PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]髙山莉加がアギアール破って優勝、田中志歩は5位・グランドスラムエカテリンブルク2018最終日女子

(2018年3月19日)

※ eJudoメルマガ版3月19日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]髙山莉加がアギアール破って優勝、田中志歩は5位・グランドスラムエカテリンブルク2018最終日女子
(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg級決勝、髙山莉加がルイーズ・マルツァーンを腕緘「一本」に仕留める

グランドスラム・エカテリンブルク大会は18日、ロシアのエカテリンブルクで閉幕。最終日は男女7階級の競技が行われ、女子は70kg級でマリア・ポーテラ(ブラジル)、78kg級で髙山莉加(三井住友海上)、78kg超級でラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)がそれぞれ優勝を飾った。

78kg級の髙山は準々決勝で現役世界王者であるマイラ・アギアール(ブラジル)を浮落と横四方固の合技「一本」(2:47)で破る大活躍。決勝でもルイーズ・マルツァーン(ドイツ)を得意の腕緘「一本」(2:07)に仕留め、見事表層台の頂点にたどり着いた。

70kg級に出場した田中志歩(環太平洋大1年)は、準決勝でタイシア・キリエワ(ロシア)に腕挫十字固「一本」(1:53)を奪われトーナメントから脱落。3位決定戦でもバルバラ・ティモ(ブラジル)に左背負投「技有」優勢で敗れて表彰台を逃した。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 70kg級
eJudo Photo
70kg級メダリスト。左からキリエワ、ポーテラ、ティモ、マティッチ。

(エントリー14名)

【入賞者】
1.PORTELA, Maria (BRA)
2.KIREEVA, Taisia (RUS)
3.TIMO, Barbara (BRA)
3.MATIC, Barbara (CRO)
5.TANAKA, Shiho (JPN)
5.GERCSAK, Szabina (HUN)
7.YEATSBROWN, Katiejemima (GBR)
7.MALTSEVA, Valentina (RUS)

【準々決勝】
マリア・ポーテラ(ブラジル)○裏投(2:33)△ケイティジェミマ・イエーツブラウン(イギリス)
サビナ・ゲルチャク(ハンガリー)○優勢[技有・小外掛]△バルバラ・ティモ(ブラジル)
タイシア・キリエワ(ロシア)○合技[背負投・抱分](0:25)△バルバラ・マティッチ(クロアチア)
田中志歩○上四方固(3:39)△ヴァレンティーナ・マルツェワ(ロシア)

【敗者復活戦】
バルバラ・ティモ(ブラジル)○優勢[技有・背負投]△ケイティジェミマ・イエーツブラウン(イギリス)
バルバラ・マティッチ(クロアチア)○反則[指導3](3:38)△ヴァレンティーナ・マルツェワ(ロシア)

【準決勝】
マリア・ポーテラ(ブラジル)○合技[背負投・出足払](2:08)△サビナ・ゲルチャク(ハンガリー)
タイシア・キリエワ(ロシア)○腕挫十字固(1:53)△田中志歩

【3位決定戦】
バルバラ・ティモ(ブラジル)○優勢[技有・背負投]△田中志歩
バルバラ・マティッチ(クロアチア)○袖釣込腰(0:59)△サビナ・ゲルチャク(ハンガリー)

【決勝】
マリア・ポーテラ(ブラジル)○崩袈裟固(1:19)△タイシア・キリエワ(ロシア)

【日本代表選手勝ち上がり】

田中志歩(環太平洋大1年)
成績:5位


[1回戦]
田中志歩○反則[指導3](GS0:24)△ファニー=エステル・ポスヴィト(フランス)

[準々決勝]
田中志歩○上四方固(3:39)△ヴァレンティーナ・マルツェワ(ロシア)

[準決勝]
田中志歩○腕挫十字固(1:53)△タイシア・キリエワ(ロシア)

[3位決定戦]
田中志歩△優勢[技有・背負投]○バルバラ・ティモ(ブラジル)

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級メダリスト。左からマルツァーン、髙山、アギアール、ヴァグナー。

(エントリー13名)

【入賞者】
1.TAKAYAMA, Rika (JPN)
2.MALZAHN, Luise (GER)
3.AGUIAR, Mayra (BRA)
3.WAGNER, Anna Maria (GER)
5.BASTAREAUD, Stessie (FRA)
5.PACUT, Beata (POL)
7.AMANGELDIYEVA, Albina (KAZ)
7.NIKIFOROVA, Niurguiana (RUS)

【準々決勝】
髙山莉加○合技[浮落・横四方固](2:47)△マイラ・アギアール(ブラジル)
ベアタ・パクト(ポーランド)○合技[背負投・横四方固](3:07)△アルビナ・アマンゲルディエワ(カザフスタン)
ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)○合技[引込返・崩袈裟固](3:51)△ニウルギアナ・ニキフォロワ(ロシア)
ステッシー・バスタホ(フランス)○腕挫十字固(2:34)△アナマリア・ヴァグナー(ドイツ)

【敗者復活戦】
マイラ・アギアール(ブラジル)○支釣込足(1:58)△アルビナ・アマンゲルディエワ(カザフスタン)
アナマリア・ヴァグナー(ドイツ)○片手絞(3:26)△ニウルギアナ・ニキフォロワ(ロシア)

【準決勝】
髙山莉加○横四方固(0:56)△ベアタ・パクト(ポーランド)
ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)○GS技有・払腰(GS0:24)△ステッシー・バスタホ(フランス)

【3位決定戦】
マイラ・アギアール(ブラジル)○優勢[技有・谷落]△ステッシー・バスタホ(フランス)
アナマリア・ヴァグナー(ドイツ)○内股(1:44)△ベアタ・パクト(ポーランド)

【決勝】
髙山莉加○腕緘(2:07)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)

【日本代表選手勝ち上がり】

髙山莉加(三井住友海上)
成績:優勝


[1回戦]
髙山莉加○横四方固(3:43)△アレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア)

[準々決勝]
髙山莉加○合技[浮落・横四方固](2:47)△マイラ・アギアール(ブラジル)

[準決勝]
髙山莉加○横四方固(0:56)△ベアタ・パクト(ポーランド)

[決勝]
髙山莉加○腕緘(2:07)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級メダリスト。左からアルセマン、セリッチ、ソウザ、ヴァイス。

(エントリー8名)

【入賞者】
1.CERIC, Larisa (BIH)
2.ALTHEMAN, Maria Suelen (BRA)
3.SOUZA, Beatriz (BRA)
3.WEISS, Carolin (GER)
5.CHIBISOVA, Ksenia (RUS)
5.GASPARIAN, Anzhela (RUS)
7.ARTOSHINA, Olga (RUS)
7.SHEKEROVA, Mariia (RUS)

【準々決勝】
ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)○合技[外巻込・横四方固](3:05)△オルガ・アルトシナ(ロシア)
カロリン・ヴァイス(ドイツ)○片手絞(3:02)△クセニア・チビソワ(ロシア)
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○反則[指導3](2:49)△マリア・シェケロワ(ロシア)
ベアトリス・ソウザ(ブラジル)○大外刈(2:52)△アンジェラ・ガスパリアン(ロシア)

【敗者復活戦】
クセニア・チビソワ(ロシア)○反則[指導3](2:28)△オルガ・アルトシナ(ロシア)
アンジェラ・ガスパリアン(ロシア)○片手絞(1:28)△マリア・シェケロワ(ロシア)

【準決勝】
ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)○小外掛(3:26)△カロリン・ヴァイス(ドイツ)
マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)○裏投(2:13)△ベアトリス・ソウザ(ブラジル)

【3位決定戦】
ベアトリス・ソウザ(ブラジル)○合技[大内刈・谷落](2:46)△クセニア・チビソワ(ロシア)
カロリン・ヴァイス(ドイツ)○大内刈(3:35)△アンジェラ・ガスパリアン(ロシア)

【決勝】
ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)○反則[指導3](3:52)△マリア=スエレン・アルセマン(ブラジル)

※日本代表選手の出場はなし

※ eJudoメルマガ版3月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.