舘が3年ぶり9度目の優勝、最優秀選手は斉藤立
第40回全国高等学校柔道選手権大会男子団体試合
eJudo Photo
決勝、国士舘高の大将・斉藤立が天理高の副将・中野寛太から左体落「一本」

第40回全国高等学校柔道選手権大会は最終日の21日、日本武道館で男女団体試合が行われ、五人制抜き勝負で争う男子は国士舘高(東京)が3年ぶり9度目の優勝を飾った。

圧勝続きで勝ち進んだ国士舘は決勝で天理高(奈良)と対戦。先鋒藤永龍太郎と次鋒安藤稀梧で3勝1敗、順調に2人差のリードを得たが、ここから登場した天理の副将・個人戦無差別の覇者中野寛太にあっという間に3人を抜かれてビハインドを負うピンチ。しかしここで登場した1年生エースの斉藤立が中野を1分14秒の左体落「一本」に屠り、続く大将同士の対決でも植岡虎太郎を相手に43秒豪快な左内股「一本」で勝利。みごと優勝を決めた。

準決勝と決勝で計3試合を戦ったのみの斉藤だったが残したインパクトは絶大、当然のように最優秀選手にも選ばれた。

中野の凄まじい強さに沸き、それを超える斉藤のまさしく規格外の強さにどよめく。前日個人戦無差別で中野と決勝を争った村尾三四郎(桐蔭学園高)と併せて、超高校級3人の競演に日本武道館が大いに沸いた2日間だった。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の国士舘高

【入賞者】

優 勝:国士舘高(東京)
準優勝:天理高(奈良)
第三位:桐蔭学園高(神奈川)、東海大相模高(神奈川)
第五位:福岡大大濠高(福岡)、崇徳高(広島)、木更津総合高(千葉)、大成高(愛知)

最優秀選手:斉藤立(国士館高)
優秀選手:安藤稀梧(国士館高)、中野寛太(天理高)、千野根有我(桐蔭学園高)、大村康太(東海大相模高)

【準々決勝】

桐蔭学園高(神奈川)○一人残し△福岡大大濠高(福岡)
(先)千野根有我○反則[指導3]△岸川尚矢(先)
(先)千野根有我×引分×釘本陸(次)
(次)高山康太○大内刈(0:45)△石嵜信太郎(中)
(次)高山康太×引分×野田隆世(副)
(中)安藤健志△袖釣込腰〇中西一生(大)
(副)賀持喜道×引分×中西一生(大)
(大)村尾三四郎

天理高(奈良)○一人残し△崇徳高(広島)
(先)植岡虎太郎×引分×篠原泰斗(先)
(次)水上世嵐×引分×松岡大輝(次)
(中)井上直弥○反則[指導3]△松尾理来(中)
(中)井上直弥×引分×福永夏生(副)
(副)池田凱翔×引分×八木郁実(大)
(大)中野寛太

国士舘高(東京)○三人残し△木更津総合高(千葉)
(先)藤永龍太郎○大外刈(1:34)△北條嘉人(先)
(先)藤永龍太郎×引分×小宮大倭(次)
(次)長谷川碧×引分×浅野史恩(中)
(中)酒井陸○反則[指導3](2:09)△板東虎之輔(副)
(中)酒井陸○反則[指導3](1:11)井上泰司(大)
(副)斉藤立
(大)道下新大

東海大相模高(神奈川)○一人残し△大成高(愛知)
(先)近藤悠瑞×引分×大竹龍之助(先)
(次)山本銀河×引分×藤鷹裕大(次)
(中)成澤登夢△優勢[僅差]○瀬戸裕太朗(中)
(副)大村康太○優勢[僅差]△瀬戸裕太朗(中)
(副)大村康太○優勢[技有・払巻込]△田中翔太(副)
(副)大村康太△内股(2:51)○大西陸斗(大)
(大)榎田大人○一本背負投(0:14)△大西陸斗(大)

【準決勝】

天理高(奈良)○一人残し△桐蔭学園高(神奈川)
(先)水上世嵐×引分×高山康太(先)
(次)植岡虎太郎△優勢[僅差]○千野根有我(次)
(中)池田凱翔×引分×千野根有我(次)
(副)中野寛太○反則[指導3](1:35)△賀持喜道(中)
(副)中野寛太○払腰(0:44)△安藤健志(副)
(副)中野寛太×引分×村尾三四郎(大)
(大)井上直弥

国士舘高(東京)○二人残し△東海大相模高(神奈川)
(先)藤永龍太郎○優勢[技有・小外刈]△谷内竜太郎(先)
(先)藤永龍太郎×引分×山本銀河(次)
(次)安藤稀梧×引分×大村康太(中)
(中)道下新大×引分×成澤登夢(副)
(副)斉藤立○横四方固(2:18)榎田大人(大)
(大)酒井陸

【決勝】

国士舘高(東京)○一人残し△天理高(奈良)
(先)藤永龍太郎○優勢[技有・出足払]△井上直弥(先)
(先)藤永龍太郎△優勢[技有・内股透]○水上世嵐(次)
(次)安藤稀梧○小外掛(2:38)△水上世嵐(次)
(次)安藤稀梧○優勢[技有・内股]△池田凱翔(中)
(次)安藤稀梧△浮腰(0:34)○中野寛太(副)
(中)道下新大△支釣込足(0:20)○中野寛太(副)
(副)酒井陸△小外掛(2:01)○中野寛太(副)
(大)斉藤立○体落(1:14)△中野寛太(副)
(大)斉藤立○内股(0:43)△植岡虎太郎(大)


取材・文:古田英毅/eJudo編集部
撮影:乾晋也、辺見真也

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版3月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.