PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「総力戦で連覇を目指す、キーマンはもっか絶好調の千野根有我」第40回全国高等学校柔道選手権男子有力校監督インタビュー①桐蔭学園高・高松正裕監督

(2018年3月14日)

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。
「総力戦で連覇を目指す、キーマンはもっか絶好調の千野根有我」
第40回全国高等学校柔道選手権男子有力校監督インタビュー①桐蔭学園高・高松正裕監督
eJudo Photo
桐蔭学園高・高松正裕監督。同校は昨シーズン高校三冠を達成、今大会は連覇を狙う。

-いよいよ本番が迫って来ました。チームの雰囲気などいかがですか?

本当にもう直前。徐々にモチベーションも上がってきていますし、こちらもそういう言葉を掛けています。一気に緊張感が出てきましたね。

-2月の三春大会で賀持喜道選手が肘を負傷しましたが、回復具合は?

多少痛みがあるようですが、稽古はしっかり出来ています。あとはベストの状態にどれだけ近づけるかですね。

-村尾三四郎選手はいかがですか?関東予選を勝ち抜いて、なんと全日本選手権に出場を決めました。

自信も実力もついてきて、本当に良い状態ですよ。誰もが認める大黒柱ですし、本人にその自覚も十分あります。最後は村尾に頼ることになるでしょうね。全日本に関しては、本人は凄く喜んでいましたよ。こちらとしては、これで良い経験が出来ればなと思っています。

-昨季から残った3枚、千野根有我選手はいかがですか?今季もっとも伸びた選手ではと思いますが、いまの状態は?

絶好調なんですよ。なんだか毎回この台詞を言っているような気もしますが(笑)。もともと潜在能力はナンバーワン。稽古も良くするし。いままでは払腰一辺倒だったのが、内股にケンケンの大内刈に逆の支釣込足と攻撃力がアップしましたし、寝技もしっかりこなす。さらに最近見ていて思うのは、試合の中で良い意味の「抜きどころ」を覚え始めているなと。抜き戦ではスタミナが大事なので、これは非常に大きいですよ。ただ、毎回言っているのですが、あとはこの千野根の絶好調ぶりが試合で出てくれるかどうかですね。毎度言い続けたんで、そろそろ出ていいんじゃないかなと思っているんですけど(笑)。いずれ、村尾と賀持はしっかり仕事が出来るし相手もそこに意識があると思うので、千野根がどこまで引っ張っていけるかどうかが、うちの勝ち上がりのカギでしょうね。

-賀持選手に期待する役割は?

そうですね。彼に関してはまずは個人に集中、その上で団体はしっかり仕事をしてくれればという感じです。体格が凄くあるわけでもないし、団体戦ではどうしても得意不得意が出てくる。彼に関しては取れるところをしっかり取って、分けるところを分けてもらえばいい。本人も仕事人気質ですし、「仕事」をしっかりしてもらうということです。自分(高松)の気持ちの持ちようとしても、それがチームのために良いかなと思っています。

-4番手を務める高山康太選手はどうでしょう?冬のシリーズでは出来不出来の激しさもありましたが。

意外と、いま良いんですよ(笑)。攻撃力が一段も二段も伸びて来た。そしてご指摘の部分、組み際にボーっとしたり、掛けた後にフラっと受けたり。こういう部分、すべてクリアになったわけではないですが、ちょっとずつ良くなって来ました。あとは試合の中でどうしても出てくるそういう場面をしっかり集中することですが、高校生は試合の中でも成長出来る。しっかり戦い続けることで、一気にもう一段良くなってくれる可能性もある。期待していますよ。

-テスト起用が続いた5番手についてはいかがでしょう?

奥田訓平と安藤健志ですが、どこでどう使うかは対戦校次第ですね。体格、あるいは経験というところで、これは引き分ければ上出来と考えています。ただ、引き分けても、負けるにしても、逃げてしまうと相手チームに前に出る力を与えてしまう。スコアは同じでも、向かっていった結果であれば流れは悪くならない。負けてもいいから前に出る、攻める、それがやれればもうベストです。彼らの仕事はそこです。

-第1シードからのスタートになります。組み合わせについては?

去年よりはきついと思っています。まずは準々決勝でシード校の福岡大大濠高、こことの対戦からですね。あなどれない。冬に2回戦っていますが、楽には勝てないと思っています。

-意外なシード順で、天理高校と準決勝での対戦が予想されます。ここからはかなりきつい組み合わせですね?

準決勝、決勝はもうどうなるかわかりませんよ。その日、それぞれの勝ち上がりや調子、前日の個人戦の出来や疲労、これでまったく、大きく変わってきます。一つ言えるのは、それに応じて戦いかたをいくつも考えているということ。もう1つは、さっきもお話したように、いま非常に伸びている千野根がキーマンになるであろうということです。

-最後に、大会に向けて一言お願いします。

本当に、最初の試合から総力戦の気持ち。「1勝」を積み上げ続けて最終的に連覇出来ればと思っていますし、その積み上げで最後に今年も三冠に辿り着ければと思っています。

-ありがとうございました。

※インタビューは3月13日に行われました

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.